GALAXY Note 8からGALAXY S8に移行して気づいたこと #Samsung #GALAXY #Note8 #S8 #SC02J #SC01K

NO IMAGE

2018年8月9日にGALAXY Note 9がアメリカで発表される予定のため、それに備えGALAXY Note 8を手放し国内版のGALAXY S8を繋ぎで利用することにしました。

 

 

RAMが6GBから4GBへ大幅減

Note 8はRAMが6GB、S8はRAM 4GBとなっており、単純計算で2GBも減少しています。

この影響は非常に大きく、RAM 6GBでしたらPokemon Go+Ingress+Chrome+他アプリ1個を常駐させていてもタスクキルされることは無かったのですが、RAM 4GBだとPokemon Go+Ingressで既にしんどく、5分ほどPokemon Go+Ingressのどちらかをアクティブにしていると片方が落ちてしまっていることもありました

起動できるアプリの数=RAM容量の多さとなるため、私の使い方では「RAM 6GBが最低限」となりそうな気がします。

 

 

 

 

TPUケースの影響で熱ダレが大きい

GALAXY S8(5.8インチ)は筐体がS8+(6.2インチ)、Note 8(6.3インチ)に比べて本体がコンパクトになっているため、排熱の処理に余裕がないのか、TPUケースを付けているとかなり熱ダレをする印象です。

尤も2018年の夏は異常気象の影響で気温が40度にも迫る勢いの中、GPS、2D/3Dを酷使するゲーム類(Pokemon Go/Ingress)をプレイすると当然「負荷時にコマ落ち」が多数見られ、ストレスの溜まる動きが多々ありました

しかしS8+(SM-G9550)やNote 8(SM-N9500)ではそう言った不安定な動作が見られなかったため、S8(国内版)の何らかの制御か、熱ダレによる影響が大きいのでは?と感じずにはいられません。

勿論S8+/Note 8にもTPUケースを取り付けており、ほぼ同条件でした。

 

 

 

 

バッテリーの持ちがともかく悪い

GALAXY S7 edge(SC-02H)やS8+(SM-G9550)、Note 8(SM-N9500)と比べるとS8は今までで一番バッテリー持ちが悪くバッテリーが減っていく様子がかなり気になります

わかりやすくまとめると「S7e>>S8+>>Note 8>>S8」といった次第。

本体サイズ、バッテリー容量のバランスを考えれば当然の結果とも言えますが、やはりNote 8相当の持ちは最低限欲しいなと。

 

 

 

 

Felica搭載のためモバイルSuicaが使える

当然のことですが、国内版のS8はおサイフケータイ(Felica)、NFCが両搭載されているためモバイルSuica等の全てのサービスが利用可能です。

iPhone 7も手放してしまい、モバイルSuicaが利用できない状況だけに助かりました。

 

 

 

 

横幅減で持ちやすいものの、マルチウィンドウ時には物足りなく感じる

端末/項目ディスプレイ横(幅)厚さ重さURL
Feel4.7inch138678.3149URL
S7e5.5inch151737.7158URL
S85.8inch149688.0150URL
S8+6.2inch160738.1173
XZ Premium5.5inch156777.9191URL
Note86.3inch163758.6190URL

 

S8+やNote 8と比べると縦幅が11mm~13mm長く横幅が-5mm~7mm短いため小柄な手の方にはS8が大変持ちやすく感じられました

しかし小型となっている分マルチウィンドウ時に表示領域が小さくなってしまうため、その点はトレードオフでしょう。

 

 

 

 

小型モデルにもRAM 6GBの選択肢が欲しい

GALAXY S9シリーズでもS9はRAM 4GB、S9+はRAM 6GBと差別化が行われており、小型モデルにRAM 6GB化の波はまだ来ていません

本体価格は2018年8月5日現在S9(SC-02K)一括99,792円S9+(SC-03K)111,456円差額は11,664円となっており、桁が増えてしまっているため差額は大きいように見えますが、実はそこまで差がありません。(尤も9.9万だろうが11万だろうが「高い」というのには変わりはありませんが)

是非とも次回のGALAXY S10シリーズからは小型のS10にRAM 6GB or 8GBモデルを用意していただきたいですね。

雑談カテゴリの最新記事