Clarkdale Pentium G6950 適当なレビュー


どうも皆さんお久しぶりです。

こうやってレビュー書くのも今年初となります。

今回レビューの題材となるものはClarkdaleこと「Pentium G6950」です。

「Pentium G6950」32nmで製造されたCPU45nmで製造され、MCMで接続される「GMCH(Graphics Memory Controller Hub)」が1つのパッケージ収納された物となります。

今までG965、945GC、G33、G45と言ったチップがCPUのパッケージに統合された物と考えたほうがわかりやすいかと思います。

画像で言うとこんな感じ。

cpu_clarkdale1 cpu_clarkdale2

また、「Pentium G6950」Turbo Boostには非対応Hyper Threadingにも非対応で、論理コアは2コア、スレッド数も2コアとなります。

更に内臓VGAクロックは「Core i5-661」が900MHzに対し、「Pentium G6950」は533MHzとかなりクロックが抑えられています。

この他にもL2キャッシュが256KB×2L3キャッシュが3MBと削減されています。

御託はさて置き、レビューに参ります。

DSCF5526
Pentium G6950 BOX
最安価格 8890円 10.1.11

◇検証環境

10.01.11_Main_spec
DSCF5644 DSCF5645 DSCF5650

◇ベンチマーク

今回よりRadeon HD 5970の性能を考慮し、DMC4ベンチマーク、バイオハザードベンチマークについては高解像度の高負荷設定を追加しました。

その他にも自作の祭典2009への参加としてPerfomanceTest 7.0やバイオハザードの設定改変版を載せております。

今後はローエンドGPUで無い限り高解像度、高負荷設定を使用していく予定です。

3DMark06

PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_3dmark06
3DMark Score:14636
SM2.0:6396
SM3.0:9203
CPU:2426

 

3DMark Vantage Perfomance

PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_vantage_perfomance
3DMark Score:P11750
GPU:18214
CPU:5690

 

3DMark Vantage Extreme

PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_vantage_extreme
3DMark Score:X11547
GPU:12136
CPU:6008

 

CrystalMark2004 R3

PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_crystal
Mark:127940
ALU:26144
FPU:24253
MEM:28172

HDD:18973
GDI:10385
D2D:2160
OGL:43593

 

DevilMayCry4 ベンチマーク(初期設定 1280*720、低負荷)

DevilMayCry4_Benchmark_DX10-2009-12-10-23-30-10-56 DevilMayCry4_Benchmark_DX10 2010-01-10 20-18-37-91
Rank:S
SCENE1:242.64 FPS
SCENE2:262.23 FPS
SCENE3:269.89 FPS
SCENE4:148.76 FPS

 

DevilMayCry4 ベンチマーク(高負荷 1280*720、その他グラフィック最大)

DevilMayCry4_Benchmark_DX10 2010-01-10 20-27-09-69 DevilMayCry4_Benchmark_DX10 2010-01-10 20-35-40-50
Rank:S
SCENE1:229.57 FPS
SCENE2:230.92 FPS
SCENE3:286.20 FPS
SCENE4:143.03 FPS
※高解像度(1920*1200)にする予定が、なぜか解像度を変更しても確認画面で勝手に1280*720に戻ってしまうので、仕方なく1280*720の最高負荷で検証しています。

 

バイオハザード5 ベンチマークA(初期設定 1280*720、低負荷)

BH5DX10 2010-01-10 19-34-30-34 BH5DX10 2010-01-10 19-42-43-65
Rank:A
Average:88.4 FPS

 

バイオハザード5 ベンチマークA(自作の祭典2009向けセッティング)

BH5DX10 2010-01-10 19-52-10-75
Rank:S
Average:103.4 FPS

 

バイオハザード5 ベンチマークA(1920*1200、高負荷)

BH5DX10 2010-01-10 20-04-00-46
Rank:A
Average:70.5 FPS

 

バイオハザード5 ベンチマークB(高負荷 1920*1200、その他グラフィック最大)

BH5DX10 2010-01-10 20-08-22-51
Rank:B
Average:41.7 FPS

 

ストリートファイター4 ベンチマーク

StreetFighterIV_Benchmark-2009-12-10-22-03-37-22 StreetFighterIV_Benchmark 2010-01-10 19-25-44-62
Rank:A
Score:9935
Average:59.84FPS

 

Heaven BenchMark Ver1.0 低負荷

heaven_bench_config_teifuka unigine 2010-01-10 19-13-23-11
FPS:72.2 FPS
Score:1818

 

Heaven BenchMark Ver1.0 高負荷

heaven_bench_config_koufuka unigine 2010-01-10 19-19-03-29
FPS:31.5 FPS
Score:793

 

タイムリープブートベンチ

PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_timeleep_config TimeLeap_Bench 2010-01-10 20-47-14-88
FPS:113 FPS

 

PerfomanceTest 7.0 Evaluation Version7.0(自作の祭典2009向けベンチ)

PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_perfomancetest7.0
Score:1529.5

 

Windows 7 Experience Index (自作の祭典2009向けベンチ)

PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_experienceindex PentiumG9650_2.8GHz_RadeonHD5970_experienceindex_syousai
最低スコア CPU:6.4

 

 

◇消費電力

3DMark06

349W

3DMark Vantage

386W

DMC4

312W

HeavenBench

365W

アイドル

163W

 

 

◇発熱

OCCT Ver3.1.0を使用し、15分に設定し検証しました。

2010-01-11-18h00-CPU1

アイドル時の温度

約30度

高負荷時の最大温度

約36.8度

※室温21.4度で計測。

 

◇考察

マザーボードがP55のMaximus III Formulaな為、内臓VGAの検証は出来ませんが、デュアルコア、2.8GHzの性能で見るとまずまずと言った所。

ただし、ライバルとなり得るPhenom II X2 550 Black Editionと比較すると4コア化が可能(しかもほぼメーカー公認に近い状態)、倍率変更が容易と言う点を考慮するとパフォーマンス面はPentium G6950が勝利しようとも、コスト面ではやはりPhenom II X2 550 Black Editionの方が有利なようにも思えます。

また、マザーボードもH55やH57、P55と言ったチップセットが利用出来るPentium G6950は選択肢が多くて良いのですが、まだ登場したばかりなのでマザーボードの単価が高く、そしてATXなマザーボードが少ないと言う点も気になります(その場合はP55を使えと言われそうですが。)

まだオーバークロックに関しては完全に検証出来ていない状態ですので何とも言えませんが、もしPentium G6950が4GHz以上で常用出来ようとも4コア化が可能なPhenom II X2 550 Black Editionの有利な点は変わらぬような感じです。

あくまで個人の意見ですので(^^;;

 

Coneco.netでもレビュー公開中!

DSCF5526
Pentium G6950 BOX
最安価格 8870円 10.1.13

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い