Intel Core i3-2120T 2.6GHz 適当なレビュー


Intel® Core™ i3-2120T Processor (3M Cache, 2.60 GHz) – Intel 公式

Intel Core i3-2120T 2.6GHz Amazon検索 – Amazon

Intel Core i3-2120T 2.6GHz 楽天検索 – 楽天

半年ほど前に購入したPentium G620 2.6GHzの性能に満足しなかったので、今回は2コア4スレッドのCore i3-2120T 2.6GHzを購入してみました。

 

インテル Core i3 i3-2120T 2.60GHz 3M LGA1155 SandyBridge BX80623I32120T
インテル (2011-09-04)
売り上げランキング: 1463

 

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC07204 DSC07217

<付属品一覧>

・CPU本体
・エンブレムシール
・保証書兼説明書
・リテールクーラー (薄型)

 

 

 

ロット

DSC07218 DSC07207
購入店:J&Pテクノランド
購入価格:9,000円
ロット:L129B773

予想以上に安く買えました。

 

 

 

Pentium G620とCore i3-2120Tとの違い。

CPUクロックコア
スレッド数
キャッシュ命令セット拡張TDPGPU価格
Pentium
G620
2.6GHz
(100×26倍)
2コア
2スレッド
3MBSSE4.1/4.265WHD Graphics
850MHz
1.1GHz
$64
Core i3
2120T
2.6GHz
(100×26倍)
2コア
4スレッド
3MBSSE4.1/4.2
AVX
35WHD Graphics 2000
650MHz

1.1GHz
$127

主な差はスレッド数の違い、命令セット拡張の違い、GPUの違い、Quick Sync Videoの違い、TDPの違いでしょうか。

キャッシュやクロックなどは一緒なので、性能に関して大きく差が出るとすればHyper Threading位だと思います。

TDPの差が65Wと35Wという大きな差がありますが、どのようにして消費電力や発熱が下がっているか興味がありますね。

 

 

 

ベンチマーク

 

検証環境

2012.03.27_sub_spec
j3uyv_thumb

 


 

 

3DMark06

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_06

3DMark Score:7874
(2600K+5970:24389、G620+GT430:7660)

SM2.0:3367
(2600K+5970:8934、G620+GT430:3344

SM3.0:2947
(2600K+5970:12531、G620+GT430:2953)

CPU:3106
(2600K+5970:6436、G620+GT430:2658)

 

 

 

3DMark Vantage Perfomance

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_vantage_perfomance
3DMark Score:P4449
(2600K+5970:P26153、G620+GT430:P4263)

GPU:3847
(2600K+5970:27298、G620+GT430:3832)

CPU Score:8381
(2600K+5970:23231、G620+GT430:6434)

 

 

 

3DMark Vantage Extreme

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_vantage_extreme

3DMark Score:X1901
(2600K+5970:X14249、G620+GT430:X1901)

GPU Score:1826
(2600K+5970:13970、G620+GT430:1832)

CPUScore:8638
(2600K+5970:22914、G620+GT430:6584)

 

 

 

CrystalMark2004 R3

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_crystalmark2004r3

Mark:189994
(2600K+5970:X14249、G620+GT430:162287)

ALU:37527
(2600K+5970:70512、G620+GT430:27742)

FPU:38490
(2600K+5970:51709、G620+GT430:23573)

MEM:39901
(2600K+5970:48182、G620+GT430:36135)

 

 

 

 

CINEBENCH RELEASE 11.5

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_CineBench11.5_opengl Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_CineBench11.5_cpu

OpenGL:24.96 fps
(2600K+5970:73.04 fps、G620+GT430:24.89 fps)

CPU:2.51 pts
(2600K+5970:6.62 pts、G620+GT430:1.99 pts)

 

 

 

PerformanceTest V7.0 Build 1011

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_perfomancetest7.0

総合:1474.1
(2600K+5970:2570.1、G620+GT430:1399.8)

※光学ドライブは無しで検証している為、比較対象とスコアーが一部異なります。

 

 

 

Windows 7 Experience Index

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_win7_Experience_index

プロセッサ:6.9
(2600K+5970:7.6、G620+GT430:6.4)

メモリ:7.4
(2600K+5970:7.9、G620+GT430:7.7)

グラフィックス:6.7
(2600K+5970:7.7、G620+GT430:6.7)

ゲーム用グラフィックス:6.7
(2600K+5970:7.7、G620+GT430:6.7)

プライマリハードディスク:7.2
(2600K+5970:5.9、G620+GT430:7.2)

 

 

 

Super PI 104万桁

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_SuperPi_104

104万桁:15秒
(2600K+5970:11秒、G620+GT430:15秒)

 

 

 

Super PI MOD 1.5 XS 1M

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_SuperPi_MOD

1M:15.023s
(G620+GT430:12.371s)

 

 

 

3DMark11

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_3dmark11
Score:P1133
(Corei7-2600K+560Ti:P4710、G620+GT430:P1098)

 

 

 

PCMark 07

Corei3_2120T_2.6GHz_GT430_pcmark7
Score:3105
(Corei7-2600K+560Ti:4431、G620+GT430:3036)

 

 

 

◇発熱

2012-03-29-18h32-CPUTIN

OCCT Ver4.2にて15分負荷を掛けた結果が上記画像となります。

 

2120TG620

アイドル時の温度

約50.8度

約50.8度

高負荷時の最大温度

約53.5度

約53.3度

※室温25.3度で計測。

ソフトウェア読み(OCCT)なのであまり信用しないでください。

 

 

 

◇消費電力

定格時i3-2120TG620

アイドル時

41W

41W

高負荷時

104W

100W

スペックは詳細は検証環境を参照。

 

◇Vcore

Core i3-2120T

Pentium G620

2012-03-29-18h15-CPU VCORE2012-03-29-16h42-CPU VCORE

アイドル時:0.97V

負荷時:1.14V

アイドル時:0.96V

負荷時:1.15V

 

 

 

◇まとめ

今回はPentium G620とCore i3-2120Tを比較しながらのレビューとなりました。

Core i3-2120TはHyper Threadingのお陰で2コア4スレッドとなっているためか、各ベンチマークのCPUスコアーは大幅に増加していることが確認できました。

しかしCPUスコアーが上がっても3DMark系は総合スコアーにはあまり影響しておらず、インパクトが薄い結果になりました。

 

i3-2120TはTDPが35W、G620はTDPが65Wなのですが消費電力、コア温度的に大きく差が出ることはありませんでした。

Vcoreを見てみると、2120TとG620の差は誤差と言えるほどの差しかなく、これが原因ではないか?と感じます。

消費電力に関してはi3-2120TとG620の差は「殆ど無い」といっても良いでしょう。

Hyper Threadingが付いている分だけ消費電力に差が付くのか?と思っていたのですが、そこまで変わらず、安心しました。

 

総合的にまとめるとG620とTDP差がある割に消費電力や、負荷時のコア温度などは変わらず、パフォーマンスもコア数は変わっていないためベンチマークへの影響は大きくないようでした。

 

Pentium G620からのアップグレードパスにしてはお勧めできないと思います。

Mini-ITX用にCore i3-2120Tを考えている方はPentium G620をお勧めしたいです。

 

インテル Core i3 i3-2120T 2.60GHz 3M LGA1155 SandyBridge BX80623I32120T
インテル (2011-09-04)
売り上げランキング: 1463