Intel SSD 730 Series 480GB 「SSDSC2BP480G4R5」のパフォーマンスを検証する


インテル® Solid-State Drive 730 シリーズ – Intel 公式

Intel SSD 730 Series 480GB MLC 2.5inch 7mm BOX (SSDSC2BP480G4R5) – Amazon.co.jp

Intel SSD 730 Series 480GB SATA3対応エンタープライズ向けSSD (SSDSC2BP480G4R5) – 楽天プロダクト 最安表示

インテル SSD 730 Series 480GB MLC 2.5inch 7mm BOX SSDSC2BP480G4R5

先日発売となったIntel SSD 730 Series 480GB (SSDSC2BP480G4R5)のパフォーマンスを検証した。

  

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC06030 DSC06031

<付属品一覧>

・SSD本体
・ドライバーディスク
・SSD用シール
・ネジ類
・SATA3対応SATAケーブル

 

PlextorやA-DATA等といった他社製のSSDではデータ移行用ソフトが付属していることが多いが、今回のIntelのSSDには付属されていなかった。

また、2.5インチ→3.5インチ変換アダプターなども同梱されていないため、必要な方は別途購入する必要がある

 

 

 

 

スペック一覧

 240GB480GB
型番SSDSC2BP240G4R5SSDSC2BP480G4R5
コントローラーIntel PC29AS21CA0Intel PC29AS21CA0
キャッシュ不明Micron DDR3 1GB
NANDIntel 20nm MLC NANDIntel 20nm MLC NAND
読み込み最大550MB/s最大550MB/s
書き込み最大270MB/s最大470MB/s
ランダム4K
読み込み
86,000 IOPS89,000 IOPS
ランダム4K
書き込み
56,000 IOPS74,000 IOPS
耐久性50GB/1日70GB/1日
価格約3万円台前半約6万円台前半
保証5年保証5年保証

※今回検証するのは黄色いマーカーを付けた480GBモデル(SSDSC2BP480G4R5)となる。

 

Intel SSD 730 Seriesには240GBモデルと480GBが用意されており、容量によって書き込み時のパフォーマンスやランダムの読み書き時、1日の耐久性等の性能が異なっている

Intelは今まで自社製のコントローラを用いることが殆ど無く、SandForceに頼っていることが多かったが、今回のモデルは自社製の「PC29AS21CA0」を採用している。

 

 

 

 

 

SSD本体

DSC06034 DSC06036

SSD本体はアルミであり、Intelのハイエンドシリーズに付けられるドクロマークのシールが貼付けされている。

 

 

 

 

SSD裏面

DSC06038 DSC06043

残念ながら裏面はIntel伝統の適当な加工だった。

他社では殆どの場合ヘアライン加工を徹底している中、IntelだけはX25-M Gen2の頃からこちらのデザインを採用しており、見た目では他社よりもかなり安っぽく見えてしまう。

最もPCケースの中に入れてしまえばSSDのデザインなど見えるはずがないので、必要ないと言われれば必要ないのだが。

 

 

 

 

SATA3に対応

DSC06044

SATA3 (6Gbps)に対応しており、ラッチ付きのSATAケーブルでもしっかり固定できた

 

 

 

 

ファームウェア

DSC06040

今回筆者が購入した初期ロットのファームウェアは「L2010410」だった。

2014年4月11日現在新しいファームウェアは無く、現状は初期ファームのまま利用する形だ。

 

 

 

 

保証シールについて

DSC06046

SSDを分解するには上記赤丸の部分を4ヶ所外す必要がある。

1つ問題なのはドクロマークのシールがネジの1つを覆っており、ドクロシールの一部を剥がさなければ分解できないことだ。

Intel X25-M Gen2の頃までは分解し放題だったが、どうやら今回のモデルは対策(?)がされているようだ。

 

 

【レビュー】インテルのコンシューマ向け最上位SSD「730」試用レポート – PC Watch

Intelの新しいPC向けSSD「SSD 730」を試す。データセンター向けSSDをPC向けにチューンしたモデルは,日常的な用途で速かった – 4Gamer.net

「Intel SSD 730」は耐久性を維持しつつどこまで高速化した? (1/3) – ASCII.jp

第3世代Intel製コントローラー採用 最新ゲーマー向けSSD「Intel SSD 730」のスピードを体験 (2/2) – ITmedia PC USER

分解のレビューについては大手情報系サイトがレビュワー向けに配布されたSSDを使って公開している為、そちらをご確認頂きたい。

 

 

 

 

ではおまちかねのベンチマークに移っていきたい。

今回も以下環境で検証した。先日公開したA-DATAの「ASP600S3-128GM-C」と同じ環境だ。

 

 

検証環境

CPUIntel Core i7-3960X 3.3GHz
MemDDR3-1600 8GB×4 CL11
SSD CSamsung SSD 840 250GB (MZ-7TD250B/IT)
HDD DSeagate 2TB (ST2000DX001-1CM164)
SSD EIntel 480GB (SSDSC2BP480G4R5)
M/BASUS Rampage IV GENE (BIOS 4206)

 

 

 

 

CrystalDiskInfo

Intel_SSDSC2BP480G4R5_480gb_cdi

CrystalDiskInfo 6.1.8を使用。

ファームウェアは「L2010410」、対応機能は「SMART/NCQ/TRIM/」となっていた。

 

CrystalDiskInfo 6.1.8では問題なくNANDへの総書込量などが検出されていた。

 

 

 

 

OS認識後の容量

Intel_SSDSC2BP480G4R5_480gb_computer_kannri_ninnsiki

480GBのSSDはOS認識後「447.13GB」となる。

 

 

 

 

ベンチマーク

今回も以下ベンチマークを使用し検証した。

 

Crystal Disk Mark 3.0.2 x64

ATTO Disk Benchmark v2.47

HD Tune Pro 4.60

AS SSD Benchmark 1.7.4739.38088

 

 

 

 

CrystalDisk Mark 3.0.2 x64 random 50MB~1000MB

Intel_SSDSC2BP480G4R5_480gb_cdm_matome

 

公称スペックが読み込み最大550MB/s、書き込み最大470MB/sとなっているが、50MBから1000MBへと上昇していく過程でシーケンシャルリードのパフォーマンスがじわじわと上昇していっていることがわかる。

しかし公称スペックには今ひとつ届かず、読み込み最大約527MB/s書き込み約505MB/sと言ったスコアーとなった。

 

 

 

 

ATTO Disk Benchmark v2.47

Intel_SSDSC2BP480G4R5_480gb_atto_matome

読み込み最大約541MB/s、書き込み最大504MB/sを記録しており、書き込み時のスコアーは公称値の470MB/sを超えていることが確認できた

 

 

 

 

HD Tune Pro 4.60

Intel_SSDSC2BP480G4R5_480gb_hdtune_matome

上が読み込み時、下が書き込み時の波形となる。

 

読み込み時の波形は非常に安定しており、先日レビューを行ったA-DATAの「ASP600S3-128GM-C」よりも更に高い安定性を持っているように見える。

しかし書き込み時の波形が荒れており、約225MB/s~400MB/s辺りのスコアーを行ったり来たりを繰り返していることが確認できる

今後のファームウェアのアップデートで書き込み時のパフォーマンスのバラつきが改善することを祈りたい。

 

 

 

 

AS SSD Benchmark 1.7.4739.38088

Intel_SSDSC2BP480G4R5_480gb_asssdbench_mbs_iops_copybench Intel_SSDSC2BP480G4R5_480gb_asssdbench_compression_bench

画像2枚目のCompression Benchmarkの波形に注目していただきたいのだが、書き込み、読み込み時ともに急激なパフォーマンスの低下が見られることが確認できた。

 

HD Tune Proでは書き込み時のみ大幅なパフォーマンス低下が見られたが、今回は読み込み時にも218MB/s~480MB/sといったのバラつきが確認できた。

 

 

 

 

まとめ

・公称スペックを超えるパフォーマンスを確認

公称スペックが読み込み最大550MB/s、書き込み最大470MB/sのところ、実測値は読み込み約541MB/s書き込み約504MB/s書き込み時のみ公称スペックを大幅に超えることが確認できた

 

・1日70GBの書き込みで5年持つのか?

非常に短い間のみでしか利用していないため、現状は不明。

しかし今後1ヶ月に1度、もしくは2ヶ月に1度の頻度でパフォーマンスベンチや、NANDへの総書き込みの画像を載せた検証を予定している。

 

・ファームウェアの安定性に疑問符

HD Tune ProやAS SSD benchのCompressionBenchの結果から見るに、初期ファームのためか書き込み時、読み込み時のバラつきが大きく、決して「安定している」とは言えない結果となった

IntelはX25-Mシリーズの頃はファームウェアを半年に1度の頻度で出していたため、今回もそのような頻度の更新でパフォーマンスの安定化を計って頂きたい。

 

・毎日使うPCにはお勧めできる・・・だろう

Intel自身が1日70GBの書き込みで5年間保証するというエンタープライズ向けのモノのため、日頃よく使うPCにはうってつけのSSDと言えるだろう。

但し購入後まもなく、長期間使ったわけではないので「だろう」としか言えないが、今後の継続検証を見てそこは判断して頂きたい。

 

 

インテル® Solid-State Drive 730 シリーズ – Intel 公式

Intel SSD 730 Series 480GB MLC 2.5inch 7mm BOX (SSDSC2BP480G4R5) – Amazon.co.jp

Intel SSD 730 Series 480GB SATA3対応エンタープライズ向けSSD (SSDSC2BP480G4R5) – 楽天プロダクト 最安表示

インテル SSD 730 Series 480GB MLC 2.5inch 7mm BOX SSDSC2BP480G4R5