8月10日にJ&Pテクノランドで行われた「ASUS マザーボードテックトレンド」に参加してきました


Joshin J&Pテクノランドにて8月10日に「マザーボードテックトレンド」を開催、Intel 9シリーズマザーや最新グラボを解説 – Re;con-ReviewDays

ASUS マザーボードテックトレンド 2014年8月10日 – Ustream 録画

台風11号が直撃という中、Joshin J&Pテクノランドで行われた「ASUS マザーボードテックトレンド」に参加してきました 。

 

2014-08-10 11.28.24

当日は非常に強い雨風の中、JR神戸・東西・宝塚・京都線が止まってしまい関西の公共交通機関は殆ど麻痺しておりました

 

 

そんな中、台風の勢いをもろともせず、会場設営に取り組むASUS Japanの方々と代理店の方々がいらっしゃいました

2014-08-10 12.32.13

第1回目のセッションは13時、第2回目は16時~より開始となっており、セッションの内容は以下にまとめました。

 

 

 

 

・BIOSでワンタッチでオーバークロック出来る「Easy Tuning Wizard」

BIOSの画面から「Easy Tuning Wizard」を起動し、質問に答えていく過程(8回クリックするだけ)だけでCPUのオーバークロックが可能な機能となります。

質問の内容は「Q.このPCはどのように使うか? A.オフィス用か、自宅用」などとなっており、誰でも簡単に答えられる質問となっているようです。

 

 

・1クリックでBIOSの設定を最適化出来る「5 Way Optimization」

ASUS独自ソフト「AI Suite」より「5 Way Optimization」を利用することが出来、パソコンの設定を1クリックで最適化出来る機能となります。

最適化される機能を例に上げると「ファンがどこのファン電源に繋がっているのか、どんな性能のファンが搭載されているのか、回転数はどれぐらいが良いのか、オーバークロックをするにはどれぐらいの回転数が必要か」等多岐にわたります。

 

 

・「STRIX」ブランドの立ちあげ

ASUSのゲーミングOCブランド「ROGシリーズ」はご存知かと思いますが、今回ASUSは新しく「STRIX」というブランドを立ち上げました

「STRIX」とはライトゲーマー層をターゲットとした新ブランドで、マウス、キーボード、ヘッドホン、グラフィックカード等今後様々な商品で展開される予定となっています。

2014年8月9日「台風何それ?ASUS最新製品大阪上陸」イベント参加レポート – Re;con-ReviewDays

STRIXシリーズの製品に関しては先日のイベントで記事を出しておりますので、そちらを参照ください。

 

 

既にご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、「STRIX」の名前が付けられた製品は既に発売されています。

その商品とは「GTX 750Ti/780」を搭載するグラフィックカードで、GTX 750Ti搭載モデルは50度以下でファンが自動停止、GTX 780搭載モデルは65度以下でファンが停止するという「静音性とゲームの快適性」を重視したカードとなっています。

 

 

・今後発売される予定の製品の紹介

MAXIMUS VII IMPACT:Mini-ITXサイズに無線LAN、Bluetooth、背面にPOST表示、電源、リセット、CMOSクリアボタンなどを詰め込んだマザーボード

MAXIMUS VII FORMULA:ATXサイズに水冷/空冷両対応のヒートシンクを搭載、更に表面にはプラスチック製のホコリ侵入防止のアーマーや、背面には放熱の手助けをする鉄製のバックプレートを搭載したマザーボード。

CROSSBLADE RANGER:Socket FM2+初のROGマザーボード。ATXサイズにIntel LAN、汎用キーボードをゲーミングキーボードとして利用できる付加機能、Supreme FX 2014 with Sonic Futuresなどを搭載。

 

 

・オーバークロックの練習も

2014-08-10 14.20.40

Intel Core i7-4790KとMAXIMUS VII HEROを組み合わせたPCでオーバークロックの練習をすることが出来ました。

結果はCore i7-4790K 4.8GHzでCinebench R15を通過させることは出来ず、4.75GHzまでとはなってしまいましたが、他の方々と「あーでもない、こーでもない」と言いながら、色々な項目の設定を変更しつつ、高クロックでベンチマークを完走させるようにする「オーバークロックの楽しさ」を再度学ぶことが出来ました。