ELSA Quadro 2000 EQ2000-1GER 適当なレビュー


おでん氏からELSA製のQuadro 2000を搭載するグラフィックカードEQ2000-1GERを貸して頂けたので適当なレビューとなります。DSCF7940

image

ELSA EQ2000-1GER

 

パッケージ及び付属品一覧

DSCF7893 DSCF7897
付属品は比較的シンプル、出力の1つがDisplayPortなのでDVI変換ケーブルが付属。

<付属品一覧>
・はじめにお読みください
・ドライバCD
・保証書(3年間)
・グラフィックスボードマニュアル
・Quadro 2000本体
・DVI→D-Sub変換コネクタ
・DisplayPort→DVI変換ケーブル

 

 

 

外観及びスペック

DSCF7899 DSCF7905
StreamProcessor:192基
ROP数:16基
コアクロック:625MHz
メモリクロック:1300MHz
VRAM:GDDR5 1GB (128bit)
使用コア:GF106
製造プロセス:40nm
消費電力:62W

ベースとなっているGPUは恐らくGeForce GTS 450でしょうか。

 

 

 

出力ポート

DSCF7900
左から

・DisplayPort ×2
・DVI

となっています。
姉妹モデルとして出力ポートがDVI×2のみになったEQ2000-1GERDもあります。

 

 

 

GPUクーラー

DSCF7903 DSCF7909 DSCF7931
クーラーは1スロットモデルで非常にコンパクト。

メモリの部分にもシンクがしっかり当たるように設計されています。

 

 

GPUファン

DSCF7933 DSCF7938
Protechnic製のMAGIC MGT7012MB-W20を搭載。

動作時の騒音は非常に静かで、負荷時も比較的静か。

ファン電源は4ピンで負荷や温度に応じて変化させる模様。

 

 

 

GPU接触面

DSCF7937
GPU接触面は銅製でグリスも十分付いていました。

この辺は流石Quadro、手が抜かれていない。

 

 

分解

DSCF7927 DSCF7930
ネジ4本外すだけで分解可能。

 

 

 

補助電源

DSCF7906
ベースのGPUはGTS 450のはずですが、クロックが落とされているために補助電源は無しとなっています。

 

 

 

側面

DSCF7940
側面にはnVidia Quadro 2000のロゴ有り。

渋いですが、こういった工夫はいいですね。

 

 

 

裏面

DSCF7914
128bitでVRAMが1GBなので裏面にもメモリがあり。

ヒートシンクなどは無し。

 

 

 

グラフィックメモリ

DSCF7924
SamsungのK4G10325FE-HC05が表面に4枚、裏面に4枚、計8枚のチップが搭載されています。

このチップはGTX460にも採用されているもので0.5ns/1Gbit品

定格動作が1000MHzですが、本製品は1300MHz(650MHz)なのでダウンクロックで動作しているようです。

 

 

GPU-Z

Quadro2000_EGPU-Z1 Quadro2000_GPU-Z2
Quadroですが、GF106なのでCUDAやPhysXといったものにも対応しています。

アイドル時のコア温度は48度と回転数が低め + 1スロット仕様なので少々高め。

 

 

検証環境

11.06.27_subpc_spec
 

 

 

 

 

3DMark06

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_06
3DMark Score:12674
SM2.0:5200
SM3.0:5284
CPU:4271

 

 

 

3DMark Vantage Perfomance

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_vantage_perfomance
3DMark Score:P7182
GPU:6557
CPU Score:10057

 

 

 

3DMark Vantage Extreme

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_vantage_extreme
3DMark Score:X3307
GPU Score:3192
CPU Score:10339

 

 

 

3DMark 11 Perfomance

Score:計測せず

 

 

 

PCMark 7

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_PCMark7
左:GTX 295、右:Quadro 2000
Score:2225 PCMarks

 

 

 

CrystalMark2004 R3

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_crystalmark2004r3
Mark:202379
GDI:12037
D2D:10313
OGL:44973

 

 

 

Heaven BenchMark Ver2.5 低負荷

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_heven2.5_low
FPS:13.7 FPS
Score:345

 

 

 

Heaven BenchMark Ver2.5 高負荷

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_heven2.5_high
FPS:7.9 FPS
Score: 200

 

 

 

◇CINEBENCH RELEASE 11.5

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_cinebench11.5
OpenGL:44.47 FPS
CPU:3.51 pts

 

 

 

◇Perfomance Test 7.0

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_perfomancetest7.0
Score:1494.1

 

 

 

◇Windows 7 Experience Index

Quadro2000_Experience_index
最大スコアー:7.4
プロセッサ:7.3
メモリ:7.4
グラフィックス:7.0
ゲーム用グラフィックス:7.0
プライマリHDD:5.9

 

 

 

◇FF XIVベンチ Low

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_ffxiv_low
Score:3055

 

 

 

◇FF XIVベンチ High

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_ffxiv_high
Score:1654

 

 

 

◇HD Bench

PhenomII_X4_960T_3.0GHz_Quadro2000_hdbench
Rectangle:41937
Text:7314
Ellipse:4436
BitBlt:54
DirectDraw:59

 

 

 

GPU温度

FurMark 2011-07-01 18-26-24-91
FurMark 1.8.8にてStability Testを約10分間行いました。

最大温度:70度
アイドル時:49度

1スロットファンで静音性を保ちつつこの温度というのは凄い。

 

 

 

消費電力

アイドル時:74W
OCCT時:248W

 

 

◇まとめ

一般向けのベンチマークなどでは殆どパフォーマンスを生かせるものがなかったのですが、CineBench11.5のOpenGLなら一応GeForceとしてはかなり高めのOpenGLのスコアーを記録していることが確認できました。

Radeon側はパフォーマンスが出ようとメーカーで採用されてない辺りからして、アレなので比較する意味すら持ちませんが。

 

Quadro自体ワークステーション向けであり、個人で使うにもShadeなどの決まったソフトウェアでしかパフォーマンス、互換性を保証していないので当たり前っちゃ当たり前ですが。

image

ELSA EQ2000-1GER