Unihertz Atom L、Atom XLのスペック情報を纏めてみた #Unihertz #AtomL #AtomXL #KICKSTARTER #クラウドファンディング

Unihertz Atom L、Atom XLのスペック情報を纏めてみた #Unihertz #AtomL #AtomXL #KICKSTARTER #クラウドファンディング

2020年2月25日頃にKICKSTARTERにて出資が開始される予定の「Atom L」及び「Atom XL」のスペック類を簡単に纏めてみました。

 

 

スペック一覧

 

 

メーカーUnihertz
ペットネームAtom L(DMRトランシーバー非搭載モデル)
Atom XL(DMRトランシーバー搭載モデル)
CPUMediaTek Helio P60(8コア、2GHz)
GPU非公開
RAM6GB
ROM128GB(UFS 2.1)
microSDスロット搭載(micro SDXC対応)
ディスプレイ4インチ液晶、1136×640
マルチタッチ対応(同時タッチ点数不明)
ディスプレイガラスGorilla Glass
カメラアウトカメラ:Samsung製4800万画素、オートフォーカス、フラッシュ搭載
インカメラ:800万画素搭載、固定焦点
OSAndroid 10
Wi-Fi802. 11 a/b/g/n/ac 2.4/5GHz両対応
GPSGPS+Beidou/Glonass
BluetoothVer 4.2
ネットワークLTE対応(SIMフリー、デュアルSIMスロット/microSDXCカードスロット兼用)
GSM:B2/3/5/8
W-CDMA:B1/2/4/5/8/19
TD-SCDMA:B34/39
CDMA2000:BC0/BC1
FDD/TDD LTE(4G):B1/2/3/4/5/6/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/B28B/34/38/39/40/41/66
VoLTE対応
技適2020年4月頃取得予定
DMRトランシーバーデュアルDMRラジオ/トランシーバー機能(1W/2W 400~480MHz/範囲1km~8km)
※Atom XLのみ搭載
NFC搭載
防水/防塵IP68
耐衝撃対応(MIL-STD-810G)
イヤホンジャック搭載(3.5mmイヤホンジャック)
セキュリティ指紋認証、顔認証
SIMスロットSIMフリー、デュアル SIMスロット(micro SDカード兼用)
バッテリー4300mAh
充電口USB Type-C(OTG対応、Fast Charge 2.0、5V/2Aより2倍速く充電)
ワイヤレス充電非対応
センサー類Gセンサー、ジャイロスコープ、近接センサー、周囲光センサー、電子コンパス等
その他DMR WALKIE TALKIE機能(トランシーバーを利用可、Bluetoothヘッドセット系もサポート)
FMラジオ
ブラック(黒色)
言語現時点で非公開
サイズ縦:134.5 × 横:65 × 厚:17.5mm
重量202.45g
価格Atom L:169ドル~、Atom XL:219ドル~(KICKSTARTER Super Early Birdの場合)
※出資する早さによって金額が上昇予定
出資開始日2020年2月25日22時頃KICKSTARTERで出資開始
 今後の予定2020年2月25日22時頃:KICKSTARTER出資開始
2020年4月:CE/FCC/JATE(技適)通過
2020年5月:マスプロダクション
2020年6月:製品発送
URLURL
日本語URL

 

Atomの血を引く小型スマートフォンシリーズに新たに追加されたのが今回の「Atom L/Atom XL」で、4インチ液晶、1136×640解像度、防水防塵(IP68)、耐衝撃(MIL-STD-810G)に対応しつつも4400mAhバッテリー内蔵で202.45gと、最近のスマートフォンと比べると6インチ級の重量の製品となっています。

初めて情報が公開された際には「Atom LとAtom XLは異なるサイズで展開されるのか!?」と思いきや、実質DMR Walkie-talkie機能無し(Atom L)、DMR Walkie-talkie機能が内蔵&アンテナ付き(Atom XL)といった違いのように思えます。

 

CPUにはMediaTek Helio P60(8コア/2.0GHz)、RAM 6GB、ROM 128GB(UFS 2.1)、micro SDXCカードスロット搭載、デュアルSIMカードスロット(micro SDカードスロットと兼用)、Android 10、USB Type-C充電(OTG対応)等以前販売されたUnihertz製の「Titan」近いスペックで今回はROM:UFS 2.1 128GB、Android 10対応にスペックアップが行われています。

 

 

 

「防水防塵(IP68)」、「耐衝撃(MIL-STD-810G)」対応

Atomシリーズの後継となるため、初代Atomと同様に防水防塵(IP67)、耐衝撃(MIL-STD-810G)に対応

 

