Apple Watch Ultraを予約購入しました #Apple #AppleWatch #AppleWatchUltra

Apple Watch Ultraを予約購入しました #Apple #AppleWatch #AppleWatchUltra

2022年9月8日深夜2時に発表されたApple製のウェアラブルデバイス「Apple Watch Ultra」を予約しました。

 

本体色、素材は1色のみ

残念ながら本体色、素材は「1色のみ、チタニウムケースのみ」となっており、Apple Watch Ultra本体側では素材のバリエーションは存在しない様子。

Apple Watch Series 8/SE等では選べていた「本体色」「ケースの素材:アルミニウム or ステンレススチール」等は選べず

 

 

 

Cellular+GPSのみの展開

上位モデルという扱いのためか「Cellular(eSIM)+GPSのみ」の展開となっており、Series 8やSE等のように「GPSモデル」は用意されていません

個人的に「高耐久、バッテリー持ち」という2点で買っているため「Cellular」は必要なかったかなという印象。

ただコンセプト的に「必須」と考えられた説はありそう。

 

 

 

高精度2周波GPS内臓

Apple Watchシリーズでは初めてL1およびL5両方を統合した「高精度2周波GPS」を内蔵

こちらもコンセプト的に「必須」と判断された可能性が高そう。

 

 

 

ディスプレイサイズは41/45mmから49mmに拡大

左:Apple Watch Series 8
右:Apple Watch Ultra

ディスプレイサイズはSeries 8の41/45mmケースからApple Watch Ultraでは49mmケースに拡大し、より見やすく、より大きなバッテリーを搭載できるようになった模様。

またApple Watch Series 8では最大1000nitのディスプレイだったものがApple Watch Ultraでは最大2000nitの輝度迄変更できるようになったため、従来モデルの2倍明るく表示が可能

但しディスプレイの見やすさ(明るさ/輝度)=バッテリー持ちに直結するので、このバランスが難しい気はしますが…設定次第かと思われるのでより細かな制御が出来れば良いなと。

 

 

 

バッテリー駆動時間も最大36時間へと増加

Apple Watchでは駆動時間最大となる「最大36時間(4G LTE非利用時)」の利用が可能となり、ようやく1日(24時間)以上利用できる商品が出てきました。

Apple Watch Series 8では「最大18時間」とのことで約2倍のバッテリー持ちが期待できそうです。

またApple Watch Series 7以降から急速充電に対応しているため、Series 6まであった「約2時間近く充電しないと使えない」と言う事は無くなっているとはいえ、バッテリー持ちはやはり重要。

ただ4G LTE使用時はSeries 8と同じく「最大18時間」になる模様で、やはり「Cellularは要らなかったのではないか?」と感じてしまう。

 

 

 

左側面に割り当て可能なアクションボタン(物理)を搭載

左側面にはApple Watchでは初となる「アクションボタン(物理ボタン、オレンジ色)」を搭載し、アプリへの割り当てが可能になる様子。

但し右手に付けようとしている方的には微妙かもしれない…。(左腕では多分押さないと思われる)

 

 

 

ガラスは高耐久な「サファイアガラス」を採用

ディスプレイ面のガラスは高価格帯の時計に用いられる傷に強いガラス「サファイアガラス」を採用

更にディスプレイ面は「平面」となっており、耐久性や保護シート添付時等でも効果を発揮しそう。

因みにですが今回から追加されるとずっと噂されていた竜頭や電源ボタンに指紋認証といった機能類は搭載されませんでした

そろそろブレイクスルーが欲しい。

 

 

 

0.1度単位の皮膚温度センサーを新規に2個搭載

Apple Watch Series 8、Ultraに関しては「皮膚温度センサー(0.1度単位)」を搭載しており、本体背面側に1個、ディスプレイ下に外部環境の温度を測る目的で1個搭載。

2つのセンサーから得られたデータで正確に手首の皮膚温度を計測出来るという新機能。

「女性向け」と思われがちな機能ですが、日ごろから自分の平均体温を知っておくと新型コロナ(COVID-19)感染時でも分かりやすいため、大きなブレイクスルーにはなったように感じます。

 

 

 

衝突事故検出機能を新規に搭載

今回投入されたiPhone 14シリーズ(2022)およびApple Watch Series 8(2022)、Ultra(2022)に関しては全て「3軸ジャイロスコープおよび加速度センサー」を応用した「衝突事故検出機能」が新規に追加されており「乗用車が絡む衝突事故(正面衝突、側面衝突、追突、横転等)を受けた20秒後に119に自動通報が行われる」といった機能が追加されています。

