KingFast製の2.5インチ7mm厚360GBのコスパの高いSSD「2710DCS23-360」のパフォーマンスをチェックする #KingFast #SSD #自作PC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日KingFast製の2.5インチ7mm厚の360GB SSD「2710DCS23-360」NTT-X Storeにて特価7,980円、送料無料で販売されていた為、簡単にレビューを行っていく。

 

 

 

 

 

メーカーKingFast
シリーズ名F6 Proシリーズ
型番2710DCS23-360
容量360GB
厚さ7mm厚 ※9.5mm厚変換無
SATAバージョンSATA3.0 (6Gbps)対応
コントローラーSilicon Motion SM2258XT
キャッシュ非搭載
NANDTLC NAND 1枚のみ
シーケンシャル読込最大 530MB/s
シーケンシャル書込最大 450MB/s
4Kランダム読込61,000 IOPS
4Kランダム書込33,000 IOPS
TBW非公開
MTBF非公開
重量44g
保証メーカー3年間
代理店アイティーシー
代理店URLURL

 

2.5インチ7mm厚のTLC NANDを採用したコスパ、容量重視の360GB SSDとなっており、シーケンシャル読込530MB/s、シーケンシャル書込450MB/sといった標準的なパフォーマンスとなっている。

 

 

先に記載しておくが、こちらの製品のコントローラーは本レビューの下部の腑分けでSilicon Motion製の「SM2258XT」と判明しており、国内で販売されている製品で言うとWestern Digital製の「WD Green PC SSDシリーズ」、COROFUL製のSSD「SL500シリーズ」となる。

 

因みにキャッシュ非搭載で、NANDはTLCとなり、NANDの製造元は刻印のみで製造元は不明。

 

 

 

 

パッケージ及び付属品一覧

  

パッケージは非常に簡素で、実質SSD本体と取説を入れているのみとなっている。

 

<付属品一覧>

・SSD本体
・取扱説明書(PRODUCT MANUAL)

 

7mm厚→9.5mm厚変換スペーサーやSATAケーブルなどは一切付属しない為、初めての自作の際には注意が必要だ。

 

 

 

 

SSD外観

 

SSD本体はアルミが使われているのかひんやり冷たい

ヘアライン加工が施されており、見た目ではチープさは感じられない。

背面には型番やパーツナンバー、シリアルナンバー、必要電圧、電流等の記載がある。

 

 

 

 

 

保証シール

保証シールは本体右側に貼られている。材質は紙シールとなり、剥がさなければ分解は不可能だ。

因みにだがシール下にはネジ類は一切なく、単に上蓋、下蓋の開封を禁止する用途のようだ。

 

 

 

 

分解してみた

SSD左側に小さいネジがあり、こちらを外した後に保証シールを破き、徐々に開けていく形となる。

安価なSSDの割には上下の蓋がしっかりとアルミ製である点、SSD基板がしっかりネジ止めされている点はポイントが高い。

 

一時期のTLC NANDを採用する2.5インチのSSDは上下の蓋がプラスチック、ネジ止めなしの基板固定といった物もあったため、それに比べると改善したといえる。

 

 

 

 

SSDはハーフサイズ以下の基板

 

SSDの基板は2.5インチケースの半分以下となっており、NANDも1枚、キャッシュ非搭載、コントローラーのみとなっているためスッキリしている。

 

 

 

 

コントローラー及びNAND

 

チップ名
基板SASS58XA4-6D R0109
コントローラーSilicon Motion SM2258XT
TLC NANDメーカー不明 29R02T2A0CMG2

 

コントローラーはSilicon Motion製の「SM2258XT」となり、国内で販売されている製品で言うとWestern Digital製の「WD Green PC SSDシリーズ」、COROFUL製のSSD「SL500シリーズ」となる。

キャッシュレスで、NANDはTLCとなり「29R02T2A0CMG2」との刻印のみで製造元は不明。

 

 

 

 

検証環境

 

CPUIntel Core i7-5960X 3.0GHz
MemCrucial DDR4-2133 8GB×4
SSD CSamsung 950 Pro 512GB(MZ-V5P512B/IT)
HDD DWesternDigital 3TB (WD30EZRX-00D8PB0)
SSD FKingFast F6Pro 360GB(2710DCS23-360)
M/BASUS X99-DELUXE II(BIOS 1802)

 

X99のSATA3ポートに「2710DCS23-360」を接続し検証を行った。

 

 

 

 

OS認識後の容量

OS認識後の容量は「336GB」となる。

 

 

 

 

CrystalDiskInfo

CrystalDiskInfo 7.6.0 x64で検証。

総書込量や電源投入回数、使用時間等の詳細なデータも取得可能だった。

 

 

 

 

CrystalDiskMark

 

公証スペックCDM実測
Seq Q32T1 最大読込Seq 530 MB/s535 MB/s
Seq Q32T1 最大書込Seq 450 MB/s493.4 MB/s
4K Q32T1 最大読込224.6 MB/s
4K Q32T1 最大書込273.5 MB/s

※最大値を記載

 

 

 

 

ATTO Disk Benchmark

ATTO Disk Benchmark v3.05で計測した。

 

公証スペックATTO実測
Seq 最大読込530 MB/s約534 MB/s
Seq 最大書込450 MB/s約484 MB/s

 

こちらもCrystalDiskMark同様に公証スペック並またはそれ以上のスコアーが確認できた

 

 

 

 

AS SSD Benchmark

AS SSD Benchmark 2.0.6694.23026を用いて検証した。

 

 

読込は比較的安定しているものの、書き込みのスコアーに若干のばらつきがあるようだ。

またベンチマークが終わる寸前に約198MB/sまで落ち込んでしまっているのは若干気になる。

 

 

 

 

HD Tune Pro

HD Tune Pro 5.70にて検証した。

大容量の20GB(20000MB)を書込み、転送速度の検証をFile benchmarkで行ってみたが大きな落ち込みはなく、キャッシュレスとなっている部分も特に問題はなさそうに見える。

 

 

 

 

まとめ

・約7,000円台で360GBというコスパの良さが魅力

240GBのSSDが6,000円台で購入できる時代だが、更に1,000円ちょっと追加するだけで容量が1.5倍となるため非常にコスパの良いSSDと言えるだろう。

個人的には240GBという容量では「Program Files」を含めると物足りない為、約1.5倍の容量がある「2710DCS23-360」はいい塩梅と言える。

 

 

・コントローラー「Silicon Motion SM2258XT」を採用

コントローラーに「Silicon Motion SM2258XT」を採用しており、国内で販売されている製品で言うとWestern Digital製の「WD Green PC SSDシリーズ」、COROFUL製のSSD「SL500シリーズ」と同等となるため、比較的安心感がある。

またキャッシュや、NANDの一部領域をSLC相当で利用する機能も無いため、大容量ファイルの書き込み時でも比較的安定したパフォーマンスを得られている。

 

 

・3年間メーカー保証が付属

TLC NANDを採用するSSDに多い「3年間メーカー保証」が付属しているため安心して利用できるかと思う。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 通りすがり より:

    詳細なレビューありがとうございました。
    とても参考になりました。

    1. sirakawakuu より:

      お役に立てて光栄です。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください