Intelの新CPU「Devil’s Canyon」のレビューがマイナビにて公開、リテールクーラーで49倍4.9GHzを達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Devil’s CanyonことCore i7-4790Kを入手、早速オーバークロックを試してみた – マイナビニュース

Intel Devil’s Canyon 予約開始 – ソフマップ.com

icon

マイナビにてIntelの新CPU「Devil’s Canyon」の簡単なオーバークロックレビューが公開されました。

 

今回のDevil’s Canyonではシリコングリスからポリマーベースの素材へと変更し、熱を伝えるボトルネックを解消、更にCPU裏のキャパシタの追加で安定した電源を供給できるようになっており、オーバークロック耐性への上昇が期待されています。

 

マイナビの検証結果では「Intel Extreme Tuning Utility(XTU)」を使用し、リテールクーラーを装着した状態で49倍(4.9GHz)までテストが完走

 

しかしリテールクーラーのせいか、49倍でベンチマークを行った際にCPU温度が98度まで上昇したとのこと。

 

リテールクーラーとはいえ、49倍(4.9GHz)でベンチマークが完走するCPUはSandy-bridgeと同等、もしくはそれ以上となっており、オーバークロック耐性は非常に高そうです。

 

現在「Devil’s Canyon」はソフマップ.comにて予約が開始されており、発売は2014年6月中を予定しているようです。予約はお早めに。

 

Intel Devil’s Canyon 予約開始 – ソフマップ.com

icon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください