CFD FSI1800D3G-K4G 適当なレビュー


某所でCFD製のFireStix DDR3-1800 CL7-7-7-7-20 Vddr:2.0V(FSI1800D3G-K4G)2GB×2セットが安く販売されていたので、購入して見ました。

実際OCメモリを新品で購入するのは初めてとなります。

たいていは中古で済ませてしまっていたので(^^;;

DSCF6537
FSI1800D3G-K4G
FSI1800D3G-K4G

パッケージ

DSCF6522 DSCF6524
DDR3-1800
CL7-7-7-20
Vddr 2.0V
2GB×2
となっています。
電圧がDDR3の癖に以上に高く、Core i3/i5/i7シリーズではメモコンが高電圧に弱く、2.0Vはメモコンを傷つかせる、最悪破壊する場合があるので、ほぼAMDでしか使えないメモリと思っていた方が良いでしょう。

 

概観

DSCF6529 DSCF6536
CORSAIRのドミ姉みたいにメモリより背が高いヒートシンクを装備。
OCメモリっぽさが出ています。

 

メモリシンク

DSCF6542 DSCF6554
メモリ基盤の長さが約3cm、シンクの高さは5cmとなっています。
通常のメモリより約2cmほど長いので、サイドフローの場合ファンとの干渉に注意を。

 

分解

DSCF6544 DSCF6549 DSCF6552
明らかに外して下さいと言わんばかりのネジですので、簡単にはずせました。
ヒートシンク→メモリチップとの間は伝導性のない熱伝導シートのような物が使われています。 

メモリチップはMicronの「D9GTR」
OCerの方なら誰でもご存知でしょう。
盛れば伸びるチップですね。

 

比較してみました

DSCF6551
CFD ProシリーズのW3U1066F-2G (DDR3-1066 1.5V 7-7-7 2GB×2)を持っていたので比較してみました。
上がFireSTix(FSI1800D3G-K4G)、下がCFD Pro(W3U1066F-2G)です。
メモリのチ