ST31000528AS フォト & ベンチ レビュー


先日Seagate製の500GBプラッタを採用する1TB HDDのST31000528ASが手に入りましたので、フォト&ベンチレビューをして行こうと思います。

画像関連が多くなるので続きを読むを押してください。

dscf1235

Barracuda 7200.12 ST31000528AS
最安価格 8180円 09.05.01

 

ST31000528ASは1TBの容量を持ち、プラッタ容量は従来の375GBから500GBへと引き上げられ、合計プラッタ枚数は2枚となっており内部転送の高速化、消費電力の低減が望めるHDDです。

 

画像関連

dscf1199 dscf1200 dscf1201 dscf1202 dscf1203 dscf1237 dscf1238 dscf1239

ベンチ関連

  • CrystalDiskMark

<100MB>

st31000528as_crystal_100mb

<500MB>

st31000528as_crystal_500mb

<1000MB>

st31000528as_crystal_1000mb

  • HD Tune

st31000528as_hebench_100mb

  • Crystal Disk Mark 2.2 100MB ベンチ比較

crystaldiskmarke6af94e8bc831 crystaldiskmarke6af94e8bc832
※4KBのベンチを1つの表にすると非常に見づらいので分けています<(_ _)>

Crystal Disk Mark 2.2 100MBのベンチ比較を見てみると、予想以上にST31000528ASが健闘していますね。

1枚500GBプラッタを搭載する500GB HDDのST3500418ASのスコアーよりもかなり速くなっている事がわかります。

Western Digital製の1TB HDD「WD10EACS」は333GBプラッタを3枚使って1TBを実現しているだけあって、かなり遅い結果となっています。(データ用として使っているので劣化も含まれていますが)

ただ、当然SSDとなるSiliconPowerの「SP032GBSSD650S25」は恐るべきスコアーを叩き出していますね…流石メモリと言ったところでしょうか。

しかしST31000528ASが殆どのスコアでSSDに迫りつつあるのは興味深いですね。

今後1枚あたりのプラッタ容量は更に進化して1枚750GBとなった時、1.5TBのスコアーが楽しみですね~。