ASUSTOR AS-202Tを使ってWebサーバーを建てる方法

ASUSTOR – AS-202T – ASUSTOR 公式

ASUSTOR NAS 2-Bay AS-202T ATOM 512MB GbE x 1 USB 3.0 SATAIII 3年保証 – Amazon.co.jp

ASUSTOR AS-202T Intel ATOM 1.2GHz Dual-Core、メモリ512MB – 楽天プロダクト 最安一覧

ASUSTOR NAS 2-Bay Intel ATOM Dual Core 512MB GbE x 1 USB 3.0 SATAIII 3年保証 AS-202T

ASUSTOR製のNAS「AS-202T」を使ってWebサーバーを建てる方法を簡単にまとめました。

 

 

1. HTTPサーバーを有効化する

asustor_as-202t_appli_http_server_config_webserver

ホーム画面より「サービス」 → 「Webサーバー」より、「Webサーバーを有効にする」、「PHP register_globalsをオンにする」、「PHPキャッシュを有効にする」、「サイズは各自適当」、「個人用Webサイトを有効にする」にチェック及び変更します。

 

 

 

 

2. ルーターのポート開放(ポートマッピング)を行う

[詳細設定] – [ポートマッピング設定(PPP) エントリ一覧] – NEC Atermルーター用設定画面

ルーター画面にログインし、Webサーバー用のポート「TCP 80番」を開ける必要があります。

ルーターの設定画面はメーカーや型番によってまちまちとなり、上記リンクはここ最近のNECルーター向けとなるのでご注意を。

 

 

asustor_as-202t_appli_http_server_nec_router_portmapping_01 asustor_as-202t_appli_http_server_nec_router_portmapping_02

上記画面はNEC製のルーター「Aterm WG1800HP」の一例となります。

 

ルーターにログイン後「詳細設定」 → 「ポートマッピング設定」 → 「追加」 → 「LAN側ホスト」より「NASのIPアドレス」を入力し、「TCP 80番」のポートを開放します。

 

もし開けられない場合は外部からアクセスできず、インターネット上でWebサイトを公開することが出来ないためご注意下さい。

 

 

 

 

3. DDNSを有効にする

My ASUSTOR Cloud Connect – ASUSTOR DDNSサービス

asustor_as-202t_appli_http_server_config_cloud_ddns

今の状態ではインターネット上にHPは公開できてもURLがIPアドレスとなってしまい、ルーターを再起動するたびにIPアドレスが変更となってしまうため、DDNSサービスを使います。

ホーム画面より「設定」 → 「簡単アクセス」 → 「クラウド接続」でDDNSの設定が可能です。

 

 

なお、DDNSサービスはASUSTORが公式で行っており、無料で利用が可能です。

上記サービスを利用することで「*****.myasustor.com」というアドレスを取得することが可能です。

 

 

 

 

4. hostsファイルを編集する

Windows7でhostsファイルを書き換える – ねぎうぉっち

hostsファイル(C:\Windows\System32\drivers\etc)を管理者権限で編集し、以下のように記述を変更します。

 

192.168.**.** 取得したDDNS ID.myasustor.com

asustor_as-202t_hosts_hennsyuu

「ローカルのNAS用IPアドレス 取得したDDNS ID.myasustor.com」をhostsファイルの末尾に記入し、保存後、PCを一旦再起動しましょう。

 

これでローカル環境からでもmyasustor.comのドメインでアクセスできるようになります

 

 

 

 

5. Webフォルダに適当なファイルを置き、アクセスできるか確認する

asustor_as-202t_appli_filexploler

初期状態ではWebフォルダが公開されるディレクトリとなっているため、画像やHtmlファイルでもなんでも良いのでアップロードし、ブラウザ経由でアクセスできるかどうか確認しましょう

 

 

access_accept

簡単に「アクセスできました」というgifファイルを置いておくため、検証用にご利用下さい。

なお、Webフォルダに置いた場合のアクセスするURLは「http://取得したDDNS ID.myasustor.com/access_accept.gif」となります。

 

この状態で上記画像が表示されればWebサーバーの公開は完了です。

 

 

以上で「ASUSTOR AS-202Tを使ってWebサーバーを建てる方法」の解説を終わります。お疲れ様でした。

 

ASUSTOR – AS-202T – ASUSTOR 公式

ASUSTOR NAS 2-Bay AS-202T ATOM 512MB GbE x 1 USB 3.0 SATAIII 3年保証 – Amazon.co.jp

ASUSTOR AS-202T Intel ATOM 1.2GHz Dual-Core、メモリ512MB – 楽天プロダクト 最安一覧

ASUSTOR NAS 2-Bay Intel ATOM Dual Core 512MB GbE x 1 USB 3.0 SATAIII 3年保証 AS-202T