富士通 ESPRIMO FH76/CD (FMVF76CDW)のBIOS項目一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今までに発表した主な製品(デスクトップPC ESPRIMO(エスプリモ) FHシリーズ)-  富士通 公式

富士通 ESPRIMO FMVF76 検索 – ヤフオク!

富士通 ESPRIMO FH76/CD (FMVF76CDW)は簡単にメモリの交換が可能 – Re;con-ReviewDays

富士通製の液晶一体型PC「ESPRIMO FH76/CD (FMVF76CDW)」のBIOSの項目を一部撮影していたので、メモ代わりに置いておきます。

 

 

情報

DSC00150

型番や製造番号、BIOSバージョン、搭載CPU、メモリスロット等確認することが出来ます。

 

 

 

 

システム

DSC00148

HDD、光学ドライブの情報を確認することが出来ます。

FMVF76CDWに関してはWestern Digital製の3.5インチ1.5TB HDD (WD15EARS)Panasonic製のBD-RE対応光学ドライブ「UJ240AF」が搭載されていました。

 

2.5インチHDDを搭載しているものと思っていましたが、意外ですね。

 

 

 

 

詳細

DSC00152

起動設定、キーボード・マウス設定、その他内臓デバイス設定、CPU設定、USB設定、各種設定などを確認できます。

 

 

 

 

詳細 – CPU設定

DSC00153

デフォルトで上記の設定となっており、何故か元からIntel-VTやVT-dが無効化されていました

必要な方は「使用する」に変えておきましょう。

 

 

 

 

詳細 – その他の内蔵デバイス設定

DSC00154

SATAコントローラー、AHCIの設定、内蔵LANの設定のみ。

S.M.A.R.T.のON/OFFの項目があるかと思っていたのですが、見当たらず。

 

 

 

 

詳細 – 各種設定

DSC00155

電源ボタン、AC通電再開時の動作、LANによるウェイクアップ、強制LANブート、音量設定のみ。

 

 

 

 

セキュリティー

DSC00156

BIOSパスワードの設定や起動時のパスワード入力の可否、起動メニューの設定などが可能。

 

なにげに取り外し可能なディスクからの起動の可否、起動メニューの可否など重要な項目が有るので注意。

 

 

 

 

起動

DSC00157

起動デバイスの優先順位をキーボードの「+、-」を使って調節が可能。

USBデバイスにもきちんと対応しており、USBメモリに入れたWindowsの起動が出来ました。

 

 

今までに発表した主な製品(デスクトップPC ESPRIMO(エスプリモ) FHシリーズ)-  富士通 公式

富士通 ESPRIMO FMVF76 検索 – ヤフオク!

富士通 ESPRIMO FH76/CD (FMVF76CDW)は簡単にメモリの交換が可能 – Re;con-ReviewDays

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください