ドコモ版のSamsung Galaxy Note 10+(SC-01M)を予約しました #docomo #ドコモ #SC01M #Note10Plus

ドコモ版のSamsung Galaxy Note 10+(SC-01M)を予約しました #docomo #ドコモ #SC01M #Note10Plus

2019年10月11日(金)に発表されたGalaxy Note 10+(SC-01M)を予約してきました。

 

 

Galaxy Note 10+(SC-01M)を予約

2019年10月11日(金)にdocomo向けの2019-20年秋冬モデルが発表され、SONY Xperia 5(SO-01M/2019年11月1日発売/87,912円)、Galaxy Note 10+(SC-01M/2019年10月18日発売/121,176円)、Galaxy A20(SC-02M/2019年11月1日発売/21,384円)、SHARP AQUOS zero2(SH-01M/価格未定/発売時期未定)、SHARP AQUOS sense3(SH-02M/31,680円/発売時期未定)、キッズケータイ(SH-03M/価格未定/発売時期未定)、らくらくホン(F-01M/価格未定/発売時期未定)が発表。

 

一部モデルについては価格、発売日が公表されたものの、先日発表が行われたauのラインナップに比べるとかなりショぼく感じます

端末のラインナップもそうですが、端末の色についても冒険していないなと。(au版のNote 10+はHUAWEIっぽいオーラグローを用意、対するドコモは黒、白の計2色のみ。)

この辺りはGalaxy Note 8辺りから学習しておらず、残念と言わざるを得ません

 

 

 

RAM 8GBだと思っていたら海外版と同じくRAM 12GBだった

2019年8月頃にGeekbench Browserの結果がリークした際にはRAM 8GBと検知されており「Note 10+ではなくNote 10なのでは?」と考えていたのですが、結果的に外れることになりました

 

 

左:Note 10
右:iPhone XS

台湾に行った際に展示されているGalaxy Note 10を触って見たのですが、想像以上にコンパクトで軽く「これ良い、欲しい!」と思っていただけに、Note 10だろうがNote 10+だろうが購入するのはほぼ決まっていました

どんどん大型化していくスマートフォンのディスプレイサイズ、重量を見ているとNote 10のサイズ感、軽さは「まさにバランスの取れたスマートフォン」でした。

国内向けの投入がなかったのが残念。

 

 

 

機種変更はdocomo with回線で

現状ドコモのメイン回線はiPhone XSで機変を2018年9月に行って以降、月サポ(-2,457円/月)と言う甘い汁を啜っている訳ですが、当然の事ながらNote 10+に機変してしまうと月サポが無くなります

ですので、仕方なくdocomo with回線で機変することを決断。これならwithで月サポを受け続けながら定価で機変が可能です。

 

 

 

事前予約、購入、応募で「Galaxy Buds(SM-R17010W19JP)」がもらえるキャンペーンを展開中

docomo版Note 10+(SC-01M)、au版Note 10+(SCV45)共に事前予約、購入(新規/MNP、機変、契約変更)、専用サイトで応募を行うことで完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds 白色(SM-R17010W19JP、約1.8万円相当)」がもらえるキャンペーンを展開中。

約1.8万円相当の完全ワイヤレスイヤホンが貰える事を考えれば、予約しておくのが無難でしょう。

 

 

 

予約は以下より

雑談カテゴリの最新記事