 

 

初代の2.45インチ→4インチにサイズアップ

AtomAtom XL
ディスプレイサイズ2.45インチ4インチ
解像度432×2401136×640
サイズ縦:96 × 横:45 × 厚:18 mm縦:134.5 × 横:65 × 厚:17.5mm
バッテリー2000mAh4400mAh
重量108g202.45g

 

初代Unihertz Atomは2.45インチ、432×240解像度非常にニッチなディスプレイサイズ、解像度となっておりましたが「Atom L/Atom XL」より4インチ、1136×640解像度へとスペックアップ

その影響か重量が108g→202.45gと6インチクラスのスマートフォンと同等の重量になってしまっています。

初代Atomの場合解像度が低すぎて一部アプリにてUIがおかしくなって操作が出来ないものもありましたが、「Atom L/Atom XL」ようやくそういった呪縛から解放されそうです。

 

 

 

カメラの画素数が4800万画素にアップグレード

先代のAtomでは1600万画素だったカメラの画素数が「Atom L/XL」で4800万画素へとアップグレードされました。

使用されているセンサーはSamsung製とのことで約3倍強の写真を撮影できるようになったようですが、今時画素数でドヤる時代ではない事に気付いて欲しい気がしなくも。(最近は明るいレンズの搭載や画素を絞ることで、より高感度撮影に向けた取り組みが主流)

 

MediaTek Helio P60の詳細を調べていたところ「Supersized 24MP+16MP dual-camera or 32MP single-camera with ultra-fast speeds」と記載が有りましたが、出資ページには48MPと記載が有るのは大丈夫なんでしょうか…。

 

The MediaTek Helio P65 enables large, dual camera systems up to 16+16MP offering flexibility for wide/tele with clear-image zoom technology, or other setups. Alternatively, brands can go super-sized and use a single 48MP, 4-cell camera as a key differentiator. A new, secure ISP design means facial recognition actions such as smartphone unlocking are ultra-fast, highly accurate and add a new layer of security.

もしかしたらMediaTek Helio P65なのでは?という指摘も。

P65ならば4800万画素に正式対応しており、世代も新しいため十分あり得そう。

 

 

 

Atom XLのみDMRトランシーバー機能が利用可

Atom XLにはDMRトランシーバー機能(1W/2Wハードウェアインターコム、400~480MHz)を内蔵しており、最大8km迄デジタル無線機能で双方向の通話が可能です。

但しAtom Lにはこちらの機能が搭載されていないようで「Atom XLのみの機能」である事にご注意を。

 

 

 

Android 10搭載

2020年2月現在最新のAndroid 10を搭載する予定

Unihertz製のスマートフォンの多くはアップデート速度が比較的早く、セキュリティパッチ系のリリースも配信されているメーカーのため、不安は無さそうです。

 

 

 

5V/2Aより2倍速い「2.0 Fast Charge」に対応

Atom L/XLは5V/2A(10W)より2倍速い「2.0 Fast Charge」に対応しており、Type-Cポート経由で20W相当の充電が可能である表記があります。

Type-CポートはOTG機能に対応していることが明記されておりますが、DP Alt機能には触れられていないため詳細は不明。

 

 

 

グローバルLTEサポート

ネットワークLTE対応(SIMフリー、デュアルSIMスロット/microSDXCカードスロット兼用)
GSM:B2/3/5/8
W-CDMA:B1/2/4/5/8/19
TD-SCDMA:B34/39
CDMA2000:BC0/BC1
FDD/TDD LTE(4G):B1/2/3/4/5/6/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/B28B/34/38/39/40/41/66

 

「Atom L/XL」は6タイプ、38ネットワークに対応しており、デュアルSIM、nano SIMスロット×2(micro SDXCカードスロットと兼用)、VoLTE対応、SIMフリーとなっているため、世界中で利用しやすいスマートフォンとなっています。

なお日本でも法的に問題なく利用出来るよう2020年4月頃技適を取得予定とのこと。

※DMR Walkie-talkie機能は日本で許可下りるんでしょうか…。そこがちょっと心配。

 

 

 

デュアルSIMスロット

Atom L/XLはデュアルSIMカードスロット(micro SDXCカードスロット兼用)を搭載しており、nano SIM×2、もしくはnano SIM×1+micro SDXCカードスロットといった運用が可能です。

 

 

 

出資開始日

出資開始日は2020年2月25日(火)日本時間22時頃(Feb 25th 8:00 AM EDT)を予定しています。

 

 

出資は以下より

スマートフォンカテゴリの最新記事