8インチWindows10、Android 5.1デュアルブート可能なタブレットPC「CUBE iWork 8 Air」のWindows環境をチェックする

8インチWindows10、Android 5.1デュアルブート可能なタブレットPC「CUBE iWork 8 Air」のWindows環境をチェックする

CUBE iWork8 Air Tablet PC  -  WHITE – GEARBEST

GEARBESTで取り扱われている格安Win10、Android 5.1デュアルブート可能なタブレットPC「CUBE iWork 8 Air」をご提供いただいたため、前回の外観レビューに引き続きWindows環境をチェックしていく。

 

 

8インチWindows10、Android 5.1デュアルブート可能なタブレットPC「CUBE iWork 8 Air」の外観をチェックする – Re;con-ReviewDays

外観レビューやスペック類などは上記記事にて公開中だ。初めにそちらをご覧頂きたい。

 

 

 

 

Windows/Android両対応

DSC00373

「CUBE iWork 8 Air」の一番の特徴としてはWindows10 Home 64bit、Android 5.1両対応の点が挙げられる。

実際の切り替えは両OS上から切り替えが可能で、電源を切った状態ではブート画面が約10秒間表示され、タッチで選択する形となる。

 

 

iwork8air_win10_android_kirikae

Windows上からAndroidへの切り替えはタスクバーに搭載されている赤い三角のアイコン「Switch to Android」から行う。

「Switch to Android」を押したあとWindowsがシャットダウン後Androidが立ち上がる形式となるため、実質再起動と変わらない

 

 

CUBE iWork 8 Air Windows10からAndroid切り替え – YouTube

Windows→Androidの切り替えを撮影した。

切替時にはWindowsがシャットダウン後、再起動でAndroidが自動的に立ち上がる仕様となるため、起動時間は約68秒スムーズに切り替えとは言いがたい

 

 

 

 

OSに関して

iwork8air_windows10_01

「CUBE iWork 8 Air」にプリインストールされているOSは「Windows 10 Home 64bit Build1511」となっており、64bit化されていた。

 

 

iwork8air_windows10_02

元からプリインストールされているBuildは1511となっており、1周年記念のWindows 10 Anniversary Update(Build 1607)には更新されていなかった

ユーザー名は「cube」となっており、アカウント設定で変更が可能だ。

 

 

リカバリー ( 初期化 ) する方法 ( Windows 10 ) – ドスパラ サポート

但しOSを一旦初期化した場合ユーザー名を指定することが出来るため、一度初期化を行ったほうが懸命だろう。

 

 

 

 

CPUに関して

Intel Atom™ x5-Z8300 Processor (2M Cache, up to 1.84 GHz) – Intel Ark

 

iwork8air_cpu

CPUはIntel製のAtom x5-z8300 1.44GHz~1.84GHz、4コア4スレッドとなっており、安価なタブレットPCの中では一番新しい「CherryTrail」を採用しているためグラフィック性能が強化されている

 

 

 

 

メモリに関して

iwork8air_memory

メモリはDDR3L-RS 1600 2GB×1のシングルチャンネルとなっており、OS起動後は1.1GB使用済、残り839MB弱となっており、少し心もとない。

 

 

 

 

SSD(eMMC)に関して

iwork8air_ssd_01

Windows 10 Home 64bitがインストールされているパーティションは15.5GB割り当てられており、空き容量は6.64GBとなっていた。

OSのアップデートの事を考えても多少余裕がある容量だが、最大128GBまで対応するmicro SDカードスロットも搭載しているため、毎日使用するソフト類、データ以外はmicro SDカードへ移動させておくと良いだろう

 

 

iwork8air_ssd_partition

Windows 10、Androidの両搭載のためかパーティションは非常に細かく刻まれており、32GB eMMCとはいえ10個のパーティション分けとなっている。

 

 

 

 

デバイスマネージャー一覧

iwork8air_devicemanager_01 iwork8air_devicemanager_02 iwork8air_devicemanager_03

 

無線LANRealtek RTL8723BS SDIO
オーディオIntel SST Audio
SSD (eMMC)Generic NCard

 

Intelのリファレンスモデルを採用しているためか、デバイスマネージャー上から得られる情報は少ない。

ただ1つ言えることは無線LANがRealtek製のSDIOとなっているため、無線LANとmicro SDカードの同時使用でどちらもパフォーマンスが落ちる可能性は高そうだ。

 

 

 

 

プリインストールソフト一覧

iwork8air_preinstall_appli_01 iwork8air_preinstall_appli_02 iwork8air_preinstall_appli_03

iWork 8 Airに搭載されているアプリを一覧にまとめている。

Windows 10標準で搭載されているアプリやデバイスドライバー類を除くと、プリインストールアプリは皆無と言える。

 

 

 

 

体感速度に関して

タブレットPC向けの4コアCPU、メモリ2GB、eMMC 32GB、WUXGAといったスペックのためか、動作はキビキビ動くとは言いがたい

恐らくWUXGAという解像度が足を引っ張っているのかタスクバーからのアプリの切り替え時にFPSが30から15程度に落ちてしまうことが多く、妙な突っかかりを覚えた

 

約80ドル程度で販売されている事を考えれば「インターネットさえ利用できれば構わない、高解像度で画像を確認したい」と言ったニーズは十分に満たしている商品のため、そういった用途の方にはお勧めできる商品だろう。

 

 

 

 

Windows10の初期化に関して

リカバリー ( 初期化 ) する方法 ( Windows 10 ) – ドスパラ サポート

Windows 10の初期化方法は何通りかあるものの、今回は一番早く簡単な「個人用ファイルをすべて削除」、「Windowsがインストールされているドライブのみ」、「ファイルの削除のみ行う」を選択し、初期状態へ戻すことが出来た

初期化に必要な時間は約1時間半程度となっており、常に充電しておかなければいけない点に注意したい。

 

 

 

8インチWindows10、Android 5.1デュアルブート可能なタブレットPC「CUBE iWork 8 Air」の外観をチェックする – Re;con-ReviewDays

次回はAndroidに関してレビューを行っていきたい。

 

 

 

 

購入は以下より

CUBE iWork8 Air Tablet PC  -  WHITE – GEARBEST

約80ドル、送料無料で販売中。

メーカーPCカテゴリの最新記事