作業用にPanasonic Let’s note LX3を購入しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

世界最軽量の14型 LX3シリーズ誕生! モバイルノートパソコン Let’snote 法人向け秋冬モデルを発売 – Panasonic 公式

今更感がありますが、Panasonic製のノートPC「Let’s note LX3」を購入しました。

 

 

購入動機としては単に「ジャンクで安かった」というのもありますが、Haswell Core i5、14インチHD+解像度、タッチ無し、Lバッテリーモデルで、使用期間もBIOSから確認した限り短かった為、作業用にと思い購入。

 

実はLet’s note LX3を購入する前にもVAIO Pro 11(Corei5/8GB/256GBモデル)を購入していたのですが、タッチパッドがあまりにも酷く、11.6インチフルHDをDPI 100%で使うと割と目が疲れてしまっていた為、結局LX3に買い換えに至りました。

 

 

LX3ではLet’s note系に多い「円形タッチパッド」ではない所が残念ですが、VAIO Pro 11とは異なり「左右のボタンが分かれている」為、マウスがない場合でも作業がしやすいです。

 

 

キーピッチも以前使っていた東芝製のdynabook VZ72/Bに比べると「ほぼ等幅」となっており、打ち間違いも少なくなりました。

 

 

無駄に光学ドライブ(DVDスーパーマルチ)も付いているので、CDのインポート作業や、現場でCD、DVDのメディアを焼けるのは強み。

 

円形タッチパッドではないのが若干慣れが必要そうですが、VAIO Pro 11のタッチパッドに比べればまだまだマシだと思うので、頑張って慣れていきたいところです。

問題はLバッテリーの影響で重量が約1.4kgとなるので、持ち運びに適さないところですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください