Amazonから身に覚えのない「代引き」の荷物が届きそうになった話 #Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本日Amazonから身に覚えのない荷物が筆者のもとに届きそうになったので、備忘録として残しておきます。

 

 

事の発端

2018年10月28日(日曜)13時頃にヤマト運輸の方から「〇〇〇〇さん宛の代引きの荷物が宛先不明になっとるんですがー」と連絡あり。

日頃からAmazonは良く利用しているものの、手数料が取られる「代引き」なんて利用するはずがなく「おかしい」と感じ、ヤマト運輸の方に「どういった記載がありますか?」と確認した所「名前フルネーム、電話番号、Amazonの荷物」のみしか記載されていないと。

更に宛先不明の荷物は、筆者が住んでいる地域とは全く別の所に配達されているらしく「転送不可」との事でした。

そのため「転送する場合は一度Amazon側に問い合わせてほしい」と言われ、Amazonカスタマーサポートに電話で連絡する事となりました。

 

 

 

 

Amazon側へ問い合わせ

Amazonカスタマーサポートの電話にて連絡すると、日本語を流暢に話す外人の方が対応して下さり「メールアドレス、住所、名前等のアカウント情報」で本人確認を行った後「配送途中の商品はどのようなものなのか?」と聞いてみた所「配達中の荷物はプライバシー保護のため公開することができません」との事でした。

その後1分間ほど保留にされ、専用の窓口に案内。今回は日本人の方が対応となり「ヤマトの問い合わせ番号から筆者のAmazonアカウントを確認した所、確かに発注された履歴はありません」と。

もしかしたらどなたかが筆者宛にAmazonのギフト発送の可能性も有る(まず住所が間違えてる時点であり得ないが)ため、「せめて商品名、ジャンルだけでも教えて欲しい」と担当者に聞いてみた所「タオル」との事でした。

 

この時点で「あ、私宛のモノではないな」と確信出来たため、担当者に「身に覚えのない注文であり、発注したことも有りません」と伝えると「でしたらヤマト側にこちらから連絡は行っておくので、受け取り拒否で処理しておきます。ご迷惑をお掛け致しました。また同じような事件が発生した場合はこちらにお問い合わせください。」との事で、解決いたしました。

 

 

 

 

身に覚えのないAmazonの「代引き発送」にはご注意を

今回起きた事件の原因は分からなかったものの、個人情報「本名(フルネーム)、電話番号」どこかから漏れて、悪用されているような気がします

何故住所が違っていたのか、何故代引きだったのか(事後決済で足がつきにくいから?)分かりませんが、同様の事件が起こらないよう祈っています。

 

 

Amazon.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください