艦これ2014年春イベント 期間限定海域 E-3 ポートワイン沖海域 攻略用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

索敵機、発艦始め! E-3 ポートワイン沖海域 – 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

ほぼ1日掛けてE-3をクリアーすることが出来たので、個人的な攻略メモ。

 

E-3の関門は実質3つあり、各関門全て小破~大破の可能性が高く油断の出来ないマップとなっています。

 

 

 

1つ目の難関は艦これ攻略WikiのE-3マップ内の「A」で、殆どの人が通る道だと思います。

 

難関というのもAは潜水カ級エリート潜水カ級エリートが非常に鬱陶しく、開幕の雷撃で陣形によっては小破~大破することが多かったです。

KanColle-140424-22363611

↑ 開幕雷撃で中破した正規空母の赤城。

 

陣形を単縦のまま進んでしまうとかなりの確率で小破~大破することが多く、輪形陣か梯形陣で回避していました。

それでも100%小破~大破しないとは言い切れないので、運的な要素がかなりあるマップだと思います。

 

 

 

2つ目の難関は艦これ攻略WikiのE-3マップ内「H」戦艦タ級フラグシップ戦艦ル級フラグシップ重巡リ級エリートでしょう。

この3隻が猛烈な火力を持っており、重巡、正規空母でも一発で中破~大破する危険性を持っています。

KanColle-140424-14531077

先手必勝で戦艦タ級フラグシップ戦艦ル級フラグシップ重巡リ級エリート先に潰していかなければ大ダメージなので、これもまた運次第ですね。

 

 

 

3つ目の難関は艦これ攻略WikiのE-3マップ内、ボスマスへの到達。

 

ボスマスへ行くには一定値以上の索敵値が必要らしく、私は戦艦に零式水上偵察機を積みまくって対処していました。(観測機がなかなか出なかったため)

KanColle-140424-17010719

また、仮にボスマスに行けたとしても火力不足でS勝利が出来ないといったことも十分あり得るので、遠征から期間限定海域の「艦隊決戦支援任務」旗艦をキラ付けの状態で駆逐×2、軽母×2、戦艦×2で出しておくと効率的な支援が期待できます。

 

更に港湾棲姫に対しては各艦娘に三式弾を搭載しているとダメージが通りやすくなるようなので、組み込んでおくと良いかもしれません。

 

 

クリア時点での艦娘の構成は以下のとおり。

KanColle-140425-14553511

艦娘/Lv装備
利根改 Lv4520.3cm連装砲/15.5cm三連装副砲/12cm30連装噴進砲/零式水上偵察機
大和 Lv4446cm三連装砲/41cm連装砲/35.6cm連装砲/三式弾
金剛改二 Lv8546cm三連装砲/41cm連装砲/三式弾/零式水上偵察機
霧島改二 Lv8341cm連装砲/41cm連装砲/三式弾/零式水上偵察機
赤城改 Lv94烈風/紫電改二/流星改/天山
加賀改 Lv61烈風改/紫電改二/彗星一二型甲/流星

※太字の部分は敢えて組み込んだ装備となります。

 

 

 

E-3突入前と攻略後の資源を比較してみた

E-3突入前E-3突入後

KanColle-140424-16043954

KanColle-140425-15075707

 

 E-3突入前E-3攻略後差分
燃料149,239128,279-20,960 (約2.1万)
弾薬113,61083,711-29,899 (約3万)
鋼材97,28774,970-22,317 (約2.2万)
ボーキサイト72,68367,353-5,330 (約5300)
修復バケツ1,273個1,162個-111個

 

燃料で約2.1万、弾薬で約3万、鋼材で約2.2万、ボーキサイトで約5300、バケツで111個の消費。

 

恐らく自身が参加してきたイベントの中で最大の資材を投じたかと思われます。(アルペジオイベントはE-3ほど厳しくはなかったかと思うので)

 

これだけ資材を消費してE-4いけるか?と言われると正直辛いものがありますが、撤退という文字はないのでガンガン攻めていくつもりです。

 

初期不良猫の配信所 – ニコニコミュニティ

そうそう、ニコ生に適当なコミュニティー作りました。

配信用のソフトの設定が非常に面倒くさく枠取りも手動ですが、良ければお気に入りに入れて頂けると幸いです。

 

 

 

艦隊これくしょん‐艦これ‐ 艦娘型録
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 5

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください