HIS Radeon HD 5970 H597F2GDG 適当なレビュー 1st Impression

NO IMAGE

ベンチ結果はこちらの記事で述べたとおり、ベンチすら回せる環境ではないので概観のみのレビューとさせて頂きます。

ベンチ結果は別記事にて掲載予定。

今回検証したのはHIS製のRadeon HD 5970を搭載するH597F2GDG

 

DSCF4969 DSCF4996
ハイエンドVGAでこんな箱見た事ありません(^^;;
内容物もかなりシンプルで
・ドライバCD
・恵安保証書
・取扱説明書(日本語あり)
・MiniDP→DP変換ケーブル×1
ペリフェラル×2→PCIE6ピン補助電源×1
ペリフェラル×2→PCIE8ピン補助電源×1
DVI→HDMI変換×1
DVI→D-Sub変換×1

と、ありきたりな物ばかり入ってます。
言っちゃ悪いですけど、PCIE用の変換ケーブル袋に入れてください><
そして梱包剤ケチったデザイン止めてください><

 

DSCF4970 DSCF4975 DSCF4974
HISなのにリファレンスなクーラーになっています。
HISのロゴシールなどは全て貼ってあるだけ。
多分使っているうちに熱などで勝手に剥がれそうです。(既に端っこ取れかかってましたケド…)

 

DSCF4971 DSCF4973
やはり初対面の感想は「長い」の一言に尽きます。
初めは机の上でカメラで撮ろうとすると長過ぎて画面に入りきらないんですよ。
なので椅子の上に立って撮影しておりました(^^;;カード自体の長さは30.5cm。
基盤はもう少し短いのですが、リファレンスクーラーのお陰で約1cmほど長くなっております。
※Radeon HD 5870は約27cm

 

DSCF4976
ファンの口径は7cm。
Radeon HD 5870の時は6cmでしたので、少々大きくなりましたね。
やはり発熱源が2個になったからでしょうか?

 

DSCF4977 DSCF4983
出力ポートは左からDVI、Mini-DP、DVIとなっています。
Radeon HD 5870に比べて出力ポートのHDMIが1個削られていますが、排気口は5870に比べPCIスロット丸々開くようになりました。流石にHD 5870の様にPCIの半分だけのスロットの排気口だと5970の熱は排気出来なさそうですしね。
この点は大いに評価出来ると思います。

 

DSCF4978 DSCF4979 DSCF4981
補助電源は6ピン×1と8ピン×1。

CrossFireケーブルを挿す所は1個のみ。(つまり最大HD5970 + 5970しか出来ない)

 

DSCF4985 DSCF4982 DSCF4987
GPUコアは当然ながら2個搭載されています。

カードの至る所にはATIのロゴやシールが貼ってあります。

ただ残念なのはRadeon HD 5870 X2となるべき物でしたけど、何故かRadeon HD 5970となってしまった点か。
わかりづら過ぎる。

 

5970_aidoru_crock 5970_gpu-z 5970_gpu-z_onndo
アイドル時の動作コアクロックは157MHz、メモリクロックは300MHzとRadeon HD 5870と同じ。
GPU-Zではコアクロックが725MHz、メモリクロックが1000MHzとなっており、Radeon HD 5850と全く同じになっています
※詳細はWikipedia参照アイドル時の温度は53度と、比較的高めですね。
ファンスピードは基本的に26%(1246RPM)で回っており、殆ど煩くありません。
※ファンの騒音関連は2nd Impressionで公開予定です。

 

GPUカテゴリの最新記事

Enable Notifications    OK No thanks