SONY Xperia Z4 (402SO)は本当に熱いのか検証してみる


SONY Xperia Z4 (402SO) – SoftBankオンラインショップ 公式

SONY Xperia Z4 (402SO) 白ロム検索 – ヤフオク!

Xperia Z4 (402SO) 白ロム検索 – Amazon.co.jp

Xperia Z4 – SONYモバイルコミュニュケーションズ 公式

各所で「Snapdragon 810は熱い!」と言われているようですが、実際Snapdragon 810を搭載するスマートフォン「Xperia Z4 (402SO)」は熱いのかどうか検証してみることにしました。

 

 

Battery Mix (バッテリーミックス) – Google Play

今回検証するに辺り使用したソフトは「Battery Mix」で、CPU使用率とバッテリー温度を同時に記録、グラフ化出来るソフトとなります。

但しバッテリー温度と言いながら、本当にハードウェアの温度を読めているかどうかは不明なため、参考程度にお願い致します

 

 

 

 

通常充電時の温度

2015-08-02 04.59.15

冷房の効いた部屋(エアコン設定29度)でPCとXperia Z4を接続し、充電していた温度が上記のとおりとなります。

満充電前でも32、3度付近で、手に持った際でも熱いと感じる温度では有りませんでした

 

 

 

 

高負荷時(Ingress)の温度

2015-08-02 05.01.29

高負荷時(Ingress)ではバッテリー温度が43度を超える結果となっており、この場合は端末を持っていてもカメラ周辺が「かなり熱く」感じました

 

 

 

 

外出時、モバイルバッテリーで充電中の温度

2015-08-02 04.52.37

気温30度以上の外出時にモバイルバッテリーで充電した際の温度となります。

40度付近をウロウロしており、手に持った際でもカメラ周辺が熱く感じました

 

 

 

 

で、実際はどうなのか?

Xperia Z4の熱さは「アツくない」といえるレベルでした。

ぶっちゃけた話をすると、Samsung製のスマートフォン「Galaxy S6 Edge (SC-04G)」の方が遥かに熱く感じました

というのもXperia Z4はカメラ周辺が熱いと感じるだけで、手に多く触れる側面部分までは温度が伝わってこないため、持ち方を変えるだけで回避が可能です。

その点Galaxy S6 Edge (SC-04G)の場合はフリップカバーを付けていても側面ですら火傷しそうなほど熱くなるため、非常にツライものが有りました。

 

以上のことより「Xperia Z4の発熱はZ3に比べると上昇しているものの、Galaxy S6 Edgeに比べると抑えられた発熱で、SNSで言われるほど酷くはない」と付け加えておきます。

 

SONY Xperia Z4 (402SO) – SoftBankオンラインショップ 公式

SONY Xperia Z4 (402SO) 白ロム検索 – ヤフオク!

Xperia Z4 (402SO) 白ロム検索 – Amazon.co.jp

Xperia Z4 – SONYモバイルコミュニュケーションズ 公式