NVIDIA RTX A2000のロープロファイルブラケットをフルハイトPCIブラケットに交換する #NVIDIA #RTXA2000 #A2000

NVIDIA RTX A2000のロープロファイルブラケットをフルハイトPCIブラケットに交換する #NVIDIA #RTXA2000 #A2000

先日NVIDIA製のグラフィックカード「RTX A2000 6GBモデル」を入手する機会があったため元から取付けされている「ロープロファイルブラケット」を「フルハイトPCIブラケット」に交換する方法を簡単に記載しておきます。

 

RTX A2000には2種類のブラケットが付属

「RTX A2000 6GBモデル」には「ロープロファイルブラケット(製品取付済)」「フルハイトPCIブラケット」の2種類が付属しており、必要に応じてトルクスネジ計4個を外して交換することが可能です。

 

 

ブラケット交換にあたって用意するもの

初めにブラケットの交換にあたって「トルクスネジ(T5、T7)」がある精密ドライバーセットが必要です。

こだわりが無ければ安価な中華製の製品類でも十分使えるため、必要に応じてご購入を。

割とPC系でも利用する機会が多いため、持っておいて損はありません。

 

 

 

フルハイトPCIブラケットに交換する

「RTX A2000 6GBモデル」のブラケットの交換は「背面の基板側にあるトルクスネジ(T5)が2本」から外していきます。

 

 

続いて「ディスプレイ出力側にあるトルクスネジ(T7)が2本」を外します。

何気にトルクスの種類が異なっているのが面倒くさいところ。

 

ブラケットはネジ計4本さえ外せば簡単に取れるはず

ブラケット奥には2スロット厚のヒートシンクがぎっしり。

 

 

 

フルハイトPCIブラケットの取付

ブラケットを取り外した逆の手順で元に戻すのみ

元々ロープロファイルブラケット用のMini-DP×4ポートとなっているため、フルハイトPCIブラケットに変えると違和感しか無い。

 

以上で終わりです。お疲れ様でした。

 

 

購入は以下より

適当な解説カテゴリの最新記事

Enable Notifications    OK No thanks