金土日限定、Lenovo製の超小型PC「ThinkCentre M75q-1 Tiny」が約3.21万で購入可、Ryzen 5 Pro 3400GE搭載でメモリやSSD、HDDの交換も容易 #Lenovo #NUC #特価 #AMD #Ryzen #自作PC

金土日限定、Lenovo製の超小型PC「ThinkCentre M75q-1 Tiny」が約3.21万で購入可、Ryzen 5 Pro 3400GE搭載でメモリやSSD、HDDの交換も容易 #Lenovo #NUC #特価 #AMD #Ryzen #自作PC

2019年9月に発表されたAMD製の第2世代CPU「Ryzen 5 Pro 3400GE(4C8T/3.3GHz)」を搭載したLenovo製の超小型PC「ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定パフォーマンス(11A4CTO1WW)」キーボード、マウスなど付属品を色々削ることで金土日限定で約3.21万円で購入できるとのことで詳細を調べてみました。

※2019年12月26日追記:商品が届いたためレビュー記事を追記しました。
※2020年6月追記:再度約3.5万から3.21万に値下げされました。
※2020年7月1日追記:
LINEショッピングの10%付与期間が2020年6月末迄→7月14日迄に延長されました。

 

 

本製品の購入をお考えの方へ

2019年12月26日に「ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定パフォーマンス(11A4CTO1WW)」が到着したため、レビューを投稿しております。

気になる方は一度上記記事をご確認ください。

 

 

 

仕様一覧

 

メーカーLenovo
型番11A4CTO1WW(価格.com限定パフォーマンス)
CPUAMD Ryzen 5 Pro 3400GE 3.3~4GHz(4C8T/4MB/12nm/第2世代Ryzen/VEGA)
※詳細
CPUファン搭載
グラフィックAMD Radeon VEGA 11 Graphics 1.3GHz/実行ユニット11基
チップセットAMD B300
RAMDDR4-2666(PC4-21300) SODIMM×2スロット(内1枚使用、1枚空き)
※最大32GB
HDD2.5インチスロット×1
SSDM.2 2242/2280スロット×1(NVMe/PCIe 3.0×4)
外部出力計:2系統
Display Port 1.2以降(4K@60Hz)×1ポート、HDMI 1.4a(4K@30Hz)×1ポート
※オプションでDisplay Port×1(+1,100円)、D-Sub×1(+2,200円)、HDMI×1(+1,100円)で追加可
シリアルポート※オプションでシリアルポート×1(+1,100円)で追加可
Wi-FiM.2 2230(オプションで追加可能)
※オプションで802.11 a/b/g/n/ac 2×2+BT(+4,400円)、Intel Wireless-AC 9260+BT5.0(+4,400円)で追加可能※Wi-Fiオプションを付けなかった場合アンテナは付属無し。
BluetoothWi-Fiオプションを選択した場合に追加可
有線LANRJ45×1ポート(10/100/1000Mbps Gigabit Ethenet)
OSWindows 10 Home 64bit
スピーカーモノラルスピーカー内蔵
VESAマウント100×100 or 75×75mm
サイズ幅:34.5 × 奥行:182 × 厚:179mm
重量約1.32g(最大構成時)
インターフェース本体前面:電源ボタン、LED、3.5mmマイク入力、3.5mmイヤホン出力、USB 3.1 Gen1 Type-C(5Gbps/最大4.5W給電)、USB 3.1 Gen1 Type-A(5Gbps/Powered USB・常時給電)
本体背面:角型電源、Display Port(バージョン不明(1.2以降)、4K 60Hz出力対応)
保証メーカー1年間保証
公式URLURL

 

