阪急 7月下旬より間引き運転へ


阪急、間引き運転を決定 学校夏休み合わせ導入 – 産経ニュース

JR西日本、被災影響で部品調達かなわず間引き運転開始・今夏までの可能性も – サーチナ

阪急は京都線、神戸線、宝塚線の主要3路線で平日の日中の時間帯に、運転本数を減らす。具体的な削減本数については、引き続き関電との節電策の協議を踏まえて判断する。

収縮活動の時期が例年よりズレておりいつもなら6月頃にピークを迎えるはずが、今年はズレまくっているというのに今度は関西で間引き運転か…。

恐らく夏以降に伸びる雰囲気ですので関西の就活生、ビジネスマンには大打撃。

本数を減らすのではなく、6、8両編成を4両にするといったダイヤに影響のない変更が望ましい。

 

JRも先日間引き運転を公開しておりましたし、今年は関西でも節電の影響を大きく受けそうですね…。