DVI対応の切り替え機は高い・・・


難波に行ってDVIの切り替え機をたくさん見てきましたが・・・予想外に高い。

  • WUXGA接続
  • 4PC接続(妥協して2PCでもOK)
  • DVI端子
  • 3.5ミリオーディオ端子

上記の条件は譲れません。

以外に切り替え機を作っている会社も少ないみたいで、ネットで調べてもCOREGAラトックぐらいしか有名どころは作ってない?見たいです。

バッファローも作っていたっぽいがDVI対応製品は出ていない模様。

 

上記の条件を何とかクリアしているのはREX-230XDA(2PC接続)とREX-430XDA(4PC接続)です。

この他にもCOREGAのCG-PC2KDLMCA(4PC接続)やCG-PC2UDA(2PC接続)、CG-PC4UDA(4PC接続)、CG-PC2KDMA(2PC接続)、CG-PC4KDMA(4PC接続)があります。

しかしそれぞれの価格を見てみると

ラトック

COREGA

COREGAの製品は非常に種類が多く、色々な機能が付いているのが特徴ですが、やはりラトックに比べかなりお高い印象です。

COREGAの製品類は全て3.5ミリジャックやマイク端子、USB端子*2など高機能なので高い理由はわかるのですが、せめて2PCで1万円切る物が欲しいですねぇ・・・。

ラトックのREX-230XDA(2PC接続)は結構良さそうなのですが、現在悩み中。

DVI接続ってだけでD-Sub接続の製品に比べ2,3倍値段が高いこの状況、打開して貰いたいですね~。