Vista 64Bitでの3DMark06起動方法とベンチ結果@Phenom II X4 955 Black Edition レビュー


試行錯誤の結果、64bit Vistaでの3DMark06の動作が出来たので、対処方法と各クロックごとのスコアーを掲載。

dscf1324
Phenom II X4 955 Black Edition BOX
Phenom II X4 955 Black Edition BOX
最安価格 25020円 09.05.15

◇Vista 64Bitで3DMark06を動作させる

Vista 64bitで3DMark06をインストールすると、起動時に「OpenAL32.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。」とのメッセーが出る。

3dmark06_openal_error

対処方法としては3DMark06をインストール完了後、コントロールパネルより「プログラムのアンインストール」でOpenALを削除し、再起動を求められるので再起動をする。

この後CreativeのOpenALの公式サイトにへ行き、32bit、64bit版に対応するOpenALをダウンロードする。

ダウンロード完了後、OpenALをインストールすれば3DMark06が使えるようになっているはず。(使えなかったら再起動をしてみると良いかも)

◇構成

3dmark06_090514_spec1

◇Phenom II 955 BE@3.2GHz

vantage_32ghz

ベース200MHz、16倍、Vcore 1.392V(BIOS +0.05V)、DDR3-1333 CL7-6-5-15 MemVol1.8V

Score:16015
SM2.0:6515
SM3.0:7402
CPU:4418

 

◇Phenom II 955 BE@3.6GHz

vantage_36ghz

ベース200MHz、18倍、Vcore 1.392V(BIOS +0.05V)、DDR3-1333 CL7-6-5-15 MemVol1.8V

Score:17253
SM2.0:7160
SM3.0:7804
CPU:4794

◇Phenom II 955 BE@1.6GHz

vantage_16ghz

ベース200MHz、8倍、Vcore 1.344V(BIOS +定格)、DDR3-1333 CL7-6-5-15 MemVol1.8V

Score:9213
SM2.0:3413
SM3.0:4812
CPU:2319

 

本来は3.8GHz、4GHzといったスコアーを期待していたのですが、私の腕では3.8GHzで3DMark06の完走は出来ませんでした。

3.8GHz(BIOS +0.125V)盛った状態でOSは起動しましたが、非常に不安定で3DMark06中に落ちることが多々あり・・・メモリのタイミングを詰めている分をAutoに戻しても結局完走は出来ませんでした_| ̄|○

ベースを210MHz*17、220MHz*17で稼動させてみたのですが、やはり不安定のようで・・・BIOSが起動時に勝手にデフォルトの値を読み取り起動してしまうと言う事が起きました。

私のOCの腕も初心者級ですので・・・至らない所がイロイロとありそうな感じはしますが、4GHz・・・一度でも良いから行ってみたいですね~。

Phenom II X4 955 Black Edition BOX
Phenom II X4 955 Black Edition BOX
最安価格 25020円 09.05.15

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い