Synology DiskStation DS923+にUnbufferedのDDR4 SODIMMメモリは認識するのか検証してみた

Synology DiskStation DS923+にUnbufferedのDDR4 SODIMMメモリは認識するのか検証してみた

先日Synology製の4ベイNAS「DS923+」と増設用のUnbufferedのTeam製「DDR4-3200 SODIMM 16GB×2枚 計32GB(TED416G3200C22-SBK)」を購入したため、動作するか検証してみました。

 

購入したメモリ

「DS923+」ECC DDR4-3200 SODIMM 4GB×1枚(2スロット搭載可、1スロット空き)を搭載しており、個人的に「ECCである必要性は全くない(Registeredでも無い為)」と思ってるので、通常のノートPC系に搭載されているTeam製の「DDR4-3200 SODIMM 16GB×2枚 計32GB(TED416G3200C22-SBK)」を購入。

 

※CPU的にはDDR4-2400で価格的にこなれたDDR4-2666辺りで十分だったのですが、もし使えなかったら行き場を失う可能性があったので敢えて「DDR4-3200」を選択しました。(3200あればノート、Mini-ITX系のマザーと組み合わせるのに最適なので。)

 

ECC有りのDDR4-3200 4GB×1 → ECC無しUnbufferedのDDR4-3200 16GB×2は果たして動くのか!?。

 

 

 

メモリをチェック

メーカー:Team
型番:TED416G3200C22-SBK
容量:16GB×2枚(計32GBセット)
搭載チップ:Team刻印「T4D20488NT-32」が表4枚、裏4枚の計8枚
メーカー保証:永久保証

購入したTeam製の「DDR4-3200 SODIMM 16GB×2枚 計32GB(TED416G3200C22-SBK)」はどんなメモリなのか簡単にまとめました。

特筆すべき点は特にない「通常のノートPC用のDDR4-3200 16GB×2枚セット」となっており、永久保証のため長い間利用しても安心。

「Amazon.co.jp」で購入すれば購入証明(購入履歴)もアカウントが残っている限りいつでも出せるので、RMA申請時も楽なのが助かります。

 

 

 

NASにメモリをセット

「DS923+」のメモリスロットは2.5/3.5インチベイを4基取り外せば簡単にアクセスできる位置に有り、ノートPCと同じような2段式の爪で固定するメモリスロットとなっています。

 

 

 

元から搭載されているECC付DDR4-3200 4GB×1 SODIMM

因みに元から搭載されているECC付のDDR4-3200 4GB×1枚の型番は「D4ES02-4G(Samsung K4A4G08)」となっており、これ1本だけで1万円以上する模様

純正品は高い

 

 

 

OSで認識はされるのか!?

広告

結論から言うとOS上で「DDR4-3200 SODIMM 16GB×2枚(計32GBセット)」は認識しました

余裕のあるメモリの大半は「キャッシュ済み」となっていましたが、Docker等でアプリ系をグリグリ動かしてもサクサク動いてくれるようなら文句はありません。

 

 

 

結論

結論としては「DS923+」にUnbufferedのTeam製「DDR4-3200 SODIMM 16GB×2枚 計32GB(TED416G3200C22-SBK)」を組み合わせても「問題なく動く」という結果になりました。

いやー、1.2万円が無駄にならなくて良かった。

適当な検証カテゴリの最新記事

Enable Notifications OK No thanks