2019年9月に発表された最新のAMD製CPU(APU)「Ryzen 5 Pro 3400GE 3.3~4GHz(4C8T)」、メモリの増設、交換に対応したDDR4-2666 SODIMM 8GB×1(スロット計2本、1本空)M.2 2242/2280対応スロット(NVMe/PCIe 3.0×4レーン)2.5インチHDDスロット無線LAN用M.2 2230スロットを搭載した超小型PCとなっており、ここまで性能の高いPCがキーボードやマウス等を削ることで約3.21万(税込、送料込)で購入出来るという恐ろしいコストパフォーマンスを誇る製品に仕上がっています。

 

 

 

 

前面、背面のI/Oポート回り。

ディスプレイ出力もHDMI 1.4×1(4K@30Hz)、Display Port 1.2以上×1(4K@60Hz対応)の計2系統に対応しており、必要十分。

オプションでD-Sub×1追加(+2,200円)、Display Port×1追加(+1,100円)、HDMI×1追加(+1,100円)も可能ですが、デフォルトで2系統(HDMI 1.4/DP 1.2以上)があることを考えれば要らないでしょう。

 

 

 

LINEショッピング経由で更に追加で最大10%のLINEポイントが貰える

2020年6月2日~7月14日迄ショップオープン記念として「期間限定LINEポイント10%還元」が行われております。
※2020年6月末から2020年7月14日迄延長になりました。

楽天リーベイツは購入するタイミングによってポイントが変動するため「急ぎで欲しい、還元額が多いのであればこちらで」という方は、10%還元「LINEショッピング」がお勧めです。

 

なお、得られたLINEポイントは店頭で「LINE Pay」「LINE上でスタンプ、音楽、書籍等の購入」に充てられるため、Rポイント(楽天ポイント)並みに利便性は高いかと思われます。

 

 

 

楽天リーベイツを経由で更に追加で3%~最大20%のRポイントが貰える

楽天IDをお持ちの方で「楽天リーベイツ」Lenovoショッピングのリンクを踏んでから購入することで3%~最大20%前後のRポイントバック(時期により変動)を受けることが可能です。

約3.5万円の3%(1,050P)~20%分(7,000P)のRポイントが返ってくる分は楽天市場や、楽天モバイル、楽天Edyや楽天Pay等で利用することが可能なため、登録しておいて損はないかと思います。

 

 

購入の方法としては上記リンクよりリーベイツ内のLenovo・ショッピングのリンクを踏んでから当記事内の「価格.com限定パフォーマンスモデル」から購入することでポイントをゲット予定のメールが来ておりました

参考にどうぞ。

 

 

 

金土日特価の約3.21万円に抑える方法

金土日特価の約3.21万に抑える方法としては「上記URL」から飛び、赤枠の「直販モデルを購入」をクリック。

 

 

 

価格.com限定パフォーマンスモデルのカスタマイズをクリック

「ThinkCentre M75q-1 Tiny:価格.com限定 パフォーマンス」の赤枠部分「カスタマイズ」を選択。

 

 

ここからは2パターンあるのですが、2パターン共に値段は同じのため「M.2 2242/NVMe/128GB SSD」にするか「2.5インチ/7mm厚/7200RPM/1TB HDD」するかはあなた次第。

 

 

 

1パターン目:「M.2 2242/NVMe/128GB SSD」

カスタマイズ可能項目より「1stハード・ディスク・ドライブ:なし(変更なし)」「M.2ストレージ・カード:128GB M.2 2242 NVMe:-12,100円(要変更)」とすることでSSDの容量を256GBから必要最低限の128GBに絞ります

「ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定パフォーマンス(11A4CTO1WW)」M.2 2242/2280、NVMe(PCIe 3.0×4)対応のスロットを備えているため、必要最低限で好きなカスタマイズをする方がコスパが良いです。
※但しM.2 2242(NVMe/PCIe3.0×4)のSSDは非常に珍しいため、ニッチな製品が欲しい方はそのまま256GBでも有りかも知れません。

 

 

 

2パターン目:「2.5インチ/7mm厚/7200RPM/1TB HDD」

カスタマイズ可能項目より「1st ハードディスクドライブ:なし→1TB ハードディスクドライブ/7200RPM/2.5インチ/7mm(要変更/+13,200円)」「M.2ストレージ・カード:なし(要変更/-25,300円)」とすることで、M.2 2242 128GBから2.5インチ/7mm厚/7200RPM/1TB HDDに変更することが可能です。

なお「1stハード・ディスク・ドライブ」を「1TBハードディスクドライブ/7200RPM/2.5インチ/7mm」に変更しない限り「M.2ストレージ・カード」で「なし」を選ぶ項目が出てこないためご注意を。

 

 

 

ワイヤレスLAN/Bluetooth

「ワイヤレスLAN/Bluetooth」オプションで取り付けなかった場合「アンテナが付属しない状態」となるため、無線LANで利用される予定の方は「インテルWireless-AC 9260+Bluetooth(+4,400円)」を選択されることを強くお勧めいたします。 >詳細レビュー記事

Intelではない方は恐らくQualcomm製と思われ、入手性が極めて良く、同じ値段ならばIntel製のものを選んでおく方が無難かと思われます。

 

 

 

キーボード、マウス、バーティカルスタンド、ツールレス(オープンシャーシ)を「なし」に変更

キーボード(-2,200円)、マウス(-1,100円)、バーティカルスタンド(-1,100円)、ツールレス(オープンシャーシ/-1,100円)をそれぞれ「なし」に変更します。

 

 

 

これらの変更で32,120円まで費用を圧縮可能

 

これまでの変更で上記の画像の通りSSD128GBのパターン1(左)1TB HDDのパターン2(右)共に「32,120円まで費用を圧縮可能」となっています。

 

 

 

 

ちょっと待って、オプション品も割と重要

「さぁ注文しよう」と思っている方、ちょっと待ってください

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」に付属しているオプション系を大量に外しているため、基本的にオプション系はCTO記載通りのもののみになっています。

その中でも「これは付けておいたほうが良いのでは?」と思えるものをピックアップしました。

 

 

 

無線LANはオプションで付けないとアンテナが付属しない

先ほども述べたように無線LANは「オプションを追加なしなければアンテナが付属しない」ため、無線LANで運用予定の場合は予め「インテル Wireless-AC 9260 + Bluetooth(+4,400円)」の追加をお勧めいたします。

詳しくは上記レビューの「M.2 無線LAN」の項目をご確認ください。

 

何故インテル製の方を選ぶのかというとメーカー名の記載のない「IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)2×2, Bluetooth(+4,400円)」の方はドライバーから察するに「Qualcomm Atheros製のものが採用される」ため「同じ値段払うのであればBluetooth 5.0の対応が確実なインテル製」という理由のため。

 

 

 

オプションの購入方法

オプションの追加は基本的なカスタマイズを終えた後、1枚目の「保守・保証」ページの右上にある「周辺機器」を押すと選択することができます

恐らくオプション品の名前を見ていると「あれ?これってCTO時のオプション(バーティカルスタンド、VESAブラケット等)なんじゃ…」と思った方は鋭い。

Lenovoサポートの方に電話で問い合わせたところ「周辺機器のタブで選べるオプション類は同時購入してもらうために割引で購入できるオプションとなっており、CTO時のカスタマイズより割安でお選びいただけます」との事。

「あれ、それじゃCTO時に選んだら損なんじゃ…?」と思わなくはないのですが、この点にだけは注意

 

 

因みに筆者は以下で紹介している「ThinkCentre Tiny用ACアダプター パワーケージ(4XH0N23158/+940円)」「ThinkCentre Tiny VESA マウントブラケット 2(4XF0N03161/+1,253円)」をセットで購入しました。

 

ThinkCentre Tiny バーティカルスタンド3(+626円)

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」縦置きするための台座です。

本来は1,000円前後の商品ですが同時購入の場合は+626円で購入が可能となっており、机の上に置いて利用する場合は邪魔になりにくいよう縦置き用スタンド「バーティカルスタンド3(4XF0N03160)」があると便利です。

 

ThinkCentre Tiny用ACアダプター パワーケージ(+940円)

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」ディスプレイの背面(VESA)にACアダプタを取り付ける金具です。

本来は1,500円前後の商品ですが、同時購入の場合+940円で購入が可能となっており、「机の上にPC、ACアダプタ類を置きたくない」といった需要に向けた製品で、次に紹介する「ThinkCentre Tiny VESAマウントブラケット2」とセットで利用する商品となります。

 

ThinkCentre Tiny VESA マウントブラケット 2(+1,253円)

本来は2,000円前後の商品ですが、同時購入の場合+1,253円で購入が可能となっており、「机の上にPC、ACアダプタ類を置きたくない」といった需要に向けた製品で、1つ前に紹介した「ThinkCentre Tiny用ACアダプター パワーケージ(4XH0N23158/+940円)」とセットで利用する商品となります。

 

 

 

ACアダプターパワーケージとVESAマウントブラケットの組み合わせでVESAマウントにPC、ACアダプタを固定可能

「ThinkCentre Tiny用ACアダプター パワーケージ(4XH0N23158/+940円)」「ThinkCentre Tiny VESA マウントブラケット 2(4XF0N03161/+1,253円)」を組み合わせることで、VESAマウントにPC、ACアダプタを固定することで「机の上にPC、ACアダプタ等を置く必要がない状態」を作り出すことが可能。

コンパクト且つ邪魔にならないPCサイズ(幅:34.5 × 奥行:182 × 厚:179mm)のため、ディスプレイ裏のVESAアームの裏に取り付けておけば、より便利に使えること間違いなしです。

 

 

 

メモリが8GBでも自分で増設、交換すればOK

今回の条件では「メモリが8GB×1(空きスロット×1)」となっており、やや心もとない状況ですが「自分で増設、交換」することが可能なため、必要に応じて買い足しましょう

購入すべきメモリは「DDR4-2666以上のSODIMM(PC4-21300)」となっており、8GBが1枚刺さっている状況なので8GB×1枚を買い足す(計16GB)か、付属している分を処分 or 保管して16GB×2(計32GB)、はたまた32GB×2(計64GB、最大32GB迄と表記があるため動作保証対象外)といった選択肢もアリでしょう。

 

ちょうどCFD販売取扱のCrucial DDR4-3200 SODIMMが複数のバリエーション(8GB×18GB×216GB×116GB×2)で販売されているため、こちらを購入しておくのが良さそうです。

メモリクロックは基本的に低い方に自動的に下げられるため、DDR4-3200のメモリでもDDR4-2933、もしくはDDR4-2666にダウンクロックされるため安心です。

 

 

因みに「ThinkCentre M75q-1 Tiny」に搭載しているCPUの仕様はAMDのサイト上では「DDR4-2933」となっているようですが、Lenovoのスペック表を確認していると「DDR4-2666」と表記があるため、BIOS等によってクロックダウンが行われている可能性があります

 

 

 

SSD 128GB or HDD 1TBでも自分で増設、交換すればOK

今回の条件では「M.2 2242 128GB(NVMe/PCIe 3.0×4)」 or 「2.5インチ/7mm厚/7200RPM/1TB」となっており、容量、パフォーマンス的にやや心もとない状況です。しかし「自分で増設、交換」することが可能なため、必要に応じて買い足しましょう

SSDに関しては以前NAND偽装問題の件もあったため、NANDを製造しているIntelSamsungMicron(Crucial)Western Digital(SanDisk)SKHynix(KLEVV)等の製品をお勧めします。

HDDに関してはTOSHIBA(東芝)Wewstern DigitalSeagate等がお勧めです。

 

 

 

本製品の購入をお考えの方へ

2019年12月26日に「ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定パフォーマンス(11A4CTO1WW)」が到着したため、レビューを投稿しております。

気になる方は一度上記記事をご確認ください。

 

 

購入は以下より

特価カテゴリの最新記事