SONY ウォークマンNW-F880シリーズに感じる物足りなさ #SONY #Walkman #ウォークマン


ウォークマンF880シリーズ一覧 – SONY 公式

ウォークマンF880シリーズ一覧 -  – ソニーストア

ウォークマンF880シリーズの最上位モデル『NW-F887 64GB』が全国的に品薄に – Re;con-ReviewDays

先日ウォークマンNW-F887 64GBを購入したのですが、利用していると色々と物足りなさを感じたためそれらを挙げていきます。

 

 

1. メディアプレイヤー (W.ミュージック)ではタイトル検索機能がない

Screenshot_2013-11-21-15-43-47 Screenshot_2013-11-21-15-38-21

デフォルトで入っている音楽プレイヤー『メディアプレイヤー (W.ミュージック)』にはタイトル検索機能がなく、タイトルで検索しようにもアーティスト名か、アルバム、ジャンル一覧などから探す必要があります。

 

今どきタイトル検索すら出来ない音楽再生アプリにビックリです。Google Play ミュージックでも当たり前にある機能なんですが。

Screenshot_2013-11-21-16-01-25

Google Play ミュージックにあるタイトル検索機能

 

 

 

 

2. メディアプレイヤー (W.ミュージック)ではスリープ画面時の再生、停止などのUIが無い

Screenshot_2013-11-21-15-35-09

↑ 左:メディアプレイヤー (W.ミュージック)利用時のスリープ画面

 

デフォルトで入っている音楽プレイヤー『メディアプレイヤー (W.ミュージック)』にはスリープ画面で操作できるUIが搭載されていません。

 

もともとNW-F880シリーズには本体右側面に『再生/停止/次曲/前曲』と言ったハードウェアキーがあるためスリープ画面での再生、停止のUIが必要なかったのかもしれませんが、Google Play ミュージックアプリではこちらの機能が利用できるため非常に残念でなりません。

Screenshot_2013-11-21-15-52-02

↑ Google Play ミュージックアプリでのスリープ画面

 

 

 

今後不便と感じた部分がありましたら、こちらの記事に追加していこうかと思います。

 

SONY ウォークマン Fシリーズ 64GB ホワイト NW-F887/W
ソニー (2013-10-19)
売り上げランキング: 5,424