Samsung GALAXY Note8 SM-N9500 ファーストインプレッション #Samsung #Note8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日Samsung Galaxy Note 8 香港版 128GB(SM-N9500)を購入したため、ファーストインプレッションとして簡単にレビューを行っていこうかと思います。

 

 

サイズ感

 

左:GALAXY Feel(SC-04J)
真ん中:S7 Active(SM-G891A)
右:Note8(SM-N9500)

 

端末/項目ディスプレイ横(幅)厚さ重さURL
Feel4.7inch138678.3149URL
S7e5.5inch151737.7158URL
S85.8inch149688.0150URL
S8+6.2inch160738.1173
XZ Premium5.5inch156777.9191URL
Note86.3inch163758.6190URL

S8+と比較すると縦、横にデカく、そして半端なく重い(S8+に更に19g増)です。

両手で使う前提のサイズ、重さである為、片手で使っていると落としそうになるのと重さで疲れが溜まりやすいです。

 

重量的にSONY Xperia XZ Premiumより1g軽く、縦も大きくなっているため重さを体感してみたい方は店頭でXZ Premiumを持ってみると分かりやすいかと思います。

 

 

 

 

「Deepsea Blue」が美しい

 

今回は国内版では販売予定のない青色の「Deepsea Blue」を選んでみました。

※国内キャリア向けはミッドナイトブラック(黒色)、メープルゴールド(金色)のみ

 

 

 

S8+の青色「Coral Blue」に比べると深みのある青となっており、全体的にメタリックさがなくなりました

 

 

 

但し相変わらず側面の高級感はなく、プラスチックのような質感で、メタリック塗装をしたプラスチック感丸出しです。

 

 

  

電源ボタン周りはまだ高級感があるのですが…。

 

 

 

 

指紋センサーはもはや使わない

指紋センサーはS8+同様にカメラ横に位置しており、分厚めのTPUケースを取り付けているととても触りにくいです。

正直なところ虹彩認証もしくは顔認証がメインとなる筈なので、使うことはほぼ無いでしょう。

その顔認証も周囲が暗くなると使い物にならなくなってしまうのがネックですが…。(そしてパターン認証になる)

 

 

 

 

ネットワーク周り

S8+香港版(SM-G9550)と同じSoC、同じ地域のものである為ネットワーク周りの仕様は同一「FDD-LTE B1/B3/B19」の接続を確認。

CAは「B1+B3のみ」となり、VoLTEはキャリアによって判別している為か当方が所持するSIMカードではVoLTEを有効化することは出来ませんでした

 

 

 

 

 

CMOSイメージセンサー

場所センサー名
リアSONY IMX333
フロントSONY IMX320

当方が購入した個体はリア、フロントともにSONY製のIMXとなっており、リアが「IMX333」フロントが「IMX320」でした。

台湾版を購入した某氏によるとリア、フロントともにSLSI製(Samsung)リアが「SLSI_S5K2L2_FIMC_IS」フロントが「SLSI_S5K3H1_FIMC_IS」だったとのこと。

 

 

 

 

UFS 2.1のパフォーマンス

 

左:GALAXY Feel(SC-04J)
右:GALAXY Note 8(SM-N9500)

 

Feel(SC-04J)Note8(SM-N9500)
eMMCeMMCUFS 2.1
SeQ Read219.0717.07
SeQ Write60.88181.41
Random Read22.68/5807..23122.97/31482.81
Random Write9.28/2377.9422.32/5714.96
SQLite Insert660.55/3.131343.86/1.52
SQLite Update812.12/2.522009.52/1.01
SQLite Delite1130.58/1.832819.41/0.73

 

中身が同じS8+香港版(SM-G9550)と比較してもアレなので、手元にあったFeel(SC-04J)と比較してみました。

流石にeMMC VS UFS 2.1となるためパフォーマンス差が顕著に現れており、SeQ Readで3.2倍高速、SeQ Writeで2.9倍高速非常に高速なパフォーマンスとなっています。

 

 

バッテリーの持ちについて

端末/項目ディスプレイバッテリー容量重さURL
S7e5.5inch3600mAh158URL
S85.8inch3000mAh150URL
S8+6.2inch3500mAh155URL
Note86.3inch3300mAh195URL

 

S8+から比べると画面サイズが0.1サイズ大きくなり、S-Penを搭載した為かバッテリー容量が3500mAhから3300mAhへと少なくなってしまっています。

その影響か、バッテリー持ちはS8+に比べると非常に悪く感じられます

S8+との重量差40g、バッテリー持ちを考えると、S8+がバランスの取れたスペックに落ち着いているように思えます。

 

 

 

 

購入できるお店一覧

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 通りすがり より:

    最初の表のS8+、
    縦  横 厚さ 重さ
    148.9 68.1 8.0 155
    とありますが公称値だと
    159.5 73.4 8.1 173
    となっています。

    1. sirakawakuu より:

      コメント有難うございます。先程国内版が発表されたことも有り表を修正させていただきました。ご指摘に感謝致します。

  2. wakana より:

    はじめまして。

    sm-n9500の256GBを使いたいのですが、auのSiMカードを使う事は可能でしょうか?
    また、可能な場合、au ID card番号が何番等、ご存知でしょうか?
    よろしくお願いします。

    1. sirakawakuu より:

      wakana様、コメント有難う御座います。海外向けの機種でau VoLTE系のSIMが使える製品は恐らく殆どないかと思われますので、使用できるのは「非VoLTE SIM(au 6番黒)」かと思われます。

      実際同じSoCのS8+(SM-G9550)で上記「非VoLTE SIM(au 6番黒)」が利用できていたため、参考になれば幸いです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください