AMD Ryzen 9 5950Xを今更購入しました #AMD #CPU #IYH

AMD Ryzen 9 5950Xを今更購入しました #AMD #CPU #IYH

先日からずっと悩み続けていたAMD製のSocket AM4用CPU「Ryzen 9 5950X」を購入しました。

 

NTT-X Storeでクーポン特価89,980円だった

NTT-X Storeで「Ryzen 9 5950X」104,800円からクーポン特価15,000円引き実質89,800円で、市場売価が104,800円前後なところから見ても「かなりお買い得な値付け」だった事が分かります。

しかし筆者は気づくことなく、フォロワーの方から「NTT-X Storeで安かったのに…」と言われてから見に行くと、完売の表示

やらかしました…。

 

 

 

悔しかったので最安の販売店を探す

悔しかったので「価格.com」で最安の販売店を漁ってみると、店頭では104,800円で販売されているものが何故か8万円台で購入できると気づく。

しかしよく考えてみると「Ryzen 9 5950X」今年の始まったころからずっと品薄で、並行輸入品が大量に出回っていたことを思い出す…。

 

 

 

価格.comでは安価な業者が連なっているが…

価格.comの価格順に並べてみると、9万円を割っている販売サイト系は殆ど「正規販売代理店品」といった記述はなく「並行輸入品(店舗独自保証)」だったり、何の記載も無かったりと、色々危なさそうな感じがしたので避けることに。

またそういったお店の多くは「銀行振込のみ、代引きのみ」といったところが多く、決済方法も非常に限られることが多かったので諦められる要因となりました。

 

 

 

正規販売代理店品となるとやはり10万コース

正規販売代理店品となるとやはり10万円コースとなり、並行輸入品か正規販売代理店品かで価格が2万円も変わるという驚きの状態に。

流石にこれほど価格差があると、並行輸入品に流れる人が増えそうな気が。(そもそも気付かず買っている人も多そうですが…)

 

 

 

Amazonでは保証が受けられるのは「正規取扱店の新品のみ」と記載あり

因みに「Amazon.co.jp」「Ryzen 9 5950X」販売ページでは最後の画像で「保証及びサポートの対象はAmazon.co.jpが販売または国内正規品取扱店が販売する新品商品のみとなります」と記載があり、色々と苦労した跡が伺えます

それだけマーケットプレイス等から並行輸入品を購入→問い合わせといったことが多かったのでしょう…。

 

 

 

5950Xの値下げの要因

「Ryzen 9 5950X」が安くなってる要因としては「3D V-Cache」対応版の5950X(性能15%アップ予定)が2022年前半に出てくるといった情報Intel 第12世代のAlder Lake対抗といった事もあり、今後も値段はより下がっていくものかと思います。

 

 

 

OCWORKSで奇跡の特価が

たまたま「安い5950X無いかなー」と探していたところ「OVERCLOCK WORKS」の特価で正規品の5950Xが83,000円という特価で販売されていたため、迷わず購入。

待った甲斐がありました。

 

 

 

但しOCWORKSは日曜は定休日で発送出来ず

但し「OVERCLOCK WORKS」「日曜、祝日、水曜日が定休日」となり「15時までの注文分は当日発送」それ以降は翌営業日扱いとなるため、休み明けの発送となりました。無念。

 

 

 

何はともあれ買えて良かった

発送は来週11/22(月)となりましたが、83,000円という特価で正規品が買えたのは大きかった。

これで「3D V-Cache」の対応版およびAlder LakeことCore i9-12900Kと比較できるよ、やったね!(遠い目)

雑談カテゴリの最新記事

Enable Notifications    OK No thanks