 

 

 

最大100mの耐水性能

  • Apple Watch Ultra チタニウムケースとオレンジアルパインループ – Apple

Apple Watch UltraにはISO規格22810にもとづく100メートルの耐水性能があります。水深40メートルまでのレクリエーショナルスキューバダイビング(App Storeからダウンロードした対応する他社製アプリを利用)と高速ウォータースポーツで使用できます。Apple Watch Ultraを水深40メートル以上のダイビングに使用しないでください。耐水性能は永続的に維持されるものではなく、時間の経過とともに低下する可能性があります。詳しくはsupport.apple.com/ja-jp/HT205000をご覧ください。

Apple Watch Series 8とApple Watch SEにはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティには使用しないでください。耐水性能は永続的に維持されるものではなく、時間の経過とともに低下する可能性があります。詳しくはsupport.apple.com/ja-jp/HT205000をご覧ください。Apple Watch Series 8にはIP6X等級の防塵性能もあります。

Apple Watch Ultra は「最大100mの耐水性能(水深40m迄のレクリエーションダイビング)」に対応しており、Series 8は「50mの耐水性能(※スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティには使用しないでください。)」と記載があるため、一応差別化が行われている様子。

 

 

 

ダイバー向けの「40m迄対応の水深計」を新規に搭載

ダイバー向けアプリの「Oceanic+」を使用する事で水深40m迄計測が可能な「水深計」を新規に搭載

「水深から海面温度、減圧限界、浮上速度等の警告表示」にも対応

 

 

 

バンドデザインは3種類から

 

Apple Watch Ultra用のバンドのデザインは「49mm幅」「アルパインループ」「トレイルループ」「オーシャンバンド」計3種類から選ぶことが可能。

※後ほど記載しますがこれら以外の「44mm/45mmのバンドも利用できる(Appleチャットサポート談)」とのこと。

 

左から「アルパインループ」「トレイルループ」「オーシャンバンド」

どう感じたかは個人次第かと思いますが、Apple Watch Series 6 40mmで「バルティックブルーレザーリンク(マグネット接着式/現在色は廃版)」を使っていた身としては「Apple Watch Series 8と同様にマグネットで固定できるバンドを用意して欲しかった」というのが本音。

※後ほど記載しますがこれら以外の「44mm/45mmのバンドも利用できる(Appleチャットサポート談)」とのこと。

 

 

 

オシャレで付けやすいレザーリンクバンド等は49mm用が用意されていない

因みにですが、2022年9月19日現在でレザーリンクバンド「41/45mmケース用のみの展開」となり、Apple Watch Ultraでは利用できません

やっぱりマグネットでバチっと固定出来た方がキツく、緩くしやすいので付けてて楽なんですよね。軽いし。

そういった点ではバンドを選べる幅が狭まってしまっているので、Apple Watch Ultraのデメリットとなってしまっているのが残念。

 

 

 

Apple Watch Ultraには44/45/49mmバンドが互換性有り

Q. Apple Watch Ultraを購入させていただきましたが、対応バンドは49mm以外のバンドに対応していないのでしょうか?
A. バンドのサイズといたしましては、バンドのサイズといたしましては、こちらの3モデル(44mm/45mm/49mm)は互換性がございますので、44ミリ、45ミリのバンドも装着が可能でございます。是非さまざまなバンドを組み合わせていただいてお楽しみいただけますと幸いでございます!

Q. Apple Watch Ultraでマグネットで止めることが可能な「レザーリンクバンド」は利用可能と言う事でしょうか?
A. ただ今念のため情報を再度確認いたしましたが、問題なく「49ミリ」のApple Watch UltraにAppleで公式に互換性が認められております。ご安心してご検討頂けますと幸いでございます!

Appleのチャットサポートにて確認した結果「Apple Watch Ultraは44/45/49mmバンドに互換性有り」とのことで「44/45mmのレザーリンクバンド」であればApple Watch Ultraでも利用可能とのこと。

 

 

トレイルループ、アルパインループ、オーシャンバンドはApple Watch Ultraのためにデザインされています。49mmケースと組み合わせるのがベストですが、44mmケースと45mmケースにも対応します

「バンドの互換性についてさらに詳しく」と書かれた部分を押してみると上記内容の記載があり、「え、マジ?」と声が出た。何故その内容を分かりやすく書かないのか…

これでマグネット止めが出来るレザーリンクバンドが買えそう。

適当な解説カテゴリの最新記事

Enable Notifications OK No thanks