Core i7 2600K オーバークロック履歴


P8P67 EVOがどーも暴れん坊なお陰で一向に検証が進みません。 >P8P67 EVOのBIOSがどうもおかしい。

今まで試してきたOCの履歴です。


Core i7 2600K

 

Core i7 2600K 4.5GHz 1.24V

image
起動時にブルースクリーン

 

 

Core i7 2600K 4.2GHz 1.25V

image
OSは立ち上がった。

 

 

Core i7 2600K 4.5GHz 1.27V

image
CPU-Zは無事起動できたもののOSの各種アプリケーション実行時にエラー多発。
安定している状態とはいえなかった。

 

 

Core i7 2600K 4.5GHz 1.3V

image
Prime 95 2時間で死亡

 

Core i7 2600K 4.5GHz 1.31V

image
Prime 95 7時間半で死亡

 

 

2日間掛けてこのザマです。

どうしてもVcoreをLLC込みで1.3V相当掛けるとCPUをFrio冷却魂デュアルファン、Ultra-120 eXtreme デュアルファンにしても65度を超えてしまう場面が多く見受けられました。

これ以上電圧を入れるとするならば水冷及び高速なファンへの交換が必要かと思われます。

他の方のデーターを見る限りウチの個体はVcoreを欲しがる傾向で更にクロックが上がりませぬ。

お陰で温度が上がり負荷時に回りづらいといった感じ。

 

【10.01.15 追記】

クーラーをFrio冷却魂からMegashadowに変えてみるとコアごとの温度が約5度ほど下がったお陰か以下設定でPrime 12時間完走しました

Core i7 2600K 4.5GHz 1.3V

Corei7_2600K_4.5GHz_Vcore1.3V_1066_Prime95_12jikann_kannsou
Prime 95 12時間完走。

 

いやー長かった。

ようやく常用できそうな値を見つけることが出来たのでようやくマターリモードに入れそうです。


Core i7 2600K