SNV125-S2/40GBをTRIM対応にする方法


先日Faithの福袋っぽい物(ネットブックセット)を購入したときに、オマケでKingston製のIntel NANDを搭載するSSD 「SNV125-S2/40GB」が付いて来ましたのでベンチを測った後、CrystalDiskInfoで確認すると「TRIM」の文字が消えている訳ではありませんか。

trime_mitaiou

少し前にSNV125-S2/40GBでTRIMに対応している~的なことを噂で聞いていたので、調べてみると「HDD ERASE」でSecure Eraseをする事でTRIMが何故か対応になるとの事で、当方も検証してみる事にしました。

SNV125-S2BD/40GB
SNV125-S2BD/40GB

まず用意するのはUSBメモリ。

先日X-25M Gen2のファームウェアをUSBメモリでアップデートする方法で用いた「HP USB Disk Storage Format Tool」を使用します。

「HDD ERASE」をダウンロードし、X-25M Gen2のファームウェアをUSBメモリでアップデートする方法と同じようにフォーマットを行い、以下のようにファイルを突っ込みます。

trim_usb_faile

・HDDERASE.EXE
・HDDErase.exe

をUSBメモリの中に放り込むだけ。

それ以外のhimem.exe、SE_LOG.LOG、iSSDFUT.exe、more.exeはDOS画面を起動する時に必要なファイルなので気にしないで下さい
※上記のファイルたちはX-25M Gen2のファームウェアをUSBメモリでアップデートする方法で使用したファイルなので、←の記事をご覧下さい。

めんどくさいと言う方の為に、上記の「himem.exe、SE_LOG.LOG、iSSDFUT.exe、more.exe」のファイルだけ抜き出してZIP化しました。
動くかどうかも不明なので、自己責任でお願いします。

ダウンロードはこちらから。

 

後はBIOSの設定で、SNV125-S2/40GBをIDEモードへ設定を変えます。(デフォルトだと多分IDEモードかと。)
※IDEモード以外の場合、HDD ERASEをDOSから起動した場合SNV125-S2/40GBが見えないと言う事が起きるようです。

M4A77TD PROの場合BIOSの設定は以下のような感じです。
DSCF5858
尚、SNV125-S2/40GBを挿すSATAポートによって、上記の画像のPort1-Port4、Port5-Port-6の所を変える必要があるので注意です。

DOS/V ReportさんではP5Qを使った画面が公開されております。
Intelマザーを使われている場合はそちらの記事をご覧下さい。

 

次にF8キーを連打して、USBメモリから起動するようにします。(マザーによってはキーが違う場合があります。例えばF12とかF10だったり…)

後は以下の動画の通りDOS画面で「hdderase」と入力したり、「y」を押したり、「s0」と入力したり、「1」と入力するだけでOKです。

尚、フォーマットが完了した後「Ctrl + Alt + Delite」を使った再起は「やってはいけません!」。

PCのリセットボタンからPCを再起動してください。

再起動後CrystalDiskInfoを起動してSSDを確認してみてください。

以下の画像ように「TRIM」の文字が黒くなっていれば成功です。

TRIM_taiou

お疲れ様でした。

SNV125-S2BD/40GB
SNV125-S2BD/40GB

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い