ARROWS Z (ISW11F)を無料で機種交換して戴けるようになりました


富士通 ARROWS Z (ISW11F) 適当なレビュー – Re;con-ReviewDays

新品 au ARROWS Z ISW11F ストリームブルー by FUJITSU 白ロム – Amazon

FUJITSU au ARROWS Z ISW11F NEO BLACK – 楽天

ARROWS Z ISW11F 白ロム ヤフオク検索 – Yahooオークション

[中古Bランク]FUJITSU au ARROWS Z ISW11F NEO BLACK【白ロム】【携帯電話】 【 アウトレットと中古パソコン&ケータイのイオシス 】【中古】

発売日にワクワクして買ったARROWS Z (ISW11F)。想像以上にモッサリで、不具合満載で何度も何度も修理を出す羽目になりました。

しかし症状の改善は一向に望めず、修理が5度目ということも有りお客様サポートセンターに連絡することに。

 

 

私のISW11Fの修理履歴は以下の通り。

 

1度目の修理:ホームキーが押しっぱなしになり、反応しなくなる。 >記事

2度目の修理:アップデート完了のはずが、何故か文鎮化。 >記事

3度目の修理:WiMAXをオンにしていると一切GPSを捉えず、頻繁に端末が再起動を繰り返す。 >記事

4度目の修理:WiMAX → 3G → WiMAXと切り替わるはずが、3GからWiMAXにならずテザリングを切らなければWiMAXに復帰しない。

 

流石に今回で5回目の修理となるので、auお客様サポートセンターに電話した次第。

 

 

上記の話をサポートセンターの方に伝えると以下の操作を確認のためにやって欲しいとのこと。

 

・auショップでICカードの交換

・電源ボタン + 音量↓キーでセーフモードで2,3日使ってみて欲しい

 

ICカードを交換した時点で直りそうにもない(ロッククリアで別のSIMでも使っていたので)、セーフモードで起動するも初期設定後のランチャーを選ぶ画面でフリーズ。

2013-02-04 16.32.48

流石にセーフモードで起動したにもかかわらず、プリインストールのランチャーソフトが応答不能になると言うことをオペレーターに伝えると、「故障の履歴などもご確認させて戴いた上で、再度別の部署よりお電話させて頂きます」と。

 

別の部署の方から10分後お電話が有り、以下提案を行なって頂けました。

 

・基本的には2012年夏モデルのAndroid搭載スマートフォンに機種変更。しかしiPhoneは料金体系、プラン的に不可。

・2012年夏モデルのAndroid搭載スマートフォンの中で在庫がない、もしくは欲しい端末がない場合はLTE搭載端末でも可能。(但し事務手数料3,150円やプラン変更が必須)

・機種変更時に古い端末(ISW11F)を回収、新しい機種は無料で提供する。

・毎月割は機種変後から24ヶ月付く形となる(自分の場合は残り10ヶ月となっていたが、機種変後から24ヶ月となるので14ヶ月も得する優遇措置となる)

・ISW11F用に購入した電池パックやクレードルなどは返金できない。しかし毎月割が24ヶ月新しく付くので、実質お得になる。

 

こちらとしてはもう二度とISW11F(富士通東芝)の端末は買いたいとも思いませんし、ISW11Fを使おうとも思いません。

 

なのでこのまま他端末に機種変させていただこうかと思っています。これほど魅力的な提案をしていただけていますし。明日ショップで欲しい端末がないかどうか見てくる予定。

 

[13.02.05 追記]

HTC J Butterfly (HTL21)に交換して戴くことになりました。

2013-02-05 12.25.48

LTEプランへの機種変更代3,150円は今月の引き落としになるとのこと。

料金プランが以下の形に。

プランZシンプル:980円 ※誰でも割継続
LTE NET:315円
LTEフラット:5985円 ※機種変契約となるためこの金額
テザリング:0円 (525円) ※24ヶ月無料
ケータイ補償:399円
毎月割:-1,890円 ※24ヶ月適用
スマートバリュー:-1490円 ※

計:4,299円

 

ISW11F契約時の毎月割が1,850円、ISフラットが5,460円でしたので毎月割は+40円上がって、定額プランが+525円上がっている形になります。

MNPでウェルカム割なども効かないので、金額的にかなり辛い。