Tweenのオープンソース版「Open Tween」が登場、操作性はTweenと瓜二つ


OpenTween – SOURCEFORGE.JP

シンプルながら必要十分な機能を備えたTwitterクライアント「Tween」の使い方 – SOURCEFORGE.JP

TweenがVer1.2.0.0に更新、広告が表示されるように – Re;con-ReviewDays

去年11月頃にTweenがオープンソースを止め、広告が載るようになりました。

広告にGoogle Adsenseを使っているなど色々荒れましたが、未だにVer 1.1愛用家が多いかと思います。

そこでTweenのオープンソースとして初めから作りなおしてしまおうとして始まったのが「Open Tween」です。

 

 

1. ダウンロード

OpenTween ダウンロード – SOURCEFORGE.JP

opentween_download

ダウンロードページより、「OpenTween_x.x.x.zip」をクリックし、ダウンロード。

xxxの部分にはバージョンが入りますので、その都度読み替えてください。

 

 

 

ダウンロード後解凍、OpenTween.exeを起動

opentween_kaitou
解凍後上記画像のファイルが出てくるので、「OpenTween.exe」を起動。

 

 

 

3. Twitterの認証を行う

opentween_twitter_ninsyou_01 opentween_twitter_ninsyou_02 opentween_twitter_ninsyou_03

OpenTweenでTwitterの認証を行います。

途中TwitterからのID、パスワード認証が行われますので、認証させましょう。

PINコードが出てきますが、OpenTween側が自動的に入力してくれるので「Finish」を押すだけで完了です。

 

 

 

3. 自分に合わせた設定を行う

opentween_config_kousinnkannkaku opentween_baroon

ここからは自分で設定項目をいじっていきます。

個人的にいつも弄っている所は以下のとおり。

基本→更新間隔

・ライムライン更新間隔:90→30
・Mentions 更新間隔:180→30

基本→起動時の動作

・最新版のチェックをする→チェックを外す

動作→投稿

・公式RTする際に確認をしない→チェックを外す

フッター(文末に付加): [Main]
※フッターについては個人によると思うので入れないほうが良いかも知れません。

表示→発言一覧

・リストの区切り線を表示する:チェックを入れる
・ソート順を変更できないようにロックする

フォント

・フォント&色設定:リストフォント、未読フォント、発言詳細文字のフォントを「メイリオ」に設定。

フォント→フォント2

入力欄フォント:「メイリオ」に変更

通信→連携サービス

・ニコニコ動画のURLをnico.msで短縮して送信:チェックを入れる
・FourSquareのURLからのプレビューを表示する:チェックを入れる

通信→短縮URL

・すべてのURLについて解決を試みる:チェックを入れる
・URL自動短縮で優先的に使用:ux.nu→is.gd

新着バルーンを消す

・タスクバーにあるOpenTweenを右クリック→新着通知のチェックを外す

 

 

 

4. OpenTween完成

opentween_kannsei

OpenTweenの設定後はこんな感じになります。

正直Tweenと何ら対して変わりません、だからこそそれが良い。

フォローワーさんの情報によると、Tweenの設定ファイルをOpenTweenに突っ込んでも使えたらしいので、移行も非常に楽ですね。

ただしOpenTween特有の不具合などもあるそうなので、注意が必要です。

 

 

皆様、楽しきTwitterライフを!