今更ながらSHARP AQUOS zero(SH-M10)を購入しました #SHARP #SHM10 #AQUOS #AQUOSzero

今更ながらSHARP AQUOS zero(SH-M10)を購入しました #SHARP #SHM10 #AQUOS #AQUOSzero

「Galaxy S20+(SC-52A)」が新型コロナウイルスによる影響で発売が5月下旬以降→6月18日迄延期し、2台目のスマートフォンも処分してしまったため代わりにSHARP AQUOS zero(SH-M10)を購入しました。

 

 

他スマートフォンには殆どない背面のアラミド繊維「テクノーラ」を採用したデザインが特徴的。

 

 

 

2台目は性能重視よりも扱いやすさを重視

 

Galaxy S8(SC-02J)AQUOS zero(SH-M10)
ディスプレイサイズ約5.8インチ約6.2インチ
バッテリー容量3000mAh3130mAh
本体サイズ幅:68 ×高さ:149 ×奥行:8.2mm幅:73 ×高さ:154 ×奥行:8.8mm
重量約150g約146g
URLURLURL

 

基本的に2台目のスマートフォンは「性能重視」というよりかは「扱いやすさ」を重視した方が利便性が高く、その点先代の「Galaxy S8(SC-02J)」コンパクト且つ軽量で、カメラの画質も十分でした。

そういった点では「AQUOS zero(SH-M10)」ややサイズ、バッテリー容量は大きくなったものの、重量はGalaxy S8(SC-02J)よりも約4g軽量になっているのは驚きでした。

 

 

 

micro SDXCカードスロットがないのが懸念事項

基本的に手持ちのスマートフォンはほぼ全てバックアップの容易さやデータ管理のし易さで「micro SDXCカードスロットは有りモデルを選ぶ」と決めていました。

しかし「AQUOS zero(SH-M10)」には軽量を重視したがために「micro SDXCカードスロット非搭載」というモデルになっています。

これが後に「ROM容量が足りない、管理しきれない」といった問題が起きないことを祈るばかり。

 

 

 

既にAndroid 10提供済

既に「AQUOS zero(SH-M10)」には最新のAndroid 10のアップデートが降ってきており、現状最新の環境に出来るのは助かります。(と言っても既に一部の端末向けにAndroid 11 ベータ版が出てますが…)

 

 

 

キャリアを気にせず使えるSIMフリー

キャリアを気にせず利用できる「SIMフリー」であり、「VoLTE」にも対応しているため、キャリアを問わずに利用できるのが助かります。

 

 

特に筆者はY!Mobile n141 SIM(SoftBank)やau VoLTE SIM(9番)を頻繁に入れ替えることが多く最近では2段階認証でSMSが必須なコンテンツ、サービスなども増えている事からこういったSIMフリー端末を探していました。

 

 

 

暫くはメイン端末で運用予定

サブ端末で購入致しましたが使い勝手を見たいため、暫くはメイン端末として利用する予定。

レビューは気分で考えます。

 

 

購入は以下より

雑談カテゴリの最新記事