RAIDの罠にハマる


Main PCの総入れ替えを予定しているため、今回別PCのセットアップを行うことに。

しかしその途中にとんでもない罠が待ち受けており、完全にハマりました。

 

その罠というのが「RAIDの罠」

 

以前X79 Extreme 9でPlextor PX-128M5Pを2台RAID 0で組んでいたのですが、今回その片割れをAMD環境で再利用することになりました。

 

しかしRAID0の設定がSSDの中に入っていたためか、AMD環境でOSを入れえようとしても「BIOSで認識していてもOSインストール時に消失する」ということに。

2013-05-27 18.46.24 2013-05-27 18.59.12

↑ BIOSではPlextorのM5P 128GBが認識されているが、OSインストール画面では消失している。

 

AHCIにしても、IDE互換にしても認識されず困っていると、タダヲ氏より「SSD内に以前のRAIDの設定が残っているのでは?」という的確なアドバイスを受け、良く考えてみると以前このSSDで「RAID 0を組んでいた」ことを思い出す。

 

というわけでAMD環境でサウスブリッジの設定をAHCIからRAIDに変更し、RAID BIOSを読み込むも、何故かRAID BIOSを起動すると真っ黒な画面でフリーズという事態に。

 

もうさすがにお手上げか・・・と思った時におでん氏からのアドバイスで「以前ノートでRAID組んでからデスクで再利用しようとしたらRAIDの設定が残っているためか、OS上からはディスク自体が見えず初期化不可。しかしBIOSからは見える状態。後でRAID解除を行うと、OSからも認識するようになった」とのこと。

 

間違いなくこの症状っぽいので、とりあえずIntel X79のマザーからRAIDの設定を消してやる必要がありそう。

 

正直言っちゃアレですが、RAIDって面倒くさいですね…(´ρ` )

もう暫くやりたくないや・・・。