MSIからX58対応廉価マザーが2月発売予定

エムエスアイコンピュータージャパン株式会社(東京都台東区 代表取締役: 鄭 志明)は、Intel X58 Express+ICH10Rチップセット搭載のATXマザーボード、「X58 Pro」を2月中旬発売を開始する。市場想定売価は税込23,000円前後。

 効率低発熱「DrMOS」チップ搭載電源回路採用のATXマザーボードで、動作チェック時などに便利な「Power」「Reset」「Clear CMOS」の各スイッチをボード上に装備。手軽にOC設定が可能なディップスイッチ「Easy OC Switch」が搭載される他、電源回路の動作フェーズ数コントロールや電力消費量、変換効率などの監視がリアルタイムで可能なDual CoreCenterの新機能 「GreenPower Center」に対応。
 またオール固体電解コンデンサや全チョークコイルによるノイズの漏れを大幅に低減したシールドタイプを採用、MSIの独自仕様が随所に装備されている。その他仕様は以下通り。

x5820pro_l

http://www.gdm.or.jp/pressrelease/200902/09020201.html

MSIからX58対応の廉価マザー「X58 Pro」が発表となりました。

今までのX58対応の最廉価マザーボードはGIGABYTEのGA-EX58-UD4でしたが、このマザーボードの登場でよりX58の廉価マザーが増えてきそうな感じですね。

発売日は2月中旬を予定していて予価は約2.3万円との事。

最近ではDDR3のトリプルチャンネルセットがかなり安くなっているので、Core i7セットが約6万円程度で揃えれそうですね。

Core i7 920 BOX
Core i7 920 BOX
最安価格 27590円 09.02.02

見つけてはイケナイ物

ここ最近フィギュア関係手を出してないけど出してしまいそうなブツを見つけてしまった・・・

コトブキヤ・香姫フィギュア発売 「鎧+幼女 最強!」 – オタロードBlog from.せなか

部屋に置いてたら確実にディ・・・殺されるから買おうにも微妙ってライン。

でも約7000円か

悪くない。

 

これ買ったら夜明けなMCの予約料金(約1万)やメイン復旧代(多分4万ぐらい)が疎かになるとさらに微妙。

 

しかし・・・良い物だ。

サーバーの攻撃が多い

ここ最近FTPサーバーに対する攻撃が増えてるみたいです。

殆どと言うか、全てが海外からの不正アクセスでAdministrator権限を駆使して入り込もうとしているようですが、うちのサーバーにはAdmin権限は実は無かったりします(^^;;

第一、攻撃されやすいアカウント名にAdmin権限与えるとか論外ですしね(笑)

攻撃しているIPを以下に記載。

62.112.140.81

もうちょっとあったけどログが凄い数になってて、ある程度消えていたので残念。

↑のIPググったらこんな感じで

Who isで調べてみるとこんな感じ。

ロボットの割にはAdmin権限でログインしようとするとはタダ者じゃねぇ・・・(笑)

 

あ、ちなみにこのIPアドレスについては既にアク禁しちゃったのでもうログインする事も出来なくしておきました(^^;;

RadeonをプライマリとしたSLI PhysXは有効にならない

Mirror’s EdgeをPhysXを利用した環境でプレイしたいと思い、あれこれ現在のPCの構成を変えてやってみようと思っていたんですが、ASCIIを見る限り

「RadeonをプライマリとしたSLI PhysXは有効にならない」

と言う訳でまぁ・・・Xbox360で体験版遊んだからもういいや的雰囲気。

RadeonをプライマリにしてPhysXボードをスレイブにしてPhysXを利用するというのはnVidia的には気に入らなかったのかな?


個人的に4870X2で描画、9800GTX+でPhysX専用と言うのをやってみたかったんですが・・・非常に残念。

正直↑のような願いを叶えてくれるのが良いメーカーと言えそうなんですけど期待した私が馬鹿だったみたいですね(。´Д⊂)
歴代ビデオカード比較 2008年エントリーミドル編

2月7日に低電圧版Core2 Qsシリーズが登場予定

「Q9650でよくね?」(1/31) —某ショップ店員談
 来週末2/7(土)に発売となりそうなTDP65Wの低電圧版「Core 2 Quad Q9550s/Q9400s/Q8200s」の予価。Q9550sで約\39,000、Q9400sで約\33,000、Q8200sで約\25,000程度となるようだ。

http://www.gdm.or.jp/voices_index.html#09013101

約半月程度発売が遅れているIntelの低電圧版Quad sシリーズですが、今月の2月7日に発売予定だそうです。

予価は以下の通り。

・Core2 Quad Q9550s 2.83GHz 39000円
・Core2 Quad Q94000s 2.66GHz 33000円
・Core2 Quad Q8200s 2.33GHz 25000円

