Silicon Power 256GB SSD (SP256GBSSDE20S25) をIYH!


赤字覚悟の出血大セール X-DAY – NTT-X

Mainstream 2.5” SATA SSD Extreme series E20 – SiliconPower 公式

SiliconPower SATA(SATAI/II)準拠 256GB MLCチップ採用 SP256GBSSDE20S25 – Amazon

SiliconPower SSD 256GB (SP256GBSSDE20S25) – 楽天市場

本日12時より開催されたNTT-XのX-DAYでSilicon Power製の256GB SSD (SP256GBSSDE20S25)が13,980円でしたので、ついつい買ってしまいました。

 

ただ強制的に代引になるので、送料無料とはいえ代引手数料400円は痛い…(´ρ` )

 

スペック的には以下のとおり。

 

容量 (型番)256GB (SP256GBSSDE20S25)
サイズ2.5インチ
SATASATA 2対応
タイプMLC
最大読み込み250MB/s
最大書き込み230MB/s
読み取りIOPS不明
書き込みIOPS不明
コントローラーJMicron JMF616
キャッシュDDR2 128MB?
Trim対応
NANDチップ不明
製造プロセス不明
保証3年保証
Amazon最安価格
 

スペック的にはローエンドに近いですね。今更感のあるSATA2までのモノです。

 

ただコントローラーはJMF602でプチフリ問題を起こしたJMicronが手がける「キャッシュ付き」のJMF616

 

コントローラーについてググったらVIP Wikiでこんな記述を目にした。

SSDs-jmicron – VIPで自作PC @ Wiki

>ARM ベースの新型。JMF612/618 が第一世代で JMF616 が第二世代。

プチフリと呼ばれる現象は解消されそこそこの速度が出るし速度低下も少ないものの、第一世代の JMF612 はドライブ全域にシーケンシャルで書き込みを行うと途中から急激に速度が落ち、第二世代の JMF616 では高負荷を掛けると数秒間のフリーズを繰り返す問題外の仕様となっている (東芝カスタム版はこれらの不審な挙動は無い)。

他にもっと信頼性が高く速度低下もしない上、これの二倍以上高速なSSDが大量に存在するので敢えてチョイスする程の物でも無い。

青い部分の記述読んで真顔になった。

 

コントローラーにキャッシュ付いたからといってプチフリーズ(プチフリ)が直ったわけではないようだ。

 

うーむ、安かったから…という気持ちで購入してみたが、なんだか早速後悔してきている/(^o^)\