Zotac Z68ITX-B-EでMainを組み直す

2011年7月8日

昨日日本橋に行った際にZotac Z68ITX-B-Eを購入してみたので本日Main PCに組み込み。

image

ZOTAC Z68ITX-B-E

どうせゲームも最近ではやる事が少なくなったので省電力、かつ安価に組むようにしました。

 

CPU:Intel Pentium G620 2.6GHz(2C2T)
Mem:UMAX DDR3-1333 SO-DIMM CL9 4GB×2
HDD C:Corsair F80 80GB
HDD D:WesternDigital WD10EADS 1TB
Drive:Pionneer DVR-S15J
M/B:Zotac Z68ITX-B-E
GPU:GeForce GT430 1GB & Intel HD 2000
PSU:ENERMAX EPG600AWT 600W
Sound:SoundBlaster X-Fi Titanium Professional Audio
Case:Lianli

 

結果的に安価に?という所にクエスチョンマークが浮かびますが、納得の行くPCが完成したので満足。

DSCF8176

 

 

消費電力も色々なアプリを立ち上げていてもたったの49W。

DSCF8178

いつぞやの暴走していたXeon E5620×2 + Radeon HD 5970のアイドル350Wが嘘のようです。

 

 

 

Lucid社のVirtuを使うことによりPentium G620に搭載されているHD 2000とGT430を切り替えすることが出来るので、ノートっぽい使い方が出来て楽しい。

PentiumG620_2.6GHz_GT430_and_HD2000_Virtu

昔あったGPUとIGPの切り替えで画面が一瞬暗転するということは無いので安心して利用出来る。

ただしソフトウェア制御なので面倒。

image

ZOTAC Z68ITX-B-E