ASUS製マザーボード用のBIOSアップデート機能「BIOS Flashback」を使ってみた #ASUS #BIOS #FlashBack #Motherbord #マザーボード

ASUS製マザーボード用のBIOSアップデート機能「BIOS Flashback」を使ってみた #ASUS #BIOS #FlashBack #Motherbord #マザーボード

先日第13世代Core i9-13900Kを購入し「ProArt Z690-CREATOR WIFI」で動かすために「CPUやメモリ無しでBIOSアップデートが行える”BIOS Flashback”」を試してみることにしました。

 

「BIOS Flashback」が使える条件

・マザーボードが正常に通電していること(通電LED類が表示されていればOK)

・マザーボードのI/Oパネル側(背面)に「BIOS Flashback対応USBポート」が搭載されていること

・BIOS Flashback用スイッチが搭載されていること

・USBメモリをフォーマットする際に「FAT32/16」であること(Windows 10/11の場合はデフォルトでFAT32になっているのでそのままフォーマットでOK)

・USBメモリは1GB以上であること

・ダウンロードしたBIOSファイル名を「BIOSRenamer.exe」で指定のファイル名にリネームすること

2022年10月時点でASUS製の現行のマザーボードの多くは「BIOS Flashback」を搭載しており、CPUやメモリが無くてもUSBメモリ、電源、マザーボードさえあればBIOSアップデートが行えるのでASUS製マザーボードを選ぶ利点だと思います。

今回のパターンでは「マザーボード側がIntel 第12世代迄のBIOS」のため、第13世代のCPUを取り付けても起動しない(BIOS起動不可、ディスプレイ出力不可)状態のため、CPUもメモリも必要もない「BIOS Flashback」の出番というわけです。

 

 

 

USBメモリ1GB以上を用意する

事前の準備として「USBフラッシュメモリ1GB以上」を用意する必要があります。

最近では容量単価が大幅に落ち、Windows 10/11のインストールメディアに最適な「32GB」や「64GB」等が1,000円~2,000円前後で手に入るため一家に1本、いや5本ぐらい常備していてもいいと思います。

 

 

 

USBメモリをFAT32/16でフォーマットする

USBメモリを「FAT32 or FAT16」でフォーマットします。

Windows 10/11の場合はデフォルトで「FAT32」になっているので気にせず「開始」でフォーマットを行いましょう。

ボリュームラベルは「USBメモリの名前」になるため、お好きにどうぞ。

 

 

 

マザーボードのサポートからBIOSファイルをダウンロード、展開する

当方の場合は「ProArt Z690-CREATOR WIFI」ですので上記からBIOSをダウンロードし、解凍。

すると2つのファイル「BIOSRenamer.exe」「ProArt-Z690-CREATOR-WIFI-ASUS-2103.CAP」が出てきました。

簡単に説明すると「BIOSRenamer.exe」「BIOS Flashback」で利用するためのファイルの名前変換ソフトで「ProArt-Z690-CREATOR-WIFI-ASUS-2103.CAP」はBIOSファイル本体です。

 

 

「BIOSRenamer.exe」を実行してBIOSファイル名を自動変更

広告

「BIOSRenamer.exe」を実行し、BIOSファイル本体を「BIOS Flashback」で利用できるファイル名に自動的に変換します。

コマンドプロンプトが自動で起動し「続行するには何かキーを押してください」と出るので、何でもいいので「キーボードの適当なキー」を押してください。

 

 

 

BIOSファイルを「BIOS Flashback」指定のファイル名に変更する

ProArt-Z690-CREATOR-WIFI-ASUS-2103.CAP → PAZ690CW.CAP

すると自動的にコマンドプロンプトが終了し「ProArt-Z690-CREATOR-WIFI-ASUS-2103.CAP → PAZ690CW.CAP」に変更されているかと思います。

上記ファイル名にしなければ「BIOS Flashback」では読み込んでくれない仕様です。

なお上記ファイル名は「ProArt Z690-CREATOR WIFI」の場合のお話ですので、マザーボードによってファイル名が異なりますので、適度に読み替えて頂きたく。

 

 

 

USBメモリにBIOSファイルをコピーする

ファイル名を自動で変更したファイル「PAZ690CW.CAP」用意したUSBメモリにコピーしましょう。

 

 

 

BIOSをアップデートしたいマザーボードの「BIOS Flashback」用USBポートに繋ぐ

「ProArt Z690-CREATOR WIFI」の場合はWi-Fi 6Eの左上の「BIOS」と書かれたポートが「BIOS Flashback」用のUSBポートとなります。

 

 

ここにBIOSファイルをコピーしたUSBメモリを挿します。

 

 

 

マザーボードが通電していることを確認

・CPUは非搭載でもOK

・メモリも非搭載でもOK

・ATX24ピン電源をマザーボードに挿す

・念のためCPU用の8ピン電源を挿す

ここから先はサポートでも記載がないため当方の我流となりますが上記手順を行い「ほぼ起動できる状態」で止めておきます。(電源スイッチは押す必要が無く、電源OFFの状態)

 

 

 

「BIOS Flashback」ボタンを3秒程度長押し

広告

「BIOS Flashback」ボタンを3秒程度長押しすると自動的にLEDが点滅し始めUSBメモリ側のアクセスランプがチカチカ光り始めるかと思います。(USBメモリによってはアクセスランプLEDが非搭載の場合もあります)

 

この時点で「BIOSファイルの読み込み及びBIOS Flashbackが実行され始める」ので、3分ほど放置しておきましょう。

なおこの時点で電源ON/OFFやUSBメモリを引き抜く等はマザーボードの破損に繋がる恐れがあるので「焦らずLED点滅が消えるのを待つ」が正解です。

 

 

 

BIOS FlashbackのLED点滅が消えればBIOSアップデート完了のサイン

「BIOS Flashback」のLED点滅が消えればBIOSアップデートを完了しているため、CPUやメモリ等を追加し動作確認を行いましょう。

 

 

 

無事第13世代の「Core i9-13900K」で起動を確認

無事「ProArt Z690-CREATOR WIFI」で第13世代の「Core i9-13900K」で初回起動を行うことが出来ました。

普段はやらないBIOSアップデートの方法にやや心配になりましたが、無事アップデート出来て安心しました。

適当な解説カテゴリの最新記事

Enable Notifications OK No thanks