Core2 Quad sシリーズの発売に先駆けて現行のQuadの95Wが大幅な値下がりを見せたお陰で、低電圧版のモデルが全て超がつきそうなプレミア価格になってます・・・。

上位モデルのQ9550 sやQ9400 sについては大幅な消費電力の削減が目立つようですが、Q8200 sについては95W版のQ8200と消費電力が変わらなかったようなので購入時は少し注意が必要かもしれませんね(^^;;
Core 2 Quad Q9650 BOX
Core 2 Quad Q9650 BOX
最安価格 31250円 09.02.01

アンバークオーツ2周目終了

購入してから約1週間ぐらい?

やっと智√とサリナ√終了。

一番やりたいなゆた√にたどり着けない・・・。

一番最初の選択肢的に出来るだけなゆた√へ行こうとしたんだけども意味不明に智√へ突入・・・。

・・・このまま・・・積みになるかもしれない\(^o^)/

アンバークオーツ以外にもいろいろ積んでまして最近やり始めたのがカルタグラ

ストーリー重視、絵の綺麗さ重視の私にとっては大満足です、ええ。

廉価版も出ていることですし興味のある方はAmazonとかで調べてみればすぐ出ると思います。

確か廉価版なら4000円台で購入できるのでお勧めですね。

とりあえず今攻略中は「アンバークオーツ」「カルタグラ」「空を飛ぶ3つの方法」「天巫女姫」。

正直カルタグラに力を入れすぎてかなり前からやってる「空を飛ぶ3つの方法」と「天巫女姫」が放置気味なのはナイショ。

Intel製SSDの64GBモデルが2月中旬発売予定

「欲しい……けど高い」(1/30) —某ショップ店員談
 SLC採用のIntel製2.5インチSerial ATA対応SSD「
X25-E Extreme SATA SSD」(read:250MB/s,write:170MB/s)の64GBモデル「SSDSA2SH064G1」が、2月中旬に発売予定とのこと。価格は約\100,000程度になりそう。

 http://www.gdm.or.jp/voices_index.html#09013001

 

Intel製SSDの「X25-E Extreme SATA SSD」が2月中旬に発売予定との事。

SLC採用で容量は64GB、R:250MB/s、W:170MB/sとなる様で予価は10万円との事。
X25-E Extreme SSDSA2SH032G1C5 (SSDSA2SH032G1)
X25-E Extreme SSDSA2SH032G1C5 (SSDSA2SH032G1)
最安価格 41979円 09.01.31

Catalystの最新版9.1がダウンロード開始

ATi、AMD製グラフィックカード用のグラフィックドライバの最新版「Catalyst 9.1」が公開開始となりました。

ダウンロードする方はコチラから。

http://ati.amd.com/support/driver.html

今回のCatalyst 9.1ではVer 8.12で起こっていたRadeon HD 3870シリーズを使用していてメモリが4GB以上でOSが64Bit環境下の場合インストールが失敗するという件が修正されたものとなっているようですね。

これでようやく全ユーザー安心にアップデート出来そうですね。


ATLANTIS RADEON HD 4870 512MB PCI-E オリジナルファンモデル BOX
最安価格 25709円 09.01.31

全入りのMini-ITXマザーボードが発売予定

「コレ、いいかも」(1/29) —某ショップ店員談
 ZOTAC製のLGA775対応マザーボード
「GeForce 9300-ITX WiFi」(型番:GF9300-D-E)。mini-ITXフォームファクタでチップセットに「GeForce 9300」を採用。VGA/DVI/HDMIを備えPCI Express x16スロットを1本搭載する。発売は2月中旬ころ。価格は約\20,000程度になりそうだ。

090129voicesl

http://www.gdm.or.jp/voices_index.html#09012901

ZOTAC製のMini-ITXマザーボードが2月中旬ごろに予定されているようです。

仕様はGeForce 9300を搭載しPCIE*16スロットを備え、メモリスロット*2、eSATA*1、SATAポート*2、無線LAN装備。

Mini-ITX搭載マザーではメモリスロットが1スロットやSATAポートがたった2個しかなかったりなど制限が多かったですが、このマザーボードならグラフィックボードも追加できますし、SATAも3個ある事ですし拡張性の優れたマザーボードとなりそうです。

予価は約2万円と高価ですが、拡張性が欲しい方にはなかなかよさそうなマザーではないでしょうか。

nForce 630i-ITX WiFi (NF630I-F-E)
nForce 630i-ITX WiFi (NF630I-F-E)
最安価格 11770円 09.01.31