キャッシュ搭載のSAMSUNG製高速SSD発売


 キャッシュとみられるDRAMチップも搭載するSAMSUNG製SSD「PB22-J」シリーズが初登場、64GBモデルの「MMCRE64G5MXP-0VB」と256GBモデルの「MMDOE56G5MXP-0VB」が発売された。256GBモデルは公称ライト200MB/sをうたう高速性も特徴だ。

実売価格は64GBが29,800円(今回入荷分のみ26,800円)、256GBが86,800~89,800円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 ●1GbitのDRAMチップを搭載、公称リード220MB/s、公称ライト120/200MB/s

PB22-JS3はMLCタイプのフラッシュメモリを採用しながら、ライト速度が最大120~200MB/s(モデルによる/スペック値)と非常に高いSSD。リード速度も最大220MB/s(スペック値)で、基板上にはキャッシュとみられるモバイル向けDRAMチップ(K4X1G323PD-8GC6/容量1Gbit(=128MB))も搭載している。

今回発売された64GBモデルは最大ライト120MB/sで、同じく256GBモデルが同200MB/s。今後発売される128GBも同200MB/sとされる。

ちなみに搭載チップはフラッシュメモリ(K9HCGZ8U5M×8個)、コントローラ(S3C29RBB01-YK40)ともにSAMSUNG製。筐体は金属筐体を採用、一部ヘアライン加工されている。

主なスペックは消費電力がアクティブ時1.5W、アイドル/スタンバイ/スリープ時0.15W、本体サイズが幅69.85×高さ9.5×奥行き100.3mm、重量80g。Serial ATAインターフェイスは3Gbps対応だ。

リード速度では、MLCタイプのOCZ製品「OCZ Vertex シリーズ」(リード250MB/s、ライト180MB/s)や、SLCタイプのIntel製品「X25-E Extreme SATA SSD」(リード250MB/s、ライト170MB/s)よりやや劣るが、いずれの製品よりもライト速度が高く、この点が大いに注目される。

sfsam11 imssd51 imssd31

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090328/etc_samsung.html

 Samsung PB22-Jシリーズの64GBモデルMMCRE64G5MXP-0VBが発売開始になりました。

発売価格は約3万円となっており、OCZ Vertex 60GBモデル(OCZSSD2-1VTX60G)より高めの価格設定となっています。

Sumsung自社製のオリジナルのコントローラーを搭載し、Read 220MB/s、Write 120MB/sとなっており、リードの速度がIntelの「X25-E Extreme SATA SSD」より遅いですが、ライト性能では十分に超えているのでなかなか良さそうですね。
hirasawa011
MMDOE56G5MXP-0VB
最安価格 86800円 09.03.29