Huawei P10 Plusの赤外線センサーを内蔵アプリ「スマートリモコン」を使って家電機器を操作する #Huawei #P10Plus #Huaweiタッチアンドトライ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日Huawei P10 Plusのタッチアンドトライイベントに参加し、P10 Plusの国内版「VKY-L29」を短期間ながらお借りすることが出来たため、赤外線機能を用いた家電操作を行ってみました。

 

 

家電操作は内蔵アプリ「スマートリモコン」を利用

P10 Plusのみに搭載されている赤外線センサーですが、内蔵のアプリ「スマートリモコン」を起動することで家電類の操作が行えます。

 

 

 

 

操作家電のジャンルを選択

初めに操作したい家電のジャンルを選択します。

今回はPanasonic製のエアコンとなるため「エアコン」をタップ。

 

 

 

 

メーカーを選択

次にメーカーを選択します。

今回はPanasonic製となるため「Pana」で検索すると「Panasonic」が出てきました

 

 

 

 

エアコンが動くかどうかチェック

 

メーカーを選択後、実際に動くかどうかチェックするため「モード→電源」とボタンを押してチェックします。

この際に動かなかった場合は別のプリセットで動作するようプログラムされており、動くまで表示に従い「いいえ、はい」から選択していきましょう。

なお筆者の場合は1回で動作したため、すんなりと設定をすることが出来ました。

 

 

 

 

プリセットの名前を付ける

筆者の場合はPanasonic製のエアコンだったため自動的に「エアコン : Panasonic」という名前が振られておりました。

複数の部屋のエアコンや機器類を操作する場合は名前を付けておくと分かりやすいでしょう。

 

 

 

 

エアコンのモード設定

エアコンで利用できる機能としては「電源ON/OFF、モード切替(冷房/除湿/暖房)、温度設定(1度単位)、風量(弱/中/強)、風向き(5段階)、スイング(設定変更不可)」でした。

必要最低限の冷暖房/除湿切替、温度設定、風向きの設定が可能なため十分と言えそうです。

 

 

 

エアコンのリモコンをなくしてしまった時、探すのが面倒な時、動かずに設定を変更したい際には十分利用できるプリインストールアプリだと思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください