ヤマトを使ったアメリカからの輸入でどれ位時間がかかったのか時系列順にまとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ヤマト運輸 – ヤマト運輸 公式

アメリカのオレゴン州から私の家まで到着するのに掛かった時間をトラッキング番号を元に一覧化しました。

商品を米国から輸入し、今か今かと待ち構える方々の参考になれば幸いです。

 

 

前提条件

・スピアネットを使ってアメリカのオレゴン州より出荷されている

・オレゴン州→自宅までの輸送方法はヤマトを使用

・記載時間は米国時間(オレゴン州)と日本時間の2種類があるため両方の時間で表記しています

 

 

2015年8月29日7時11分
※日本時間
スピアネットオレゴン州倉庫より出荷 
2015年8月28日13時47分
※アメリカ時間
米国ヤマト運輸 ポートランド支店
海外荷物受付、輸出許可
 
2015年8月29日14時00分
※日本時間
米国出国ポートランド国際空港→羽田空港でJL0017/31AUGに積載 (日本航空)
2015年9月1日13時14分
※日本時間
YGL羽田クロノゲート支店
日本到着
約2日前後でオレゴン州→国内へ到着
2015年9月1日13時40分
※日本時間
輸入許可(通関) 
2015年9月1日16時07分
※日本時間
発送恐らく羽田クロノゲート支店より発送
2015年9月1日16時22分
※日本時間
作業店通過 
2015年9月2日9時30分
※日本時間
自宅に到着 

 

ポートランド支店より発送後約2日前後で国内へ到着、その後通関は3時間程度で終了し、国内配送へ切り替え。

国内配送は1日で自宅到着しており、非常に素早い配送で助かります。

 

因みにですが、flightaware.comでJL0017を探すために必至でポートランド国際空港から羽田空港で調べていましたが、見つからず。

輸送便ではなく、乗客を乗せて飛んでいる日本航空機だったため、見つかると思っていたのですが、探し方が悪かったのか・・・。

 

 

商品の種別によって通関時に税金(通関手数料や消費税、地方消費税等)が商品到着時に請求(ヤマトの場合は)されるため、今回約15万円相当のスマートフォンを輸入しているため、消費税7,000円、地方消費税1,800円が課税されておりました。

 

なかなかに痛い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください