HTC Merge (ADR6325) 適当なレビュー


HTC Merge – U.S. Cellular 公式

HTC Merge – PhoneArena

HTC Merge – GSMPRESS

HTC Merge 白ロム – Amazon

HTC Merge 白ロム – 楽天検索

今更ながらの端末ですが、数少ない物理キーボード端末ですので購入してみました。

 

[12.08.03]:投稿

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC08748_thumb

<付属品一覧>

None

今回は海外からの中古の輸入になるので、パッケージ類は無し。

 

 

 

スペック及び概観

型番:ADR6325
OS:Android 2.2 (Froyo) ※2.3.4 (GingerBread) に更新可能
液晶:
3.8インチ SLCD WVGA (480*800) 16万色
CPU:Qualcomm MSM7230 800MHz (シングルコア/第2世代SnapDragon/45nm)
GPU:Adreno 205
RAM:512MB
ROM:2GB
外部メモリ:最大32GB (microSDHC)
背面カメラ:CMOS 500万画素 HD動画撮影
前面カメラ:
キーボード:4列 QWERTYキーボード (十字キー付き)
バッテリー:1400mAh
Bluetooth:2.1+EDR
ネットワーク:CDMA2000(800/1900MHz)、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(2100MHz)
カラー:1色
サイズ:120.7 × 61.9 × 13.8 mm
重量:198g
センサー類:加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサー、電子コンパス、近接センサー、A-GPS
その他:HTC Sense UI、micro USB、DLNA
価格:U.S. Celluler 新規2年契約 149ドル

UMTS (WCDMA)、CDMA2000にも対応したグローバルフォンになっています。

 

 

 

液晶

DSC08767_thumb

3.8型 SLCD液晶 WVGA (480×800)を採用。

3.8型という小型な液晶のため、解像度がWVGAに抑えられています。しかし、SLCDを採用しているため発色は非常に美しいです。

 

 

 

タッチパネル

htc_merge_antututester_mulchtouch_th

マルチタッチは最大4点

 

 

 

ソフトウェアキー

DSC08745_thumb

HTC Mergeのメニューボタン類は「ソフトウェアキー」となっており、液晶の下側に配置。

ソフトウェアキーは左から

・ホームキー
・メニューキー
・戻るキー
・検索キー

と言った配置になっており、通常のスマートフォンとは大きく異なっていることがわかります。

ホームキーとメニューキーの位置を逆にして頂きたかった。

 

 

 

上部

DSC08758_thumb

上部には電源ON/OFFキーと3.5mmイヤホンジャックが配置

電源ON/OFFキーは従来の端末通り右端に配置、3.5mmイヤホン端子も左側に。

イヤホンジャックはプラスチック製のため今後の耐久性が少々心配。

 

 

 

右側面

DSC08757_thumb

右側面にはハードウェアキーなどは搭載されていない

カメラのシャッタキーぐらい搭載して欲しかった。

 

 

 

左側面

DSC08756_thumb

左側面には音量上下キーとmicro USB端子が配置

映像出力端子(micro HDMI)などは一切搭載されておらず、非常にコンパクトに仕上がっている。

 

 

 

裏面

DSC08750_thumb

裏面には500万画素のAF付きカメラと、シングルLEDフラッシュ、スピーカーが配置。

裏面の一部はラバーコーティングされており、滑りにくい構造になっている。

また、バッテリーカバーは高級感を出すためかアルミが使用されており、HTCらしいデザインとなっているのも特徴

 

 

 

物理キーボード

DSC08742_thumb

物理キーボードは4列の十字キー付きのキーボードとなっている。

数字入力や、特殊文字(!、#、$)等は左下に配置されている「FNキー」と他のキーを組み合わせて入力する必要がある。

キーサイズはMilestone2やDroid 3に比べると小さく、多少慣れが必要な配列になっている。

Mergeの特徴としてはキーボード上に「戻る、検索、ショートカットキー」が搭載されており、タッチパネルを操作しなくても通常の動作は行えるようになっている。

ショートカットキーはアプリケーションや、ショートカット(特定アプリの特定機能)がボタン1つで起動でき、自分で割り当てを変更することが可能。

 

 

 

ショートカットキー

htc_merge_12_thumb htc_merge_13_thumb htc_merge_14_thumb htc_merge_15_thumb

Mergeの特徴としてはキーボード上に「戻る、検索、ショートカットキー」が搭載されており、タッチパネルを操作しなくても通常の動作は行えるようになっている。

ショートカットキーはアプリケーションや、ショートカット(特定アプリの機能)がボタン1つで起動でき、自分で割り当てを変更することが可能。

 

 

 

バッテリー蓋

DSC08772_thumb DSC08770_thumb

バッテリー蓋は端末の裏側の下にある部分から剥がしていく構造で、蓋の取り外しは非常に簡単。

HTC EVO 3D (ISW12HT)と同じくバッテリーの蓋側にスイッチ類が付いているので、蓋を取ると音量上下キー、電源ON/OFFキーが使えなくなります。

 

 

 

バッテリー

DSC08778_thumb DSC08781_thumb

バッテリーは1400mAhのリチウムイオン電池となっており、型番は「BTR6325B」。

3.7V =1400mAh 5.18Wh

第2世代SnapDragon (MSM7230 800MHz)を搭載している割には比較的大きなバッテリーを搭載。

余談ですが、バッテリー裏に書かれている記述を見るとセル自体は日本で生産、組立は中国で行なっている模様。

途中文章に「au Japan」と書いてあったのでキャリアのauか!?と思いましたが、フランス語の接続詞?のようです。

 

 

 

SIM/micro SDHCスロット

DSC08774_thumb1 DSC08775_thumb

CDMA2000ですが、UMTSでも使えるようにかSIMスロットがあります。

SIMカードスロットはバッテリーを抜かなければ抜き差し出来ない形状になっています。

またmicro SDHCスロットは抜き差しする際にバッテリーを抜く必要はありません。

 

 

 

カメラ

DSC08752_thumb DSC08776_thumb

背面に500万画素のAF搭載カメラとシングルLEDフラッシュを搭載。

 

 

 

カメラアプリ

htc_merge_camera_01_thumb htc_merge_camera_02_thumb
htc_merge_camera_03_thumb htc_merge_camera_04_thumb
htc_merge_camera_05_thumb htc_merge_camera_06_thumb
htc_merge_camera_07_thumb htc_merge_camera_08_thumb
htc_merge_camera_09_thumb htc_merge_camera_10_thumb
htc_merge_camera_12_thumb htc_merge_camera_13_thumbhtc_merge_camera_14_thumb htc_merge_camera_11_thumb

カメラアプリはHTC独自のものに変えられており、かなり細かく設定できる様になっています。

露出やコントラスト、彩度もスライダーで設定出来、ピクチャーエフェクトも13種類から選ぶことが可能。

 

 

 

動画撮影

動画のタイトルをここに入力します

動画撮影中にAFが効くかどうかを検証しました。

結果は撮影中でもフォーカスは効く模様。

ただしタッチフォーカスとなるので、合わせたい部分に画面をタッチする必要があります。オートでのフォーカスは合わないみたい。

 

 

 

スピーカー

DSC08753_thumb

スピーカーは裏面に1個のみ。

音質は普通のスマートフォンと同程度で良くもなく、悪くもないモノラルなスピーカー。

 

 

 

電源ON/OFFを試す

動画のタイトルをここに入力します

動画のタイトルをここに入力します

動画のタイトルをここに入力します

HTC Merge (ADR6325) 標準ROMにて電源ON/OFFに掛かる時間を計測。

今回はインスタントオン(高速起動)、インスタントオンなし、シャットダウン時間計測という順番で動画を撮影しました。

インスタントオン(高速起動有):約71秒

インスタントオン無し:約12秒

電源OFF:約15秒

 

キャリアから出ている専売モデルなのでROMがいじられているためか、海外端末らしい高速起動、高速シャットダウンはお目にかかることが出来ませんでした。

 

 

 

Androidバージョン

htc_merge_08_thumb1 htc_merge_08_02_thumb1

検証時のAndroidのバージョンや、カーネルなど。

Androidバージョン:2.3.4
ベースバンドバージョン:12.41W.80.14U_1.08.00.0106
カーネルバージョン:2.6.35.10-gcdc8ad4 htc-kernel@and18-2 #1 Thu Dec 22 14:09:27 CST 2011
ビルド番号:3.12.573.1 CL259420 release-keys
HTC Senseバージョン:2.1
ソフトウェアの番号:3.12.573.1
PRIバージョン:3.02_027
PRLバージョン:15112

 

 

 

Quadrant V2.1.2

htc_merge_quadrant2.1.1_thumb2

Score:1305

CPU:1647
Mem:1191
I/O:2185
2D:265
3D:1236

(ISW13HT:2718、Droid3:1932)

5回計測で一番良いスコアーを掲載。

第2世代のSnapDragonを搭載しているとはいえ、800MHzのクロックで稼働しているため性能はDesire HDやNexus Sに惨敗。

 

 

 

