Gigabyte製「X58」マザー最安モデル「GA-EX58-UD3R」登場


LGA1366最廉価モデルの販売が始まりました!

Gigabyteから「X58」採用LGA 1366対応マザーボードの新モデル「GA-EX58-UD3R」が発売された。Core i7対応マザーとしては最安モデルとなる製品だ。

この製品は、銅箔層を1オンスから2オンスへ増やす事により、電気抵抗を軽減させた“エコロジー”設計とする「UltraDurable3」を採用した「X58」シリーズの廉価モデル。Core i7シリーズ対応マザーボードとしては今のところ最安となるのが特徴だ。
 主なスペックは拡張スロットの構成が、PCI Express(2.0) x16×2、PCI Express x4×1(エッジフリー)、PCI Express x1×2、PCI×2でATI CrossFireXをサポート(NVIDIA SLIには非対応)。4本あるDDR3 DIMMはDDR3-800/1066/1333/2000(OC)、最大16GBまで搭載可能。
 オンボードインターフェイスは、Realtek/8111DによるギガビットイーサネットやRealtek/ALC888による8chサウンド、IEEE1394、Serial ATA II×8、IDE×1など。価格はクレバリーインターネット館で2万2979円、アークとツクモパソコン本店II、TSUKUMO eX.、フェイス本店、TWOTOP秋葉原本店、ドスパラ秋葉原本店、ZOA秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOPで2万2980円となっている。
ga1_c_640x480 ga2_c_640x480 ga3_c_640x480
http://ascii.jp/elem/000/000/200/200923/

Core i7(LGA1366)対応マザーとしては最廉価となるGIGABYTE製マザーボード「GA-EX58-UD3R」が発売開始となりました。

価格は23800円となっており、X58搭載マザーとしては最廉価となっています。

GIGABYTE独自の省電力機能のUltraDurable3を採用し、その他のスペックはメモリスロットが4本、PCIE*16スロットが2本となっており、SLIは非対応、CrossFire Xは対応との事。

X58搭載マザーでは約3万円が標準価格となっており、このマザーの登場でより安くCore i7環境が整えれるようになりそうですね。

GA-EX58-UD3R 
GA-EX58-UD3R
最安価格 22979円 08.12.27