Samsung GALAXY S4 Activeに搭載されている「アクアモード」を検証、水中で撮影はできるのか!?


Samsung GALAXY S4 Active GT-I9295 各色 – Expansys Japan

Samsung GALAXY S4 Active GT-I9295 (SIMフリー, 16GB, Orange Flare) – Expansys Japan

Samsung GALAXY S4 Activeに搭載されている機能の1つ、水中でカメラ撮影が行える「アクアモード」を検証してみました。

 

 

アクアモードはカメラのモード切り替えから

2014-02-15 23.50.38 2014-02-15 23.48.52

アクアモードはGALAXY S4 Activeのカメラアプリから起動することが出来、モード選択で利用することが出来ます。

 

 

2014-02-15 23.48.42

アクアモード起動時に1枚目の画像のように『水中に端末を入れる前に、USBカバーを必ず閉じて下さい』というダイアログが出ます。

 

 

2014-02-15 23.48.23

アクアモードで必要なことは『水中に入れた時に音量キーを”シャッターキー”に割り当てるか、”録画キー”に割り当てるか』を決定します。

 

静電容量方式を採用するスマートフォンは水中ではタッチパネルが動作せず、誤動作する可能性が高いため上記の設定をする必要があります。

音量キーはハードウェアキーとなるため、水中でも問題なく使えるわけです。

 

後は撮影するだけ。非常に簡単ですね。

 

 

 

 

洗面器に水を入れ、撮影してみた

洗面器に水を入れ、アクアモードを使って撮影してみました。

水に潜った際の音もしっかりと入っており、ちゃんと撮影できているようです。

 

 

 

 

タッチパネルのチューニングに大きな疑問、水滴の付着で暴走も

GALAXY S4 Activeは防水端末を謳われていますが、タッチパネルのチューニングが甘く、水滴がタッチパネル上に乗ると暴走することが発生していました

上記動画は動画撮影中にタッチパネルが暴走してしまい、勝手にズームイン→ズームアウトを繰り返しています

 

水辺では水滴が付くことは日常茶飯事のため、タッチパネルのチューニングぐらいはしっかりして頂きたいですね。でなければ防水端末を名乗る価値はありません。

使いたい時に使えない端末なんて意味がありませんから。

 

正直な意見としてはアクアモード時にタッチパネル無効化が有ればこういった苦労は無くなるわけですから、そういった配慮が欲しかった。

※タッチパネルの一部は無効化されますが、指を2本添えた場合ズームとなり、上記動画のようにズームイン→ズームアウトを繰り返した動画が撮れてしまう。

 

 

 

 

まとめ

アクアモードは確かに水中でも撮影でき、しっかりマイクも集音しているようで有用な機能だと思います。

しかし端末のタッチパネルのチューニングがあまりにもお粗末で、水中で撮影する時にタッチパネルが暴走していては話しになりません。

今後は水滴が乗っても誤動作がしにくいチューニングに期待したいですね。

 

Samsung GALAXY S4 Active GT-I9295 各色 – Expansys Japan

Samsung GALAXY S4 Active GT-I9295 (SIMフリー, 16GB, Orange Flare) – Expansys Japan