GALAKURO GAMING GeForce RTX 3080 10GB「GG-RTX3080-E10GB/TP」の分解、熱伝導シート交換用まとめ

2022年11月27日

先日中古でGALAKURO GAMING製のGeForce RTX 3080 10GB「GG-RTX3080-E10GB/TP」を購入しましたので、オーバーホール(分解、清掃、整備)を行うために予習用のメモとして残します。

 

「GALAX GeForce RTX 3080 SG」、「KFA2 GeForce RTX 3080 SG」と同じ

日本国内ではGALAX × 玄人志向 = GALAKURO GAMINGとして展開が行われておりますが、海外では「GALAX GeForce RTX 3080 SG」「KFA2 GeForce RTX 3080 SG」で製品が展開されており、パッケージは異なるものの、本体はほぼ同じとみてよさそうです。

ということは分解周りも上記製品類と同じため、オーバーホールの手順もきっとあるはず。

 

 

 

熱伝導シートは2mmと3mmが必要

先人の知恵を拝借するとVRAM周り、ダイの背面側は2mmの熱伝導シートバックプレート用のは3mmとのことで、背面の貼り換えを考えなければ「2mmの熱伝導シートのみ」で何とかなりそうです。

 

 

2mm厚、3mm厚の熱伝導シート

お勧めは上記辺り。

VRAM周りだけ貼り変えるなら「2mmのみ」裏面のバックプレートも変えるなら「3mmも」といった形。

 

 

 

GPUクーラーの分解およびサーマルパッド貼り替え動画

GPUクーラーの分解およびサーマルパッドの貼り換えで参考になりそうな動画類を抜粋してみました。

これがあれば順番を間違えず、効率的に分解ができるはず。

 

 

 

銅ヒートシンク

広告

あくまで予想ですが形状的には「1mmのTypeB」「1mmのTypeD」が合いそう…。(一応上部メモリ横のコンデンサ除けも対応してます。)

この辺はすでに購入済みなので後程試そうかと思ってます。

 

 

 

GPUファン

GPUファンに関してはファンの型番が分からないため現状は保留。

次回自分の「GG-RTX3080-E10GB/TP」をバラした時に型番を控えておく予定。