Quadrant ハードウェア仕様

htc_merge_quadrant_system_01_thumb htc_merge_quadrant_system_02_thumb htc_merge_quadrant_system_03_thumb htc_merge_quadrant_system_04_thumb
htc_merge_quadrant_system_05_thumb htc_merge_quadrant_system_06_thumb htc_merge_quadrant_system_07_thumb htc_merge_quadrant_system_08_thumb
htc_merge_quadrant_system_09_thumb1

 

 

 

AnTuTu v2.7.3

htc_merge_antutu_bench_2.8.2_03_thum

Total Score:2269

(ISW13HT:6685、Droid3:5047、Droid Pro:3027、ISW11F:2718、GalaxyNexus:1466、Desire Z:1370、Desire:1335、Milestone2:1276、SH-12C:1521)

解像度やソフトのバージョンによってスコアーに差が出てくるので、あくまで参考程度にお考え下さい。

 

 

 

AnTuTuのハードウェア仕様

htc_merge_antutu_bench_2.8.2_config_[5] htc_merge_antutu_bench_2.8.2_config_[3] htc_merge_antutu_bench_2.8.2_config_[9] htc_merge_antutu_bench_2.8.2_config_[4]
CPU:ARM v7 Processor (VFPv3, NEON)
CPU Frequency:245.76MHz ~ 806.4MHz 
Screen resolution:480×800
GPU vendor:Qualcomm
GPU renderer:Adreno 205 
Memory size (ROM):984MB (空き)、1170MB (全容量)
RAM size:66.5MB (空き)、357.4MB (全容量)

RAMが512MBしか搭載されていないため、ベンチマークソフトを起動した状態だと約66.5MBしか空いていないのが非常に気になりますね。

 

 

 

NeoCore Benchmark

htc_merge_neocore_3_thumb2

Score:58.1 FPS

(Droid Pro:72.1、Droid3:58.2)

 

 

 

nenaMark1 v1.8

htc_merge_nenamark1_thumb2

Score:42.3 FPS

(Droid Pro:45.0、Droid3:46.8)

 

 

 

NanaMark2 v2.2

htc_merge_nenamark2_thumb3

Score:11.2 FPS

(Droid Pro:20.2、Droid3:27.4)

 

 

 

AnTuTu Tester Battery test

htc_merge_antututester_battery_02_th htc_merge_antututester_battery_01_th

Start:12:40 100%

Part1:13:39 73%

Part2:14:31 45%

Part3:15:09 19%

Battery test Score:449

(Droid Pro:398、Droid3:468)

スペックの割にバッテリーが1540mAhと比較的少なめの容量となっているため、持ちは悪く感じました。

BF6X(1880mAh)が標準で搭載されていれば結果はかなり変わったはずなんですが。

 

 

 

RAMの空き容量

htc_merge_ram_aki_thumb2

使用中:176MB

空き:145MB

HTC Sense UIが入っているため、空きメモリはあまり余裕がありません。

Droid3と同じ容量の512MBのRAMですが、認識の段階で357.4MBとなっているためDroid3に比べ更に余裕が無いことがわかります。

 

 

 

ROMの空き容量

htc_merge_rom_aki_thumb2

ROMは1.2GB割り当てで、約1GB空いていました。

他端末に比べ少々ROMの容量が少ないので、microSDなどに退避することを考えたほうが良いかと思います。

 

 

 

 

まとめ

・3.8インチの液晶は非常に手に馴染み易く、キーボード分の分厚さもあってか持ちやすい。発色も良く、直射日光下でもAMOLEDのものより見やすい。

・重さが198gもある影響でポケットに入れていると非常にずっしり来る。Galaxy Note (SC-05D)で184gと言われているので、それ以上に重い。常用する端末には少々つらい重さ。

・数少ないキーボード付き端末だが、キーボード自体の出来は「普通」。ショートカットキー、戻るキーの活用でMilestone 2よりかは高機能。しかし、キーピッチが狭いため非常に打ちづらい。

・Android 2.2→Android 2.3.4にアップデートされたが、4.0へのアップデートはスペック的に難しい。カスタムROMも種類が少なく、遊ぶには難しい端末。しかしデフォルトROMで日本語ロケールを適用することでほとんど日本語化出来るのが有難い。

・ROMの作りこみはさすがのHTCと思わせる出来で、カメラのソフトや、ランチャーソフトも統一感があって良い。しかし、もう少し細かい設定をいじることが出来れば…。

・バッテリーの持ちは思った以上に良いと感じた。CPUクロックが800MHzに抑えられているのにもかかわらず、1400mAhのバッテリーを搭載しているからだろう。