【Update!】補助電源無しのRadeon HD 5670シリーズが発売開始


本日よりミドルレンジ向けGPU「Radeon HD 5670」が発売開始となりました。

「Radeon HD 5670」は40nmプロセスで製造され、GDDR5 512MB/1GBを搭載し、ストリームプロセッサ数は400基、バス幅は128bit、ROP数は8基となっています。

コードネームRedwood XT
製造プロセス40nm
ストリームプロセッサ400基
テクスチャユニット20基
ROP8基
コアクロック775MHz
シェーダークロック775MHz
メモリクロック4GHz(1000MHz)
メモリバス128bit
メモリ容量512MB/1GB
消費電力14W~61W
補助電源無し
DirectXDirectX 11
価格99ドル(日本円では1万~1.5万)

 

HD567XZNF 
HD-567X-YNFC
最安価格 11770円 10.01.18 

4GamerのレビューやIT Mediaを見る限り

Radeon HD 5670<Radeon HD 5750<Radeon HD 4770<Radeon HD 5670<GeForce 9600GT<Radeon HD 4670

となっています。

1世代前のRadeon HD 4670から大幅なパフォーマンスアップとなっており、3DMark06総合スコアーでは約58%のパフォーマンスアップとなっています。

ライバルとなるGeForce 9600GTとほぼ同じ、それ以上の結果となっています。

消費電力についてもRadeon HD 4670とほぼ同じ、それ以上に低い場合所も見受けられパフォーマンスを上げつつ、消費電力をほぼ同じようにすることに成功しています。

こちらについてもGeForce 9600GTとの比較がありますが、最大10%~15%程度低い模様です。

ただ気になる所はリファレンスで採用されている1スロットのファンを採用するメーカーがどこも無い所で、各社殆どのモデルがAccelero L2 Proを採用しており、2スロット占有形となっています。

Radeon HD 4770の時もありましたが、コスト削減の問題なのでしょうか?

個人的には1社だけでもいいのでリファレンスクーラーを搭載したモデルを発売してもらいたいですね。

Radeon HD 5670で補助電源無しのCrossFireを試してみたいと言う方も多そうですし。

※XFXのリファレンスモデルの販売開始を確認、最安情報追記

HD567XZNF 
HD-567X-YNFC
最安価格 11770円 10.01.18