Synology製のNAS「DS718+」を購入しました #NAS #Synology #DS718Plus

Synology製のNAS「DS718+」を購入しました #NAS #Synology #DS718Plus

NTT-X Storeの特価で販売されていたSynology製のNAS「DS718+」を購入しました。

 

 

 

 

 

 

ASUSTOR AS3102Tからの買い替え

メーカーSynology DS718+ASUSTOR AS3102T
搭載HDD数3.5インチ×2台3.5インチ×2台
CPUCeleron J3455 1.5~2.3GHzCeleron N3050 1.6~2.48GHz
コア数4コア4スレッド2コア2スレッド
メモリDDR3L×2スロット(最大8GB迄対応) DDR3L 2GBオンボード
USBポートUSB 3.0×3ポートUSB 3.0×3ポート
e-SATAe-SATA×1ポート非搭載
LANGigabit Ethernet×2ポート(Link Aggregation対応)Gigabit Ethernet×1ポート
HDMI非搭載HDMI 1.4a×1ポート
赤外線レシーバー非搭載搭載
電源65W AC65W AC
消費電力20.1W(アクセス)
9.1W(HDDハイバネーション)
13.7W(操作)
7.47W(ハイバネーション)
ファン92mmファン×170mmファン×1
ノイズレベル18.4dB(A)18.6db(A)
保証3年間3年間保証
サイズ157(H)×103.5(W)×232(D) mm165(H)×102(W)×218(D) mm
メーカーURLURLURL

 

 

主な違いはCPUのコア数(2コア VS 4コア)、メモリ容量(オンボード2GB VS 交換可能最大8GB)、LANのポート数(1ポート VS 2ポート)、HDMIの搭載(HDMI 1.4a搭載 VS 非搭載)となっており、Synology DS718+の方が大幅にスペックを拡張できる点が有利となっています。

 

約2年半近くAS3102Tを使用してきましたが、常駐アプリケーションが増えるとRAM 2GBでは足りず、データコピーでキャッシュが溢れた際にパフォーマンスが大幅に落ちていることが多かったため、今回安価に買えるモデルでメモリ2スロットの増設、交換が可能なSynology DS718+に買い替えることとなりました。

 

 

OS上使い勝手はASUSTOR、Synology共にあまり変わっておらずソフト類も大半が代替の効くものが多いため、現状問題はありません。

メモリも2GB+4GBの計6GBに増設しているため空きも多く、長く使えそうです。

因みにですがオンボードと記載のあった2GBも実質交換可能となっており、最大4GB+4GBの計8GB化も可能なようです。

 

 

 

ソフトも充実

ネットワークカメラ対応のソフトやCMS系サービスソフト、セキュリティ対策系も充実しているためASUSTORよりも自由度は高そうです。

 

 

 

購入は以下より

雑談カテゴリの最新記事