気になったツールの紹介


OCした際などよく使うツールは大体CPU-ZとかGPU-Z、EVEREST ULTIMATE EDITION、HWMonitorとかが王道ですけど結構便利そうなツールを見つけたので紹介。

そのソフトとは「HWM Black Box」と言うソフトで、Blog yalooさんにて発見しました(^^;;

どんなソフトか?と言うのは以下のSSをご覧下さい。

pc_parts_tyoujya_bana

  • Processorタブ

hwm_black_box01

CPUモデルナンバーやL1/L2キャッシュやステッピング、CPUクロック、CPU温度、ベースクロック、倍率などが閲覧可能(リアルタイム)

  • Memoryタブ

hwm_black_box02

トータル容量、メモリの種類、デュアルチャンネルかシングルチャンネルの有無、対比、タイミングなどの確認が可能

  • Systemタブ

hwm_black_box03

マザーボードの会社名、マザーボードの品番、BIOSのバージョン、チップセットの種類、ATX+12Vなどの電圧、グラフィックボードの種類、グラボの温度、コアクロック、メモリクロック、HDDの品番、容量、ファームウェア、ネットアダプターの品番、IPアドレスなど

  • Benchmarkタブ

hwm_black_box04

CPUやメモリ、グラフィック、HDDなどのベンチが行えます。

Windows7のエクスペリエンスインデックスのようなテストの様で、最大7.9?になるっぽい

  • Aboutタブ

hwm_black_box05

オンラインにソフトで取得したデータをアップロード可能

 

個人的にはなかなか便利そうなソフトだと思います。

起動するのは少々遅いですが、これだけのいろいろな情報をたった1個のソフトで扱えるのは良いですね。

CPU-Zより細かな周波数の変化や、温度変化も見れるようでこれから更なる進化が期待できそうです。

ただし・・・CPUのVcoreの表示がCPU-Zなら1.392Vと表示できるにも関わらず、HWM Black Box 1.1は1.39Vしか表示出来ないようで少々残念。

HWM Black Boxのダウンロードはこちらより。